医者の話2


セカンドオピニオン…というワケではなく、

生理になったので体外受精を行ったS病院に行き、今後の事について相談してきた。

何度かお会いした女性のお医者さん、産科医からの報告を読みショックを受けていたようだ。

私の身体というよりも心の事をすごく心配してくれ、

「今は感情に波があると思うから、もう少し待ったほうがいいのでは?」と言ってくれた。有り難かった。

私は、「生理が来て、次に進めると思ったら明るい気持ちになれた。」と、出来るだけ早く、良い結果の出たこの病院で移植をしたい旨を伝えた。

結局、卵胞が1つか2つしか見えないので今回は見送りとしたが、

エコーを細かく見てくれて、産科医が指摘しなかった事を教えてくれた。

 

◆裂傷について

  • 縛った場所の後ろ側に2cm四方くらいの傷跡らしきものはある。ここに血流がたまっているような事はなく(たまってると良くないみたい)、治癒していく段階かとおもう。
  • 頸管に大豆大のポリープのようなものがある。おそらく縛った箇所も出産時広がって負荷がかかったので、そこが飛び出たのかと。これも治癒していく段階だとおもう。

◆妊娠について

  • 傷が癒えるまで最低3ヶ月はまったほうがいい。帝王切開でも筋腫でも、手術後筋肉が再生するのに3~6ヶ月かかると言われている。
  • 採卵はいつでも出来る。
  • もし今度妊娠したら、経過は慎重に見守る必要があると思う。通常1ヶ月ごとの検診を1週間ごとなど。

 

◆今後の計画

  • 今月もう一度出産した病院で傷の経過を見る。その時、次周期に採卵の可能性があると伝える。
  • 採卵は生理2-3日目のエコーで3つ以上の卵胞が見えている時に行い、凍結出来たらそれを移植。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です