DAY8 たとえ1個しか採れなくとも…


DAY8 通院。

卵が他に育ってなかったらどうするか?
という協議を、ここ数日夫婦でしてきた。

我が家の経済状況を考えれば、数個一度に採卵出来たら嬉しいが、、

私のAMHがとても低く、多く出てくるのを待っている余裕などないのかもしれない、
1つでも採れるときに採ったほうが良い…。そんな気がしてきた。

出産してから、今回で4度目の生理。

実際Day2/3で見えた卵胞は、下記のとおり。

  • 1周期目…1or2 まだ早すぎるし、見送り
  • 2周期目…2 IVF周期で誘発を行い、計5個も出てきたが、最終的に1つしかとれない事がわかりキャンセル
  • 3周期目…1 ホルモン値もあまりよくないとの事でETに変更
  • 4周期目…1 ホルモン値は良い

4回目のDay8、エコーで見ると、右側の見えにくいとこに1個隠れていて計2個になった :Peace: 。
大きさも15mmと10mmなので、
もしかすると両方採れるのではないか??

期待は膨らみ、医師の診察へ。

「1個かなぁ〜」と、言われる。 :hammers

まぁ、お医者さんはリスクもあるし安全な数を言うもんだ。と、まだ期待しているワタシ。

「E2が480あるので、もしかするともう一個も大きくなってくるかもしれません。1個300くらいなものなので」と言われると、やはり期待UPしてしまう〜〜。

「がんばる嫁さんの場合、年齢的に、もう1個しか出てこないという事も考えられる。42歳の卵と43歳の卵は大きく変わるので、、どうしますか?」

「1個でもやると思っていたので、やります!」

医師もほっとした様子だ。ホルモン値も良いし、キャンセルはもったいないと思ってくれたのだろう。

そんな訳で注射(ゴナピュール225)を打ちお会計となりました。

最近、毎回この病院にいく前後、病院の近くの神社にお参りしています。

本日もお参りして、その後1時間くらい歩いて電車に乗り、近くの保険の効く整体でマッサージしてもらいました。

卵を育てるには血流をよくしなくてはならず、一日1時間のウォーキング、ストレッチ、が良いとこのサイトに書いてあったから〜

質のよい卵子を育むための90日間体質改善計画
http://www.akanbou.com/topics/topics/023.html

抜粋すると、以下の様な内容。

ウォーキングなどの緩やかな有酸素運動やストレッチ
ウォーキングなどの穏やかな有酸素運動がベスト。40-60min/day
血流が良いとミトコンドリア(卵子の質を左右)の量が増える。
バランスのよい食生活
新鮮な食材を自ら調理し、バランスよく食べる
早寝早起き、そして、規則正しい生活リズム
睡眠が不足したり、リズムが崩れると、発育途上の卵子を守ったり、細胞の損傷を修復から修復することに支障が出る
卵胞液中の睡眠ホルモン「メラトニン」の量が、正常な値からはずれると、発育する卵胞の数や質が低下することが確かめられています。
ストレスマネージメント
血管を収縮させ、血流が悪くなったり、活性酸素の量を増やしたりして、質のよい卵子の発育、成熟を阻害
必要不可欠な栄養素の補充
卵子の発育、成熟に絶対不可欠な栄養素である、ビタミンとミネラルをサプリで補充
年齢とともに減少するミトコンドリア内で働く栄養成分を補充するために、コエンザイムQ10、L-カルニチン、アルファリポ酸を補充

がんばって、いい卵育てよっと。

■本日のお会計 17,970円
■今回の統計  28,560円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です