DAY12 IVF


DAY12で採卵となりました。

朝8:20にダンナ精子君たちと共に病院へ。この病院では採精室を使うかどうか?と聞かれなかったから、基本持ち込みなのかな~っと思ったら、ちゃんと「採精室」という看板の部屋がありました。

どっちにしろ、平日でダンナ来れなかったのですが、あまり説明手順が確率されていないようです。

まず看護師に呼ばれ、体重はかったり、気分を聞かれたりし、腕にネームバンドをつけられます。

内診をして排卵してないかをチェックした後、お部屋へ…。

お部屋は、一人に一つ広めの個室が用意されていて、TVもありました。下着と金属類をとって、ガウン着てしばらくすると看護師が点滴を入れに来ました。
私は局所麻酔でお願いしたので生理食塩水ですが、ここ基本的には全身麻酔なので、その場合は麻酔を入れるのかもしれません。そんな事もあってか、自分の番になるまですごく時間がかかります。
4番目って言っていたのに、1.5時間は待たされた!

実を言うと前日仕事を2時までやって、その後寝付けずに、うつらうつらと夜が明けてしまったので、
ここで1.5時間お休み出来て嬉しい限りでした。

爆睡していると、ようやく採卵室に呼ばれます。
採卵は知らない女医さんです。後にW先生と知りました。
台は普通の平たい台で足を乗せるところがあります。が、これ以上絶対無理っていうくらい「もっと下に降りて」と言う人で、足がずり落ちそうになりました。

思うのですが、採卵は椅子タイプのほうが痛くありません。S病院では無麻酔でしたが、一度も痛いと感じなかったです。
この日は局所麻酔したにもかかわらず、かなり痛かった…

「お願いしまーす。二個です」という先生の声が聞こえ、「ああ、無事に二個採れたんだなぁ…」とほっとします。

採卵が終わり、1時間くらい寝かせてもらったかな? W先生と顔を合わせてのご対面です。

こういっちゃなんだけど、すごく男性っぽい顔つきと声の先生です。

「えー、今日3個採れまして…」とセンセ。

ええっ!? 2個じゃないんだ~。嬉しい!!

このセンセ、私の治療歴の長さを見て、「んー、なんでだろうね~」と考えてくれてます。ここの病院にきて、初めて、こういう先生に当たりました。

私が、もう10回はIVFをしていて、ここ一年移植まで出来てない、と話すと、
「引かないクジは当たらないからね~」と、私が考えていた事をつぶやく。

なんだか、「解ってくれそう!」なセンセで嬉しくなっちゃった。

そして、いよいよ驚くべき話をされます。

「タバコは吸わないよね?」と質問されたので、ダンナが吸うと話すと、「じゃ旦那さん禁煙だね」と言うのです。

えっ? 男性の喫煙は関係ないって、この前のSクリニックでも、その前の病院でも言われたんだけど……!?

「あるあるある~。ちゃんと実証されてるの! 流産や生まれてからの突然死も関係してるって言われてるんだから~。関係ないなんてのは昭和の考えだよ」と先生。

そして、「受精卵は3日目までは、卵子の力で成長出来るけど、その後胚盤胞になるには精子の質が関わってくるの!!」 と衝撃発言!!!

確かに……私、いつも3日目までは順調に育っていて、
Kクリニックでも「すごくいいのでこのまま培養して胚盤胞まで育てましょう」と言われたのに育ったのは1/7個で3CC。この頃から胚盤胞にならなくなったのです。もし、それが男性の喫煙によるものなら……? 私は今まで何を遠回りしていたのだろう?

話を聞きながら、涙が浮かんで来た。

そして紹介された本、「東洋経済7/21」の特集「みんな不妊に悩んでる~原因の半分は男性です~」

さっそく帰り道、Amazonで購入しました。

この事をダンナに話すと、「早く言ってくれよなぁ~」と。

なんと、今週末、禁煙外来に行くと約束してくれたんです~ 

もし成果につながらなくても、これは嬉しい事です。だって一日2箱も20年以上吸ってて、おじさん2人が肺がんで死んでるんだもん。心配でした。

◆本日のお会計…270510円
(内訳)
HCG(プレグニール)注射 320
エコー 3150
IVF 157500
培養 105000
その他 4540

◆今回の総計…311,390円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です