香典返しと病院と


婦人画報のお取り寄せ通販サイト「婦人画報のおかいもの」

一つ、仕事が終わった。
香典返し。

昨日は、病院→三越→帰宅→セミナー参加 と久々に忙しかった。

病院では入院中に隣のベッドに数日いた女性と危うく遭遇しそうになり席を移動した。
彼女は切迫流産の危険があり、しばらく入院したが、28週を越えたので自宅療養となったのだった。
出て行くとき、私は「旦那さんに頼って何もしないで過ごしてくださいね!」と余裕しゃきしゃきな挨拶をしたのだ。
今は9ヶ月なのだろう。痩せている人なので、お腹がポコンとしている。赤ちゃん元気そうで良かった。

この病院にしては珍しく一時間ほど待たされる。
エコーで子宮の傷跡をチェック。特に何も言われなかったので、悪化しているような事はないのだろう…。

ただ、やはり子宮内から細菌が出てきた…と、神妙な顔で医師が言う。

入院時には子宮内に細菌がいないと言われていたのが、入院中に細菌が出て、結果お腹の子に感染していた。
というのは解っていたが、

医師は、「もしかすると、そもそも子宮口が開いて胎胞が出てきていたのは、それ(感染)が原因だったのかもしれない」と、意見を覆した。

「え?前期破水の時に感染したのじゃなく、その前からしてたんですか?」

「なんとも言えないんだよね…。あれだけ胎胞出てきてたからなぁ」

うーーぬ。つっこみどころが満載なこの医師の態度。
不安ではあるが、正直に言ってくれているのだろうから、私個人としては信頼感をもつ。

さて、その、「もしかすると」の部分が原因で、入院する前から子宮内に細菌が入っていた・・とすれば、もしかすると私は頸管無力症じゃないのかも?? 細菌が原因で子宮口が開く事もあるのかも???

◆「カラダの教科書」感染症と早産・流産
http://www.karada-navi.com/std-article/std-sickness/5314/
↑この記事、私にピッタリ当てはめられる!!

「たら・れば・かも…」で、考えられる原因は様々。解ったところで息子は戻ってこないのですけど、無力症は自力で治せなくても感染症なら注意をすればいい話。かも(^^;;

いろいろな人のblogを見ていると、予防として以下のようなものがあがっていた。

・お風呂はシャワーのみ
・SEX禁止
・歯周病菌は子宮にまで届く
・パンツは布製、毎日取り替える。おりものシートもしないほうがいい。
・ウォッシュレットも注意

妊娠出来たら…の話ですがね。

さて、昨日は病院の後、三越のギフトセンターに行き、予め書いておいた香典返しリストと中に入れる挨拶状(自作)を渡してきた。
喪中葉書も出してきた。
少しだけど仕事が片付き、安堵する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です