DAY7 通院


DAY7

病院は混んでいる。長時間待ちを予測してTSUTAYAで漫画「永遠の0」を借りておいて良かった。

さて私はこの手の戦争のお話に興味がある。それは祖父が戦地フィリピンで亡くなっているからだ。

父が誕生した時、既に祖父は戦地におり、名前を手紙に書いて送ってきたのだという。

負傷した祖父は仲間の足手まといになるのを嫌い、拳銃で自死したそうだ。28歳。終戦3ヶ月前。やりたい事、いろいろあっただろう…。

偶然か、必然か、私が祖父の命日に産まれている。生まれ変わり…とは思わないが、思い出さずにいられない存在だ。

どんな想いで戦地に行き、どんな想いで亡くなったのか。祖父が命のバトンを渡さなかったら、父も私も生まれていない。

漫画のラスト、涙しながらティッシュを探すと、リュックサックのポケットから「○○○ベビー」と私の名前のついた青い結束リボン(?)が出てきた。
IMG_0980
本来新生児の手足につけて、同じ者をお母さんも持っているそうだ。

やはり、ジュン君に「頑張れ」と言われているような気がした。

そうそう、肝心の診察の話ですが、今回は育ちが遅いようで、エコーでは卵胞サイズを「小」とのみ言われた。

で、「やっぱ見送りかな…。それもいいかもな。」とぼんやり考えていましたが、お医者さんからは「ロースタートだけどホルモン値は上がって来てるから、大丈夫ですよ。とりあえず、注射(ゴナピュール)を2回打ってDay10に来院してください。と言われる。

注射を1本打ってもらってお会計へ。。

久々にこの病院を訪れたら会計も処方箋もメチャ早くなっていた。良かった

 

本日のお会計

24800円

今回の累計

36410円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です