DAY3 ETに変更


DAY3

病院に行き、卵胞チェック。
右側に1つの卵胞しか見えなかった・・。 :(
医師曰く、ピルの影響で見えにくいという事もあるかもしれないが、どちらにせよ血液検査の結果、卵巣の調子もベストとは言えず、今回は見送ったほうが良いのでは…との事。

それで、待合室で考えていたプランについて切り出して見た。

「凍結している卵を戻す方向に切り替える…というのは可能ですか?」

「えっ!? あ、ありましたよね。大丈夫ですよ。移植するならばむしろ卵巣は休んでもらったほうがいいので、今の数値は良いです。」

 

という事で凍結胚周期に切り替えました。 :Peace:

この卵というのは、ジュン君の時のIVFよりも前に凍結した8分割Gread1の胚で一昨年2012年9月に凍結しました。その後、ダンナが禁煙したので、その凍結胚を無視して新規にIVF/BTを行った結果、妊娠に至った事がありまして、禁煙前の卵を戻す気になれなかったのですが、「じゃあずっと凍結したままにするの?」と言われるとそれも悲しい気分でした。

さて、移植周期に切り替わりましたのでエストラーナというお馴染みのシールを貼ります。卵胞ホルモンを補い着床しやすくします。段階で2枚→3枚→4枚と増やして行きます。

移植すると決まると卵の質の不安はどこへやら…。妙に楽しみでウキウキしてきました。
酒浸りになりがちな年始ですが、ほどほどにして体作りしましょ。

◆本日のお会計
11890円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です