E2値が気になるなぁ


DAY5。

やはり私の生理は多いのが2日目まで、後はライナーで充分な感じになっています。今日五日目はティッシュにも僅かに色が付く程度。

今回、ホルモン値、

  • FSH:9.4

これは、いつも注目している数値なので、12もあると、「ああ、今回は見送ったほうがいいな」とか6だと「おお〜!こいつ、やる気だな!?」という指標にしていました。9.4は、微妙な数値かな。

  • LH2:2.5

これは、あれです。排卵するときにググーっとアップするやつです。排卵検査薬でもこれを測ります。

さて、問題のE2。

  • E2:30.6

前に、採卵前のE2値を振り返ってみた。という日記にも書いていますが、E2はエストロゲン(卵胞ホルモン)で、卵胞の発育と共に数値がアップし、成熟した卵胞は一個あたり200pg/ml程度のホルモンを出すので、これでおおよその採卵個数が予測できます。

なので採卵前のE2値は気になっていたのだけど、Day3では関係ないのでしょうか??

前の病院ではホルモン値の紙をくれなかったので、3年前の数値ではありますが、調べてみました。

卵胞数 /採卵数 / 受精卵数 D1〜4 E2値
病院A ) 2010 第3回 IVF (HMG+HCG+アンタゴニスト) 11個 / 8個 / 8個 (D1)33.58
病院C )2011 第7回 IVF (完全自然周期) 1個 /1個 / 1個 (D3)82
病院C )2012 第8回 IVF(完全自然周期) 1個 /2個(1個は未成熟) / 2個 (D3)105
病院C )2012 第9回 IVF(緩い誘発) 2個 /1個(1個空砲) / 0個(異常受精) (D3)86
病院C )2012 第10回 IVF(緩い誘発) 2個 / 2個 / 2個 (D3)91
病院E )2015 第18回 IVF? = 今回です! (D3)30

E2値はその後の成長が重要なのでD3は関係ないとの意見もありますが、こうやってみると、D3は80以上あるみたいで今回は一見して低いことが解る。ちなみに、D3の指標は20〜85だそうなので、これまで私は高すぎたのか!?
やっぱ見送るかな?

ノーベル賞を取った大村智氏が引用していた

『幸運は準備された心を好む。”Chance favors prepared mind” 』(細菌学者パストゥール)

長いお休み周期で私の卵巣も無駄に動かず眠っていたのかも?←永遠の眠りだったりして!?

ちょっとここで準備して来周期に期待!

あっ、でもいずれにしても一度診察にいくつもりです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です