カイロプラクティック(Chiropractic) ってどうよ?


カイロプラクティック (Chiropractic) とは、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって発案された手技療法であり、日本における整体療法とは異なる療法である。ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味するとされている所から生まれた造語。[1]WHOでは補完代替医療[2]として位置づけられている。
WikiPediaより抜粋

整体に行くとよく
「座骨の左右高さが違って更にねじれも入っています」と言われて来た。

遡ること一ヶ月前。
前回のIVFは、1回目2回目の受診でエコーで見えた右側の卵胞が、実は頸管にある嚢胞であったという誤診があり、キャンセルに至った。(→そのときの日記)

この時、2回目と3回目のエコーはN医師が診ていたのだが、

頸管の嚢胞と卵胞は非常に間違いやすいです。卵巣は動くので、右側の卵巣は今回見えにくい位置にあるか、それとも卵胞が無いのかもしれません。」と言い訳した。

あえて「言い訳」と言おう。

だって、頸管の嚢胞は、いつも指摘されていて卵胞に間違えられた事もあるから、カルテを見れば解るのだ。

正直腹が立った。

「では右側は、いつも見えてないかもしれないって事ですか?」と聞くと、

「そうかもしれません!」とキッパリ。

んなわけないだろぉ だったら小さな卵胞がいくつか見えて、それが大きくなって…という、これまで見てきたものは、なんだったと言うのか? そんな不確かならエコーなんてやる意味ないじゃん!?

*******

しかし、転んでもただでは起きない私はこう思った。

右側に、もしからしたら有るかもしれない卵胞がカウントされないなんて、もったいない!!!

見えない理由は私の骨盤が捻れているからではないのか!?

そうだ、それを治してやろう! どうせ腰痛に悩んでいるし、妊娠中も腰は大変だった。今のうち治せば頸管無力症も克服できるかもしれん。

*******

で、行ってきました。初・カイロ。

場所はクチコミで良さそうなところです。男性が一人で営業していました。

1時間7000円。今の私には高いけど……、よくなるのなら。

思った通り、腰は捻れて座骨もずれているそう。

実家は畳で正座が苦手だから横座りしていたのが災いしていたのだと思う。足も組んで座っていたし。

大人になってから、片方の座骨が浮いている事に気がついた。

自分なりに足の組み方を変えたりしたけど、

「あ〜〜それで、こんな複雑に捻れてしまったんですね〜」のだってさ。

腰の歪みを体が調整しようと、首や肋骨の骨は逆側に傾いている。更にデスクワークで前傾になりやすいから全体前に傾いて…

骨の模型で説明してくれましたが、「この模型では表現できないほど難しく捻れている」のだとか……。

は〜〜。これは、通わなくてはねぇ。

翌週も予約入れときました。

*********

でもね、でもね、
肩が前に入っていたのが、スッと後ろに行っているのが鏡をみて解るし、足を上げると股関節にツッカカリがあったのも無くなっているの

完璧ではないけど、効果は見られているのですよ!

病院のエコー、何か変わってるのかな?? 楽しみになってきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です