タグ別アーカイブ: 霊能者

七日間詣の二日目


Oさんに言われて七日間詣をしている。

 

うちの氏神様は鳥居から神殿までの距離が結構長い。都内でこれだけの敷地ってなかなか出会えないのではないか。

その日、真っ直ぐ伸びた薄暗い参道の向こうに、お宮参りの家族がキラキラと輝いて見えた。幸せで溢れんばかりの夫婦と新生児と祖父母。赤ちゃんはお祖母ちゃんが抱っこしている。

一瞬、「やば」と思った。

こういうお目出度いシーンに出会うと、妊活中は重苦しいムードが勝手に私の周囲を覆っていたからだ。

しかし、じっと見ていると、その姿が私とダンナ、ダンナの両親の姿に置き換わって見えたのだから不思議だった。

これも何かのメッセージだろうか?ジュン君が見せている幻だろうか?

考えてみれば今からトライしようとしている養子縁組の話も、トントン拍子に進めば新生児が我が家にやってくるワケで、お宮参りをする日は近いのかもしれないのだ。

そう思えば、彼らに親近感も沸いて来た。

さて、気を引き締めてお参りお参り、

お手水で手を清め、、神殿のほうに進んだその時

「すみませ〜ん!」

と若い母親に呼ばれる。

「?」

「シャッター押してもらえますか?」

え…? 私、今から神様に挨拶行くんだけど、

手を清めたところですけど、見えませんでした?終わってから…とか気を遣いません?

と、戸惑うも…快諾

すると、家族を前に立たせて位置決めをした後 iPhoneを差し出し、「神殿の屋根が全部入って、脚元も全部入るようにしてください。何枚か撮ってください。」と注文が続く。

うーむ。母は強しというが。。

言われた通りに何度か撮る。私もiPhoneだから逆光の部分をタッチして明るくし、そこそこ上手く撮れたと思う。母親に見せると、「あ、いいんじゃない?」とダンナとiPhoneをのぞき込んでいた。

やれやれ無罪放免 去り際に赤ちゃんの顔を見ると、安らかに眠っている。とても綺麗な子だ。

同じく美しいお祖母さんが私にお礼を言うので、「おめでとうございます」 と声を掛けた。

その後お参りをして参道を戻る。

振り返るとまだ写真撮影中。お母さんも着物だし、写真をたくさん撮りたいのだろう。年賀状にもするのだろう。

そんな二日目のお参りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

神社でお参りの仕方


一年ぶり、霊能者Oさんと会ってきました。

前回の日記はこちら

 

今回は転職したはいいが、ブラック色漂う会社にもう嫌気がさしているダンナも一緒です。

Oさんの力というのは、神棚に祈りを捧げ、私達の先祖を呼び出だし、私達に憑依させ、頼み事やアドバイスを聞き出すと言う物。

聞き方も答えも「YESなら手を前に、NOなら…」と誘導尋問に近く、疑えばキリがないが、それはおいておくとする。

今回ダンナの方には、ダンナが生まれる前に亡くなったお祖母さんが現れた。

その方は、はっきりとは言いたがらないが、子供を自ら流しているという。それで、その事を悔やんでいてその子の為に供養をして欲しいという。

「この家に跡継ぎが出来ないのはそのせいか?」とOサンが聞くと「ちがう」とのこと。

ダンナが知りたがっていた会社の事は、「無理に転職せず、今のままでしばらく辛抱すれば違う道が現れる」という話になった。

私の番では、やはりダンナ側の7代前の男性のご先祖が現れた。この方は神官なのだそうだか、神域で、木(ご神木?)を切るなどの悪行を働き、その罪を神様に許してほしいと願っているのだそう(←ちゃんと祈ってから切るなどの手順が必要なのだそう)。

Oさんはまた、跡継ぎの話をする。「ご先祖様が神に許されていないから子供が出来ない。」との答えだった。まぢ?

Oさん、「では、この者が代わりに7日間氏神に参り、その後お百度をふみ、また体外受精をすれば子供は出来るか?」などと聞いている…(;゜ロ゜)

出来る…と言いそうだったが、あいまいな答えだった。

ちなみにOさんは養子縁組や体外受精すら反対のようだったのですが、こうなった経緯をざっと話すと理解はしてくれたようだった。Oさんの印象では、私達夫婦はもう一度トライすれば出来ると思うというのだが…。

体外受精をもう一度…?

いや、今は考えたくない。

 

それはともあれ、7日間お参りは必ずすると誓ってきたので、本日から開始した。

やり方を忘れないように書いておきます。

家を出るときに、「○○家の7代前のご先祖様。今から氏神様にお参り行くので一緒に行きましょう』と言い、連れて行く。

神社では、鳥居をくぐる前に一礼をし、「今から○○家7代前のご先祖と一緒に鳥居をくぐらさせていただきます」と言い、くぐる。参道の中央は神様の道だから通らない。

お賽銭は7日間同じ金額を入れる。変わらない心を示すのだそう。

お参りの仕方は詳しく聞いていないが、私は「七代前のご先祖様の悪行をお許しください」と祈った。

帰りは鳥居をくぐる前に、ご先祖様に一緒に帰りましょう、と言う。そうでないと取り残されてしまうのだそう。

7日無事に終わったら、改めて熨斗袋にお金を入れて賽銭箱に入れ、無事に終わった事をお礼する

が終わり、鳥居をくぐった時、全身に鳥肌が立ち、本当に7代前のご先祖様と一緒に歩いている気がした。

そして、が終わって、参道を戻る。ああ、行くときには狛犬の顔をちゃんと見なかった…と振り返る。可愛いタイプの狛犬でした。そして、さあ帰ろうと踵を返すと、ちょろちょろと動く影が……

なんと、蛇…だった。

動物園等の施設以外で蛇を見るのは、覚えて居る限りは過去3回。

蛇は神様のお遣いと言いますが、

こんな時に、こんな所で会うのは、やはり何かの意味があるのではないでしょうか??? うーん、それがもっとハッキリ解ると嬉しいのだけど、そういう能力皆無で悲しいです。

私としては、ご先祖様も神様も喜んでくれているように思い、とても素敵な気分になりまして、ダンナにLINEをしました。

私「お参りしてきました。なんと、そこで蛇にあったのよ!」

ダンナ「すごい!! 宝くじ買ったら」

 

……うーーん、そうじゃあなくてさぁ。 ダンナの欲深さに涙する私でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霊能者Oさんの事


さっき三回忌の件で母に電話した。

ついでに養子縁組の話を聞きに行った事を話したら、
言葉を選びながら、

「あなたが、もう子供を産めないと思っているなら、それでもねぇ…。
でも本当にもう産めないのかしら?」

「うーん、今度新しい病院に行こうとしているのだけど、大人気で予約がだいぶ先なのよ。その後もし妊娠出来たとしても、また頸管無力症だ、手術だ、入院だ、ってなって、同じような事になっちゃったら大変だからね。
養子の方も、なかなか待たされるらしいから、出来るところまで進めておこうと思ってね。」

と答えると、
また不思議な能力を持つOさんの話をされた。

スピリチュアル大好きな母は、数年前からOさんという女性に傾倒している。

Oさんは若いとき、海に居ると不思議な光を見て、「お前はあと20年だ。20年経ったら迎えに行く。」という声を聞きます。その後、結婚、出産と過ごしていて、海での経験など忘れていたころ、
面識の無いどこかの神主さんが、「啓示を受けてお迎えにきた」と現れ、その後、詳細はしらないが、離婚して神職につき、神の言葉を受けてみんなを助けているそうなのです。

これまでも彼女の起こした奇跡は母からたくさん聞いていたのですが、
なんとなく私は「おかあさん、それは集団催眠や自己暗示じゃ…」と思うフシもあるし、
母のいうがままに行ったところで、実際に私が救われた事はなく、怪しんでいました。

でも、母も懸命に私を思ってくれて、
「Oさんはお腹の子と話が出来る。その子が『こうしないと僕は病気で産まれるからこういう生活をしてくれ』と伝えてきて無事に40歳の人が子を産んだ」

などと言うので、

数ヶ月前に行ってきました。

↓↓ここから回想↓↓

本来は目を閉じて合掌する私にご先祖様が降りてくるのだそうで、質問されると手をあちこちにやったり、字を書いたりして答えるのだそうですが、

私には何も起こらず、
ただ長時間の正座で脚が痛くて、早く止めたいから質問になんとか答えてしまおうと思っていました。

それでも、「誰か私のダンナ側の先祖が降りてきている」と言われました。

Oさんが言う話、

そのご先祖は、信心深く、神に自分の利益の為、誰かが陥れられるような事を祈願したが、
その後、神へのお礼をしなかったために、誰かからの恨みを返されている。
との事。そして不動縛(この定義がわからないが)の為に、今の場所から動けず苦しんでいる。

そして私からキリスト教やイギリスのイメージが浮かぶ、
ダイアナ妃に似ている、と話した。恐れ多い…。

しかし、結局、それが子供が出来なかったり、死んでしまった理由なのか?
果たして子供はちゃんと成仏しているのか?

そんな知りたい事は教えてくれなかった。

代わりに、「養子を貰うという事は、自分達の先祖の因縁と共に養子側の先祖の因縁も引き継ぐという事」と言われて凹んだ。

あっ、そうだ、氏神様に行けと言われていた。
行かなくては…

↑↑ここまで回想↑↑

そのOさんに病院始まる前に又会いに行けと言われた。

どうしようか…。

霊能師さん


霊能士Nさんとお会いしてきた。

不妊の原因が、成仏していない先祖や子供の霊のせいではないか?という疑問を、見える人に答えて欲しかったからだ。

霊能士さんに会うのは初めてでドキドキであった。
江原さんのように、家の中まで見透かされちゃうのか?と思っていたら、思ったよりも確信ついた霊視はなく、当たらず触らずな話が多かったような・・

Nさんの能力を信じる事を前提にして、以下のような話をされた。

子供が出来ない理由は、旦那さんにある。奥さんは他の人と結婚したら、とっくに子供をもっていた。旦那さんは、そもそも結婚できる人ではなかったので、結婚できただけでもラッキーな人。旦那さんは、自分一人で成長したような気持ちでいて、親にたいしての感謝がない。ご先祖は、こういう家に子孫を残すのをためらっている。

なるほど、と思えるとこもあり、「あら?本当にうちの話?」と思えることもある。
が、旦那に話すと、本人は納得していて、親への態度を改めると言っている。

次回。どうなるかな??