DAY27 BT7日後 判定日


そして判定の日。

この日、お休みのダンナと共に病院へ向かう。

ダンナとは、連日の真っ白検査を経て、「もうやめようね」「自分達の人生を歩もう」と話しをしていた。

採血まで20分くらい待つ。ここでこれだけ待つって事は、結構待つな…と覚悟し、一旦外出。二人で、界隈のお店をのぞき見しながら、

「終わったらここで飲むか!」と勢いづける。

クリニックにもどり医師の部屋に呼ばれる。

案の定、ではあるが、難しい顔をした医師が、血液検査の紙を指し

「ここのhCGに数値が出るんだけど、全くないので、着床もしてないんですね。」

と告げた。

融解後に5BBに成長していたし、SEETだし、着床くらい…、と思ったが…、

いや、でも、着床していたら、また次を望んでしまう、潔い結果なのだ。と思った。

「卵自体はとても良くて、5に育ってたから普通着床まで行くんですけどね。卵は採れているし、可能性がないワケでは…」と言葉を濁す。

その後、我々の空気を読んでか、

「それで、どうですか? もう、次はいいって感じですか?」と言うので、

「二人で話し合って、もう諦めようと思う」と答えた。

ダンナも何か、年齢の事を言っていた。

医師は申し訳なさそうに「力不足で…」と言う。

力不足だなど、とんでもなかった。

今回は子宮鏡、SEET法、とあらゆる手を早期に提案してくれた。それでダメなんだから、仕方がなかった。

我々の欲求を最後まで満たしてくれてありがとう、と感謝の気持ちでいっぱいだった。

帰り、さっそく、利き酒の出来るアンテナショップで一杯飲み、帰りに公園のイベントでワインを飲み、家でも更に飲んだ。

夫婦でお酒が飲めて良かった。

 

長かった不妊治療。

二度目の子宮外妊娠の後、病院の体外受精説明会に参加したのは2008年1月4日だったと記憶している。

→妊活記録

以来8年4ヶ月、私は一生懸命走っていた。

鍼や漢方、カイロ、足湯、方位、

いろんな情報に翻弄されながら、子供が欲しいと心から思っていた。ふわふわした肌に触れたい、その子から必要とされたいと思っていた。

都内を地下鉄で巡ると、「ああ、あの時はこんな場所まで通ったな」と思う駅がなんと多いことか。

普通は死ぬ前に感じる、走馬燈のような想い出がフラッシュバックする。

お金もかかったなぁ…

いつのまにか1000万超えてるし。ダンナもほんと、よくお金の工面してくれたし、精神的に支えてくれた。ありがとう。

blogを見て、応援してくれた、祈ってくれた皆様ありがとう。

 

実際、判定は数日前の事ですが、寂しさが実感となり、どくどくと湧き上がってきます。自分の中に、まだこんな思いがあったのか…と驚いています。

今日もネットで養子縁組のサイトを見てしまった

養子縁組について、実は昨年、区の児童相談所へ行き、夫婦で研修受けてきました。

ちょっと趣旨がずれるので、ここに書きませんでしたが、また改めてそんな想い出も書いていけたらと思います。

ではではみなさま、ごきげんよう! 

■本日のお会計

10730円

■今回の総計(採卵から含め)

614305円

Follow me!

DAY27 BT7日後 判定日” に対して1件のコメントがあります。

  1. orange より:

    ふらっと立ち寄りました。私も先週末、16個目の受精卵移植がかすりもせずに終わりました。今まで一度も陽性反応頂いたことがありません。もう立ち上がれない、そんな気持ちでいっぱいです。夫ともどう向き合って行ったら良いのか分からずにいます。
    がんばる嫁さんのブログを読んで、それでも旦那さんと前向きに人生を生きようとしているお姿に頭が下がりました。
    私も養子を考えて、ちょっとネットで調べてみましたが、うちのような高齢夫婦はその時点で論外ってことかなと思いました。
    散々、不妊治療で落第して、また養子で落第し続けたらと思うと、もう意欲が出ません。
    子どもってなんなんでしょうね。
    子どもがなければ孫もない、というこれからの未来に自分がどう踏み出せばいいのか分からず途方に暮れています。
    でも、欧米であれば即養子を迎えているんだと思いますよ。日本よりもハードル低いはずですもの。
    子どもはみんな神様の子と思えば、誰が生んだなんてのは関係ないという発想でしょうね。
    私の周りには子どものいない友人知り合い親戚ほとんどいません。当たり前のようにみんな子どもがいて、子育て奮闘中です。不妊患者が増えていると言っても、子どもがいなくて苦しんでいる人ってどこにいるんだろう、なんて思ったりします。
    ネットでこういう体験を読むと、私だけじゃなかったんだなと思えて慰められます。
    頑張る嫁さん、本当に素晴らしい!尊敬ですが、頑張り過ぎないで下さい。
    多分、ご自分では無意識でも端から見ると相当に頑張って自分を鼓舞して前進されている。
    どうかご自分を存分に労って心の中の澱をデトックスして揚げて下さい。

    1. がんばる嫁 より:

      orange様

      こんばんは。16回目の移植が空振りに終わったとの事、私も残念でなりません。
      苦労した人にこそ、幸せな結末がある……、そんな事は、とっくの昔に信じてはいませんが、
      不妊だなんだといいふらしながら、簡単に妊娠している著名人を見ると、落ち着きかけた自分の心が、また魑魅魍魎のようになってしまいます。…って、
      なんだか、人ごとじゃなくて、毒吐いちゃってスイマセン(>< )  ダンナとの事では体裁繕って書いていますが、子供がいないなら一緒にいなくてもいいかも…と、離婚をいつも考えちゃうんですよ。 私は一度離婚しているので、正直結婚には懲りていましたから、 「子供を持ちたい」という願望がなければしなかったと思うのです。 打算的でお恥ずかしいですが、結婚当時の彼は結構サラリーも良かったので、安心して子育てが出来ると思ったのです。 今となっては仕事もうまくいかず、見るからに情けない中年の体です。「この人にいい所ってあるのかしら?」とマジマジと見つめてしまいます。 それでも私をつなぎ止めているのは、…不妊治療を共に乗り越え、子をもうけ、亡くし、その子のお墓を作った相手だという事実で、 他の誰ともそれは分かち合えないので、同士というか、そうそう、家族ってヤツ?なんですね。 orangeさん、高齢夫婦との事ですが、東京都の養子縁組里親は50歳まででしたら申込み可能です。
      実は私も研修に行きましたが、週三回会いに来いとか若い方が望ましいとか、、厳しい事はたくさん言われました。
      でも、もし赤ちゃんじゃなくても…というのですと、可能性は膨らむようでした。
      これについては、またblogで書いていきます。

      こちらは養父46歳、養母43歳以下
      NPO Babyぽけっと
      こちらは養父50才・養母45才ですが、年を重ねた分、豊かな柔軟な考え方のできる方、思考の幅の広さを兼ね備えている方、包容力のある方なら養父50才・養母45才の限りではありません。とあります。
      命をつなぐゆりかご
      両親46歳未満
      ベビーライフ
      50歳未満
      赤ちゃんの未来を救う会

      最近では養親の年齢制限が上がっているように思います。今、私も調べてみて、ちょっとやる気が出てきました! orangeさん、ありがとうございます。

      治療の方は続けられるのでしょうか? 私は年下の友人みんなに言っていますが、早寝早起きが女性にはとてもいいんですよ。
      あと最近はリンパマッサージも良いと思います。なんだかお返事というより自分の事ばかり書いてしまいました。ごめんなさい。
      orangeさんは一人じゃないんですよ! スマイルで明日も乗り切りましょう!

  2. しばこ より:

    ふとこちらのブログにたどりつき、文章とイラストに感動して、時間を忘れて過去ログをずっと読み続けました。
    わたしになどわかったつもりになるような感想は書けませんが、「ご主人と仲が良くって素敵だな」と本当に思います。
    たくさんの記事を読ませていただいて、スルー出来ず感想を書かせていただきました。
    妊活のテーマでなくとも、ぜひブログを続けられるようなら読ませていただきたいと思います。

    1. がんばる嫁 より:

      しばこ様
      コメントありがとうございます! お返事せず、すみません(^^;
      現在お仕事がめちゃくちゃ忙しく、こちらを覗いていませんでした。
      思いつくままの乱文をお褒めいただき恐縮です。ダンナとの事も、よく周囲から「仲いいですよね」と言われるのですが、書けないような事も、そりゃあ沢山あるのでございますよ…(><)  〜妊活のテーマでなくとも〜との事、ありがとうございます。文章を書くのは楽しい作業ですし、私も続けたいです。卒業されて、他のblogを使う方も多いのですが、それをする間もなくて、放置してしまっています。流行の終活にシフトするかしら〜? なんちゃって。 またよろしくお願いします!

  3. QBC より:

    お疲れさまです。不妊治療は終了みたいですが、
    止めた後、ストレスのないせいか奇跡みたいに
    自然妊娠した方も多くいますし、もう特に深く
    考えず、ただ毎月の可能性のある時には是非。

    1. がんばる嫁 より:

      QBC様
      こんにちは。はじめましてでしょうか?
      私、卵管での子宮外妊娠を二度して卵管がないので、自然妊娠が望めない身体なんです。
      世の中にはいろんな病気の人がいて、自分がなってみてはじめてわかる事も多いですよね。実は週末交通事故に遭い、今日は検査でずっと病院です。保険の人や車やさんとの話がワンサカあって、へとへと…。しかし、こういう経験の中にも「そういう事なんだ〜」と初めて知る話が多く驚きます。
      余計な話で長くなりました。よかったらまた見に来てください。

      1. CBQ より:

        そうなんですね。
        とにかくお金も時間もかかるので大変と思うけど、
        可能性が0出ない限りは、無理をしない範囲でとか思います。
        少し時間をおいて、もう一度とか、それでだめならまた
        少しおいてもう一度とか。可能性が全くの0になったら、
        その時はもう仕方ないけど。あくまでも個人的な意見です。

        1. がんばる嫁 より:

          CBQ様
          ありがとうございます! この治療が健康保険適用で、体外受精が一回数万円なら卵が採れる限り続けるのかもしれません。
          CBQさんのように「続ければ良い」と背中を押してくださる意見と「諦めたほうがいい」と促す意見があります。
          どちらも私の事を思ってアドバイスしてくれていて、本当に有難いと思ってます。

  4. まっきぃ より:

    頑張る嫁さま

    言葉がみつからず今になってしまいました。
    もっと早くお伝えしたかったのですが、ごめんなさい。

    時がたって少しでも気持ちが癒えることを強く強く祈らせてください。
    すごく身近に感じています(きっと本当に身近なお互いに顔も名前も知らないけれど)

    私3月からホットヨガはじめたんです、汗を流し現実から少し時間を切り取って自分を解放する気持ちになったら
    何か探してみてください、きっとがんばる嫁さまにあったものが見つかるはずです。

    環境が違う同じような年代の仲間がいること、顔も名前も知らないけれどお忘れなく!!

    いつかどこかでお会いできたら嬉しいです。

    今まで頑張ってきたのだから、がんばるは少しお休みして力をぬいてお過ごしください。

    1. がんばる嫁 より:

      まっきぃ様

      度々の励ましありがとうございます。

      まっきぃさんも不妊治療をされてきて、きっとご自分の事のようにヤキモキしながら見守ってくださったのかと想像します。
      そんな“仲間”と知り合えるって、今更ですがinternetって、すごいですね〜!!
      ホットヨガいいですね! 私は近くのスポーツクラブに入ったのですが、あまりヨガのクラスがなく、足が遠のいてしまいました。夏までに二の腕をなんとか……!

      >環境が違う同じような年代の仲間がいること、顔も名前も知らないけれどお忘れなく!!
      >いつかどこかでお会いできたら嬉しいです。

      忘れません。こうやって支えていただいた事を自分の誇りにしたいと思います。ほんと、ありがとうございました。
      私もまっきぃ様とお嬢さんにお会いしたいなぁ。いや、案外同じ町に暮らしてすれ違っているかもしれませんよ?あのスーパーとかで…(*^0^*)

      >今まで頑張ってきたのだから、がんばるは少しお休みして力をぬいてお過ごしください

      まぁ、なんと優しいお言葉! (ダンナにも言って欲しい)  私はやはり幸せ者だなぁ。
      まっきぃさんとご家族にもたくさんの幸せが注ぎますようお祈りします。

  5. しのぶ より:

    がんばる嫁さま

    あまりにも壮絶な記録に、
    涙し、目を腫らし。
    ずっとずっと応援しておりました。
    人柄の良さと教養の高さを伺える優しい文章。
    大好きです。

    お疲れ様でした。
    これからの人生が素晴らしいものでありますように。

    1. がんばる嫁 より:

      しのぶさま
      長い間の応援ありがとうございました。私は一人ではなく、こうやって応援してくれていた方がいたのだ…と思うと感無量です。
      人柄の良さと教養の高さだなんて……(*^^*) やっぱり文章からにじみ出てましたか?? なんちゃって。
      恥ずかしいですが、とても嬉しい賛辞です。ありがとうございます。
      ここ10年を切り取ると、壮絶な人生ですが、一生分の苦労をまとめてしたのであって、残りは「ご褒美の人生」…! と未来への希望を膨らませています。
      いまのところ、やたらプレゼントをいただいたり、コンビニのスピードクジでビール6缶当たったり、ご褒美人生の幕開けかしら?? しのぶさんにもラッキーがたくさん注ぎますよう、お祈りしています。

  6. おっち より:

    もう6年ほど応援させていただいていました。そして、長い間お疲れ様でした。これからも素敵な旦那様と素敵な大人の時間をお過ごしください。
    お幸せを心からお祈りいたします。

    1. がんばる嫁 より:

      おっちさん
      長い間応援ありがとうございます。大きな夢と生き甲斐がすっぽりと削がれてしまい、大失恋したような切ない気持ちで日々を過ごしています。大声で泣きたいようなのですが、泣くほどの事でもなくて、気づくと「せつないなぁ」なんて呟いてて夜中に起きてしまう事もしばしば…。ゆっくり、気持ちの整理をつけるしかないのかな。前向き、前向き。頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です