カテゴリー別アーカイブ: 試した妊活いろいろ

五回忌です


ジュン君、お誕生日に続き、五回忌を迎えました。

母と一緒に、墓参りに行って来たのですが、母が、「3という数が見える」と言い出しました。

↑ 少し霊感が強いのです。

「なにかしら?お墓にいるのは二人なのにね」…と。

どきっとしました。

実は、ダンナと相談して、もう一度だけ、IVFをしようか…なんて、話していたのです。

この文章を読んでいるみなさん、驚くでしょう。呆れるでしょう。なんと諦めの悪い人間だろう、こんな歳になって、あんな辛い思いをして、ようやく断ち切ったのに…。

断ち切れてません。

結局、断ち切れたかに見えたのは、養子縁組に期待を持ったからでした。やれる事はやり、ただ、待つのみ。一生かもしれません。

そう思うと、やはり、自分の子を持つというほうが一縷の望みがあるような気がして…。

しかし、まだもやもやしています。仕事も忙しいし。

そこで、母の一言。

「お墓にいるのは二人なのにね」

それは、3人目がお墓に入る…という意味なのでしょうか?

さてさて、今日は違う事を書こうと思っていました。

妹が近々離婚するそうです。

子供三人に恵まれ、幸せに暮らしているはずでしたが、旦那さん、仕事が好きではないようで、、お金の問題だそうです。

私の母は、その家の末っ子を養子にもらってはどうか?私に似ているし、というのですが、来年小学生になる子を貰って育てるなど、、私には考えられません。第一、母が言ってるだけで、妹も本人も嫌がるでしょうし。

妹は義母と同居です。痴呆症が少しあるそうで、ダンナさんも引き取りたくないと言っているそう。…離婚して妹が引き取るなんてのもおかしいですものね。

義母さんは、やはりお金にルーズな夫を持ち、小料理屋をやりながら子供二人育て、お店を閉めたばかりです。痴呆症になると息子からも見捨てられて、「母」というのは、寂しいものだと思うのでした。

 

 

今日はいいことが起こるよ(^^)


昨年不調だったダンナの運勢。引越が良かったか、これまでの労が実ったか、この所よい事が続いてる。

が、先日、またも「お祓いに行こう」と言い出す。

そういえば、引っ越し先の氏神様が無人な事もあり、今年はお祓いをして貰っていなかった。

「でも、いいことばかりだから、ヘタに祓わなくてもいいのじゃない?」

と聞くと、そうでもないらしく、今の仕事を辞めたいのだと言う。

あちゃ、こりゃ大変

でも辞めるための準備として、新しい資格を取るため、夜間の学校に通うのだとか…。なかなかエライ。

そんな話をしていた翌日、お仏壇の我が子の写真を見ると、いつも微笑んでいるのが、なにか、みょーにウキウキしたイタズラっぽい顔に見える。

「大丈夫。今日はいい事があるから!」

と言っているように思えた。

それをダンナに伝えたいなぁ…と思ったのだけど、期待させてもいけないと、LINEで

「今日はいいことがありそう」とだけ書いた。

帰宅したダンナ、上機嫌。

どうやら旧知の仕事上の先輩と飲んでいたらしい。

「先輩が、今の仕事すごく忙しいらしく、ひっぱってやるから履歴書出してって言うんだよ」と…。

うーん、そっかそっか。

まだ面接もしてないし、この先どうなるかは解らないけど、

良い事が起こりました。サンキュー♫ ジュン君

 

続・恨まれてます


恨まれている話の後日談。

もう、悩むのもイヤだし、その方々の事をイヤだと思う自分もイヤで、直接対決するのもイヤで、その仕事、辞めようと思っていました。

それで、そこの専務さんに、契約を更新しない旨をメールしたのですが、たまたま酒宴で一緒になった違う責任者Kさんから、その件で話がしたいと次の店に誘われて、「もし、人間関係の事ならば留まって欲しい」と言われました。

Kさんの話によると、問題の二人のうち一人 T1さんが、来月、お辞めになるそうなんです。。(KさんにはT1さんが苦手だという話を以前していました。)

契約社員のT1さんはある退職した役員に、口約束で数年後に正社員になれるかもと言われてきたのですが、いつまで待っても正社員になれず、転職を決めたからだというので、その方の場合は人間関係というのではないので、私には好都合なのですが、本当にそんな調子がいい話があるのでしょうか??と、まだ疑っています。

しかし、最近、直接嫌な態度を取ってくるもう一人T2さんは残ります。

そして、そのT2さんの話をすると、とんでもない話をKさんがしてきました。

T2さんの話によれば、以前、コピー機を新しくし、業者さんが説明に訪れた際、コピー機が優秀なので、「これじゃT1さんの仕事がなくなりますね」と私が言った、というのです。

その時、誰がその場にいたか、私は覚えていませんが、T1さんが不在で、T2さんがいたらしいのです。で、私の問題発言?をT2さんがT1さんに話し、T1さんはすぐに上長に伝えたといういきさつです。

もちろん、これ、全くの虚偽です。 なぜなら、T1さんの仕事は多岐に渡っており、コピー機が優秀だからといって、何も減らないですし、むしろ操作の違う他社のコピー機になると仕事が増える可能性大ですから。

そして、私は自分の発言を覚えて居ます。

私は印刷屋に勤めていた経験があり、今でも印刷会社の友人がいます。新しいコピー機は製本が得意でくるみ製本までやってのけるという事でした。近年コピー機が優秀になり、ホチキスで綴じられるのは知っていましたが、くるみ製本まで出来てしまうとなると、、、印刷屋さんにとっては、印刷物を内製され、ますます仕事が減ってしまうだろうと、本当に憂いていましたので、「これじゃ印刷屋さんの仕事はなくなっちゃいますね」とコピー機の営業さんに言ったのです。

T1さんの名前と印刷屋という名称は似ていません。聞き間違えないと思いますが…。

もしも、もしも、T2さんが、私を陥れようとし、なんでもすぐ上司に訴えるT1さんにそれを伝え、案の定、その通りになったら???

でも私の立場は変わってはいませんが、疑いはもたれていたようです。「言ってないの!?」とびっくりされましたので…。そういう人間に見られていたというのは甚だ心外で、やはり辞めてから名誉毀損で訴えてみようか…という気にもさせられます。

しかし、それはいつの事だったのでしょう? 私が気づく、ずっと前からされていたのですね。ぞっとします。

最近、同僚の飲み物に睡眠導入剤を混ぜる犯罪などもあり、そこで配られたお土産などの食べ物に注意したり、置いてあるコップを洗ってから使用したりしています。(毒物が塗られていたらイヤなので)

信じたくないですが、悪意のある人間というのは、存在します。

皆様の前に、こんな人が現れませぬようお祈りします。

恨まれてます…


占いの話です。

電話で占ってくれるという占い師さん、というより霊能者さんに、霊視をしてもらいました。

実はここのところ、深刻な悩みを抱えていました。

週2回通っている会社の私の袖机に入っていたはずのノートパソコンがいつの間にか無くなりました。

いつも引き出しに入っており、最期に使ってから1ヶ月以上経って、気がつきました。

鍵は掛かるのに、引き出しに鍵を掛けた事なんてありませんでした。

私はよく物を無くすし、酔っ払って記憶がない日もあります。

当時とても忙しい日々でしたので、記憶にはないけれど、「持って帰ろう」となり、途中で電車に置き忘れたり、お店に置き忘れたりしたのではないか…と、自宅はもちろん、警察にも届けました。

物が物なので、かなり焦ります。

以前、ルーズな役員が使っていたPCで、まずい情報は削除しましたし、限られた用途にしか使っていないので、悪意をもって消した情報を復旧させなければ、そうそうまずい情報は入っていません。でも、私のメールは読めてしまうという恐ろしい代物です。

その場所は社内での定位置であり、その管理責任が私にあるか…というと、違うとは思いますが、全員が知っている場所ではなく、わざわざ開けて取っていくのは、泥棒の可能性も高いです。

自分も疑わしく、泥棒も疑わしく、そして内部の人間も疑わしい…。

内部の人間というのは、

以前から疎まれていると感じていたTx2さん。

そのうちの一人の方が、私がiPadを持ち出し定位置に返却しなかった時、すごい表情で怒ったんです。怖かった〜! 40代も半ばを過ぎて、なぜなぜこんな事で怒られるのか…

それが丁度、そのノートPCを見た最期の日くらいでした。

もしかして、嫌がらせだったらどうしよう…??

と思うと、気が重くて、社内の人に聞いて回ることも出来ません。あー、知っていたけど私って、なんて臆病なんでしょう!! しまいに、「そうだ、あの仕事止めちゃおう」なんて逃げ出すことを考えている始末。

気になって仕方なく、「当たる!」と評判の……霊能者さんに電話で霊視をしてもらったのです。。

 

ホームページに「捜し物、人捜し得意」と書かれた、女性の優しい声の霊能者さんでした。

私の自覚している事と潜在意識の事を見るので、心静かにお話してください。

と言われて、事件を話始めましたが、いつものようにエキサイトしてしまったww

この方、恋愛相談が多いようで、私が「捜し物」と言うと、「えっ?」と驚いてました。

でも一通り話を聞いて下さり、まず、私が「持ちだしたのかどうかを見ます」と、、しばらく沈黙…。

その結果「がんばる嫁さんは持ちだしていませんね。また外部に盗まれたのでもありません。社内にあります。」と言われ、ひとまず、ふぉ〜〜っと胃が軽くなりました。

「誰かが持っているので、勇気を出して、聞いて回ってください」との事。

そこで、Tさんの事も聞いてみました。この人が、嫌がらせで持って行ったという事はないか?と。

すると又しばらく沈黙…。

「この方は、勝手にあなたにライバル心を燃やしています。策略家で、他人の意見を聞かず、人からよいしょされるのが大好きな人です。自分が気にくわない人は蹴落とすタイプです。40代の女性ですよね? この方が持っている可能性が高いです。」

わー…。まじ…?

「盗んだというのではなく、あなたを困らせたいと思ってやっていますので、聞いたところで大人しく差し出すかどうか…。管理が悪いと責められるかも。ともかく、上長に伝える時は、あなたは持ちだしていないので、誰かが使っていると言い切ってくださいね。」

とのアドバイス。

それで電話を切りました。

これ、信じていいのでしょうか?

そして電話を切ってから、気がついたのですが、私はT2さんにiPadの時、嫌われていると感じたのですが、霊視の特長はT1さんです。二人とも40代です。

やはり止めようかなぁ。この仕事。

 

不妊相談


最近、年の功か、不妊の相談を受けるようになってきた。

久しぶりに会った昔からの友人が、私の2つ下の年齢で、初めての結婚をするという。

で、クリニックにも通いだしたが、最初に通ったクリニックの方針が変わり、婚約では通えない事になったらしい。

転院をしようとしたら、初診が半年待ちで…、との事だった。

半年なんて悠長に待っていてよいのだろうか?

人ごとながら焦る。

その友人の話を聞いていたら、共通の別の友人の話も出てきた。長らく治療しているそうだ。

やっぱり……。と、思った。
私よりも前に結婚していたこの彼女は、「子供が出来たら仕事を辞めたい」と、15年前に言っていたのだけど、出来たという話を聞かなかった。

それで、すごく久々にLINEで繋がって、さっそく不妊相談をされたのだ。

そうしたら、初めて胚盤胞が出来て、今度移植するのだという。

私は、自分の通った鍼灸院を紹介した。

すると、彼女、予約をとって行き、なんと、着床したというのだった!!!

ひょえ〜。

実は、胚盤胞のグレードもそんなに良くなかったので、「難しいだろうな」と思っていた。

鍼って、やっぱりすごいのね〜。

鍼灸院の先生は私の事覚えていてくれたらしい。懐かしいなぁ。

妊娠してからも止めずに通ったら違う結果だったのかなぁ…。ぶつぶつと又考えてしまった。

結局、着床はしたものの、8週で心拍確認出来ず…という連絡が来ました。可哀想ですが、次ぎが望めるのではないか…と思います。

私のアドバイスで、人の運命が変わるのかもしれない…人が一人生まれるのかもしれない。と思うと、興奮を覚える。

これからは、人に相談をされる事も多いのかもしれない。

子供がいなくても、いろいろと乗り越えて、私は大人になったのだね。

七日間詣の二日目


Oさんに言われて七日間詣をしている。

 

うちの氏神様は鳥居から神殿までの距離が結構長い。都内でこれだけの敷地ってなかなか出会えないのではないか。

その日、真っ直ぐ伸びた薄暗い参道の向こうに、お宮参りの家族がキラキラと輝いて見えた。幸せで溢れんばかりの夫婦と新生児と祖父母。赤ちゃんはお祖母ちゃんが抱っこしている。

一瞬、「やば」と思った。

こういうお目出度いシーンに出会うと、妊活中は重苦しいムードが勝手に私の周囲を覆っていたからだ。

しかし、じっと見ていると、その姿が私とダンナ、ダンナの両親の姿に置き換わって見えたのだから不思議だった。

これも何かのメッセージだろうか?ジュン君が見せている幻だろうか?

考えてみれば今からトライしようとしている養子縁組の話も、トントン拍子に進めば新生児が我が家にやってくるワケで、お宮参りをする日は近いのかもしれないのだ。

そう思えば、彼らに親近感も沸いて来た。

さて、気を引き締めてお参りお参り、

お手水で手を清め、、神殿のほうに進んだその時

「すみませ〜ん!」

と若い母親に呼ばれる。

「?」

「シャッター押してもらえますか?」

え…? 私、今から神様に挨拶行くんだけど、

手を清めたところですけど、見えませんでした?終わってから…とか気を遣いません?

と、戸惑うも…快諾

すると、家族を前に立たせて位置決めをした後 iPhoneを差し出し、「神殿の屋根が全部入って、脚元も全部入るようにしてください。何枚か撮ってください。」と注文が続く。

うーむ。母は強しというが。。

言われた通りに何度か撮る。私もiPhoneだから逆光の部分をタッチして明るくし、そこそこ上手く撮れたと思う。母親に見せると、「あ、いいんじゃない?」とダンナとiPhoneをのぞき込んでいた。

やれやれ無罪放免 去り際に赤ちゃんの顔を見ると、安らかに眠っている。とても綺麗な子だ。

同じく美しいお祖母さんが私にお礼を言うので、「おめでとうございます」 と声を掛けた。

その後お参りをして参道を戻る。

振り返るとまだ写真撮影中。お母さんも着物だし、写真をたくさん撮りたいのだろう。年賀状にもするのだろう。

そんな二日目のお参りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

神社でお参りの仕方


一年ぶり、霊能者Oさんと会ってきました。

前回の日記はこちら

 

今回は転職したはいいが、ブラック色漂う会社にもう嫌気がさしているダンナも一緒です。

Oさんの力というのは、神棚に祈りを捧げ、私達の先祖を呼び出だし、私達に憑依させ、頼み事やアドバイスを聞き出すと言う物。

聞き方も答えも「YESなら手を前に、NOなら…」と誘導尋問に近く、疑えばキリがないが、それはおいておくとする。

今回ダンナの方には、ダンナが生まれる前に亡くなったお祖母さんが現れた。

その方は、はっきりとは言いたがらないが、子供を自ら流しているという。それで、その事を悔やんでいてその子の為に供養をして欲しいという。

「この家に跡継ぎが出来ないのはそのせいか?」とOサンが聞くと「ちがう」とのこと。

ダンナが知りたがっていた会社の事は、「無理に転職せず、今のままでしばらく辛抱すれば違う道が現れる」という話になった。

私の番では、やはりダンナ側の7代前の男性のご先祖が現れた。この方は神官なのだそうだか、神域で、木(ご神木?)を切るなどの悪行を働き、その罪を神様に許してほしいと願っているのだそう(←ちゃんと祈ってから切るなどの手順が必要なのだそう)。

Oさんはまた、跡継ぎの話をする。「ご先祖様が神に許されていないから子供が出来ない。」との答えだった。まぢ?

Oさん、「では、この者が代わりに7日間氏神に参り、その後お百度をふみ、また体外受精をすれば子供は出来るか?」などと聞いている…(;゜ロ゜)

出来る…と言いそうだったが、あいまいな答えだった。

ちなみにOさんは養子縁組や体外受精すら反対のようだったのですが、こうなった経緯をざっと話すと理解はしてくれたようだった。Oさんの印象では、私達夫婦はもう一度トライすれば出来ると思うというのだが…。

体外受精をもう一度…?

いや、今は考えたくない。

 

それはともあれ、7日間お参りは必ずすると誓ってきたので、本日から開始した。

やり方を忘れないように書いておきます。

家を出るときに、「○○家の7代前のご先祖様。今から氏神様にお参り行くので一緒に行きましょう』と言い、連れて行く。

神社では、鳥居をくぐる前に一礼をし、「今から○○家7代前のご先祖と一緒に鳥居をくぐらさせていただきます」と言い、くぐる。参道の中央は神様の道だから通らない。

お賽銭は7日間同じ金額を入れる。変わらない心を示すのだそう。

お参りの仕方は詳しく聞いていないが、私は「七代前のご先祖様の悪行をお許しください」と祈った。

帰りは鳥居をくぐる前に、ご先祖様に一緒に帰りましょう、と言う。そうでないと取り残されてしまうのだそう。

7日無事に終わったら、改めて熨斗袋にお金を入れて賽銭箱に入れ、無事に終わった事をお礼する

が終わり、鳥居をくぐった時、全身に鳥肌が立ち、本当に7代前のご先祖様と一緒に歩いている気がした。

そして、が終わって、参道を戻る。ああ、行くときには狛犬の顔をちゃんと見なかった…と振り返る。可愛いタイプの狛犬でした。そして、さあ帰ろうと踵を返すと、ちょろちょろと動く影が……

なんと、蛇…だった。

動物園等の施設以外で蛇を見るのは、覚えて居る限りは過去3回。

蛇は神様のお遣いと言いますが、

こんな時に、こんな所で会うのは、やはり何かの意味があるのではないでしょうか??? うーん、それがもっとハッキリ解ると嬉しいのだけど、そういう能力皆無で悲しいです。

私としては、ご先祖様も神様も喜んでくれているように思い、とても素敵な気分になりまして、ダンナにLINEをしました。

私「お参りしてきました。なんと、そこで蛇にあったのよ!」

ダンナ「すごい!! 宝くじ買ったら」

 

……うーーん、そうじゃあなくてさぁ。 ダンナの欲深さに涙する私でした。