男性不妊クリニックへ(1)


結局のところ、私が何度かせっついて、ようやく、ダンナ、電話をしました。

予約が取れたのは2週間後で、

精子の検査をするので、これまでのIVFの時と同様、出来るだけ一人で出したり(*^_^*)、エッチしたりして、フレッシュな状態にしましょうよ

…と、

何度も言ったのだが…

いつも、「ドキっ! よ、夜ね。」などと言い、夜は呑んで寝てしまうルーティン。

あああ〜、それならせめて、私には言わなくても内緒でしていてくれればいいのだが。

と、迎えた当日。この時、既に一ヶ月以上して無い状態。

流れとしては、受付→問診票記入→医師の診察(ダンナが触診を拒んだのでお話のみ)→採精→結果は2週間後

となるはずであったが…

採精室に呼ばれ、3分ほどで、ニヤニヤしながら戻って来た。

げっ、はやっ

「もう終わったの?」と聞くと、

「いや、2日〜7日前に出してないと検査出来ないんだって。また来なきゃいけないみたい。」

との事。

ガックーンってなりました。

もう! だから言ったじゃ〜ん。

電話かけるまで10日待ち。予約とれて2週間待ち。それで、「できませんから再予約」って、いったい、なんのゲーム?? ホントに自分が子供欲しいって希望があってやってるの? 私にやらされてるの? あんたが進行の邪魔してるんだよ??

言いたいことは山ほどあったけど、狭い待合室だったので言えずにいた。

すると看護師がやってきて、

「すみません、お電話で伝えたつもりだったのですが、ちゃんと伝えられていなかったようで…。再度予約をとって戴きたいのですが」

と謝られる。

確かに、電話は彼がしたので確証はないが、その後私に「いきなり初診で採精するのかな?」と聞いていたくらいだから、説明されなかったかもしれない。

でも、私はホームページで見て、すると思っていて彼に何度も言ったし、結局、彼の準備不足のせいなのだ。

ていうか、女性と違って周期などないし、見る事と言ったら、「それ」だけなので、するでしょって感じなんだけど。。

しょーもない。

結局3週間後しか予約が取れなかった…。

お医者さんのお話は勉強になる事が多かったので、また書きます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です