DAY12 採卵


DAY12

前回はメンズクリニックで採精し、それを持ち込み受精させてもらったが、別段結果が良いわけではなかったので、今回は普通にクリニックで採精としてもらった。

朝、ダンナと電車でGO。

9:30。到着するとすぐにダンナだけ連れ去られ、私も個室に案内された。

しばらくするとノックがしてダンナが入ってきた。もう終わったらしい。早い(^^;) 採精室の雰囲気はどうだったか聞くと「まぁ、普通。この前より良い。」との事。考えてみると彼も色々な採精室を体験していることになる。

「採卵は11時の予定ですが、前倒しになると思う」と言われた通り、10:30くらいには処置室に入っていた。

私はE2値から、左側の卵巣に卵胞があるのではないか?と疑っていて、カイロプラクティックに行き、骨盤の位置を調整してきたのだが、更にストレッチをして万全を期した。

そうそう、前回、お小水が溜まっていて、処置前に抜かれるという失敗を犯したのですが、その時は水を普通に飲んでいたのでした。水は朝7時以降ダメという注意書きを前回は貰わなかったような気がします。

今回はお小水大丈夫だったみたい。

ここでの採卵は二度目。

ここは、こちら側に見えるモニターがないのでつまらない。
消毒、局所麻酔、そして採卵。と、医師は手際よく進めて行く。優しい看護師さんが私の手の上に手を置いて、いちいち「次は○○ですよ。痛いですよ。」と声を掛けてくれた。

右の卵胞を取り、しばらくするとスピーカーから「卵子二個あります」と声が聞こえた。

良かった。ひとまず二個は採れたんだ。

その後医師が「左行きます」と言う。

もしかして、左側の卵胞あったの!? 左側のチクっとする痛みを、嬉しく感じていた。

結局左側にあったかどうか解らなかったが、

個室で待機していると、培養士さんが精子の表をもってやってきて、3eggsあった事を教えてくれた。

三個採れた〜〜。うれしい〜!

培養士さん、「ダンナさんの成績が非常に良くて、振り掛けをオススメします。」との事。

ダブルでうれしい〜!!

その後医師がやってきたので、「左に卵胞があったんですか?」と聞くと、「ありました」と言う。

そっか。やはり、あったんだ。見えない場所にいるだけだったんだ。

一昨日のエコーでは右2つだけはハッキリ見えていて、左は、どんなにグリグリとしても見えて来なくて、医師も「総じて左はぜんぜん育ってきませんね。」と、左側は機能していないような言い方をしていたが、ちゃんと生きてますよ〜〜! と、得意な気持ちになった。

お会計をしてランチして帰宅。一日中ウキウキしてました。

しかしやはり採りにくい場所なのか、今回出血がけっこうあった。痛みはない。

■本日のお会計

220000円

■今回の総計

255745円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です