結果を聞きに…


受精卵が胚盤胞になり凍結出来たかどうかを聞きに病院に行きました。

この病院、どんどんシステムが面倒くさくなり、凍結の確認を電話で出来なくなってしまった。

電話では本人確認が出来ないからなのかしら? 受精確認は電話なのにおかしいよね…。。

いずれにせよその結果が解らないと次回、移植に向けて動くのか、再度採卵にトライするのかが定まらず、気持ちも落ち着かないので、行ってきましたよ・・休日ダンナと二人で行きました。

結果、凍結は出来て居ませんでした :(

一つくらいは胚盤胞になってくれると信じていたので、拍子抜けしちゃいました。

いや、実は1つ、なったんですけども、7日培養でようやく4CCというグレードしかならず凍結するに値しなかったのだそうです。

前の妊娠した胚盤胞は5日培養で4AAですので、、そうですね、凍結出来ないのは仕方ないと思う。

この卵をもし3日培養で凍結、もしくは移植していたとしても、着床に至らなかったのだと思います。

だから私の選択は正しかったのでしょう。

帰り道、いつもの神社に二人でお参りに行くと満開の梅にメジロがとまっていて絵になります。

「これで30万以上かけたのが終わりか…。なんかガックリしちゃうね。」

ダンナが言うので、

「うん。たぶんいろんな条件が今回は揃わなかったんだよ。諦めずにやってきたから妊娠出来たわけだし、きっとまだチャンスがあるよ。」

「そうだね。今回はオレも亜鉛とマカ飲まなかったから、これから毎日飲むよ。お前もちゃんと葉酸とか飲んでね。」

と、このときは前向な事を考えていましたが、
帰宅して時間が経ったら落ち込んで来ました。

本当にチャンスはあるのかな?

いつまで続くのかな?

先日のネガティブA子さんじゃないけど、誰かに電話して話を聞いて貰いたい気分。

仕方ないのでここに書いてます :)  

 

■本日のお会計  1,270円
■今回の統計  389,340円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です