新しいクリニックへ


DAY3。

風邪のせいで熱が37.3℃あります。鼻水が止まりません。

仕事なら休みたい。でも、二ヶ月待っての初診なので、頑張ってきました。

Lクリニック(仮名)は都心にあります。

引越する前なら歩いていけた距離です。

不思議な事に、引越をしてから、この土地に来る機会が増えました。着付け教室があり、そのお仲間とランチとか。

13年も住んでいたので、土地勘があり、買い物もしやすいのです。

クリニックは意外や意外、あまり混み合っておりません。

きっと人数を制限しているのでしょうね。

でも、先に来ていた友人(妊活中)によれば、それでもすごく待つ! と言っていました。

私は11時にinn。事務の人に診察カードの取扱の説明を受け、看護師からこれまでの治療などの聞き取り調査を受けます。

看護師さん、お喋り好きで明るい方でした。

「どうかうまくいきますように…神様はきっと見てくれてますよ!」と言ってくれました。

ご本人も通院歴があるとの事。お子様が居る居ないは解りませんが、そういう言葉は慰めになりますね。

その後、医師と面談。院長です。ウェブでお顔は知っていたので、「おお〜、ホンモノじゃん」と芸能人に会ったような気持ちになりました。

院長は、忙しそうでしたが、要所要所で患者と話をする体制のようです。ありがたいですね。

そして採血、内診。

内診は違う医師です。私が事前に「右側に嚢胞があり卵胞と見間違えられるから注意してください」と言っておいたので、

「確かに、間違えそうですね〜」と言われました。

機器の挿入はこれまでに感じたことのない傷みがありました。なんでだろう?

前の病院では、その嚢胞のサイズを測っていましたが、それはなく、両側の卵巣を確認して、

「はい、お疲れ様でした」と終了。

え!? 何も言わないの? 無かったって事???

その後1時間くらい外出して良いとの事でしたので、ランチを食べて戻ると、先に来ていた友人はもう終わって帰っていました。

戻ってすぐに私の番号がモニターに表示されます。

院長は、ホルモンの数値を見て、問題無いと言いました。

  • FSH:9.4
  • LH2:2.5
  • E2:30.6
  • P4:0.24
  • PRL:6.4

が、「今回、やりますか?」と言います。

えぇと、それは、やはり、卵胞無かったんですか…!?

と訪ねると、「はい。でも年齢で見えにくくなる事もあるんですよ。薬を使って見えてくるかどうかですが、無理にはやらなくていいですよ。」

うーむ、でもね、私も医者じゃないから確証ないけど、さっきのエコーの時左側の奥に固まって黒い●が見えたんだよね。それはてっきり卵胞かと思ったんだけど、違うのかな…。

それが何か心残りで「とりあえず薬を飲みます」と言ってしまった。

ですので、新しい周期のスタートです。

処方されたのは、これまで同様「セロフェン」。でも朝夕一錠を七日間飲むとの事。それだと、3〜9日目はセロフェンのみか…。

前の病院では2錠を5日飲み、その後注射をしていたので、今回の方法ではあまり早く育たなそうな気がする。

しかし初めての患者だし、今回はキャンセルの可能性が高いから無理はしないのだろう。妥当な判断ですね。

お会計をしクリニックを出る、15:20くらいだから4時間20分。待っている時間が短かったので楽でした。

お会計が高くてびっくり! 検査項目が多いんですね。

■本日のお会計

53815円

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です