タグ別アーカイブ: フェリング

ダイエット


今回のIVF。何か特別なことをしているかと言うと、

「飲み会ならOK」という条件付の緩い禁酒。

忘年会シーズンの今月、週に1〜2回は飲んでますが、毎日飲んでいた私ですので、健康面でも全然マシです。

実は同窓会もあるのでダイエットもしてるんですよねぇ。ふふふ。

お酒を飲まないと余計なおつまみも不要。ダンナの帰りも待たず、早めの時間に夕飯を食べ、早寝してます。

その甲斐あって、一ヶ月で2kgダウンしました〜(^o^)/

特にお腹周りはすごい! 

先日ひっさびさにSEXをしたんですが、ダンナが「すごいっ! お腹のお肉はどこに消えたの!?」と感激?してました。

SEXといえば…

最近ではIVFの前に精子をリフレッシュさせる目的での義務的なものだけになりまして…

正直私も以前と比べて性欲がなく、「お一人でお願いします」という気持ちもあります。
若い頃は違ったんだけどな〜〜。これは男も女もそうなんでしょうね。

それでダンナに「私達、治療終わったら、きっとしなくなるね」と言うと、

「いや…それは意識してしようよ」と、言っていました。

「そうだね」と返されるよりは嬉しかったな。

DAY10 卵胞あった


DAY10

通院。今日はエコーがあるので、いよいよ卵胞があるかないかが解る。

なんとか育っててくれ…。

でも一個だったら止めよう。と今回も思っていた。

「右二個ですね。」と言われる。

エコーにはハッキリと黒い●2つ。大きさも18と15で、明後日の採卵と言われた。

2個かぁ。

両方採れればいいのだけど、15のヤツは育ってくれるのだろうか…? 1個しか採れないならキャンセルしようかな。

看護師にその事を言うと、ホルモン値を見せてくれ、E2が816な事を知った。

前回は3つ卵胞があって800弱だった事を考えると、1個400はそれよりも良い数値だ。

過去データを見ると、2〜3日前のE2が200で1個くらいの数が採れている。少し期待が膨らむ。

でもね、心配なのは、実は0個と言われた左側に隠れ卵胞があるんじゃないか?って事。

もしあるとしたら、1個400じゃないもんね。もやもやする。

さて、この日は、いつもエコーを見てくれている医師の診察だった。

いつもはカーテン越しに下半身だけがご対面している人の顔を初めて見てしまった。

慌てて登場するなり、椅子にスネのあたりをぶつけて、痛がっているのが可愛い。TVかどこかで見たような好感度のもてる顔の人であった。

私が2個採れないなら採卵したくないと告げると、

綺麗に丸い卵胞ですし、いけると思うが、不安ならば、もちろんキャンセルしていい。でも年齢も年齢だし、数値もいいし、こちら側からはストップする理由はない。

というような、何度も言われた内容の事を言われる。これってマニュアル??

でも「綺麗に丸い」というところに気をよくし(*^^*)、決心がついた。

「お願いします」と言う。

あっ、そうだ! せっかくエコーを見ている医師なんだから…と、

「初回の卵胞が毎回見えないのは加齢のせいですか?」と聞いてみた。

すると、驚きの答えが………

「ああ、全く見えてないわけじゃなくね…(カルテを確認)、ボクね、はっきり見えないのはカウントしない事にしてるんです

 

え〜!?

 

じゃあ、私のは見えてないワケじゃ無かったの!? はっきり見えないだけだったの?!

毎回カウントされなくて見送っていたら、いったい私はどうなっちゃうの!?

その理由として医師は、後で間違いで数が減ると患者さんがガッカリしちゃうから、と言っていたが、AFの数も指標の1つとして我々は捉えているのだし、せめて「ハッキリ見えないので」と内診の時言って欲しい。

そういえば、S産婦人科では内診をせずホルモン値だけで採卵周期をスタートさせていました。でも、毎月、同量の卵胞が胞状卵胞に育つわけではありませんので、初回のエコーでのAFの数は指標にしてきました。

だって、S病院では「数値はいいけど卵胞が見えない」という理由で何度も見送ってきたじゃないですか!?

治療歴8年。ここに来てまた自分の認識を覆される出来事に遭遇しました。

ほーんと、医師が違う、病院が違う、で変わるものです。皆様ご注意を!

結局、育ってきているから良いだろう…と、注射も追加せずに終了。

今晩夜中にスプレー(ブレスキュア)で排卵促進をして明後日の採卵となります。

■本日のお会計

12890円

■今回の総計

35745円

 

 

 

 

通院2回で採卵決定…


DAY10

さて、day3では見えなかった卵胞は、セロフェン2錠x7日間で見えるようになってるのか、ほんとに0個なのか…。
採血後、いよいよ内診。
医師は、ちゃんと嚢胞を確認してから、「じゃあ、これは卵胞ですね。結構育ってきてますよ。採卵は明後日か明後日ですね。」と言う。
やはり見えなかっただけで、卵胞は存在していたのだ。
しかも右に18,15,12ミリ、3個ある程度の大きさに育っている。
 ・
 ・
 ・
あんなに、「お金がないし、卵胞もないし、今回は見送りしようね!!」
とダンナに話していた私。
でも、3つ採れるなら、やりたい、、、
と、思ってしまった。
このクリニックは凍結を薦めるので、採卵だけなら、顕微としても30万くらいかな?
ボーナス時にダンナがくれたお金は、旅行で半分くらいになったけど、私の貯金や最悪カードで分割にしてなんとか…(^^;;
ダンナに、
私がお金をなんとかするからやってもいい?
とLINEすると、
「わかりました。」
との返事。
やるか!!
院長に呼ばれ、ホルモン値を見ると、
E2が800近くあった。
自分の場合は200で1個採れてると記したが、
その配分なら4つ!?
という事で、注射ガニレストとフェリング300を打って、明日スプレーして明後日採卵です。
そうそう、前回、いろんな検査をしたので結果の紙を貰いました。
気になるAMHは0.4
だって。
2年前と同じ数値!
私、すごい!よく粘ってる!
院長、前回「たぶん0.1位になってるでしょう」と言ってたから、0.4でもかなり嬉しい〜!
その他、甲状腺、HIV、クラミジアも異常なしでした。

■本日のお会計 32655円

■今回の総計  86470円

改めて結果発表


さて、、改めて14回目のIVFの結果を記しておきます。

今回は6つの卵が採れ、4つの受精卵となり、その中で胚盤胞まで行くものがあれば凍結し、次周期以降に移植するというお話で進めていました。

で、凍結出来たかどうか…話を聞きに病院に行きました。

通されたお部屋は、IVFを行ってくれたT医師。

悪い結果なのだろうな……って、もう聞く前から解りますよね〜。

モニタと書類を見て、重い調子で「…今回の結果なんですが…」と切り出されます。

6日目まで育てたところ、4CCの胚盤胞が1つ。これは凍結するレベルに達していませんでした。

今回、全体的に卵のグレードが悪かったようです。

Day3

Day3の時点で 6分割Gread4、10分割Gread3、7分割Gread3、4分割Gread1 と、見た目にもフラグメントが多い卵です。これでは3日目に移植もお勧め出来なかったかも…との事。

3日目 6分割Gread4

6分割Gread4

3日目 10分割Gread3

10分割Gread3

3日目 7分割Gread3

7分割Gread3

3日目 4分割Gread1

4分割Gread1

Day5

Day5の時点では4分割Gread1だった1つが初期胚盤胞に。他は発育停止となっています。

発育停止

発育停止

発育停止

発育停止

発育停止

発育停止

初期胚盤胞

初期胚盤胞

Day6

Day6では発育停止だった1つ(3日目で7分割のもの)が復活し、拡張胚盤胞(4CC)へ。逆に前日の初期胚盤胞が発育停止となっていました。写真で見る限り、もう1つ、胚盤胞っぽい形になっているものもあります。

発育停止

発育停止

発育停止

発育停止

拡張胚盤胞(4CC)

拡張胚盤胞(4CC)

発育停止

発育停止

この病院ではこれまで4回採卵して
3日目の時点でGread1や2の良好胚に育っていたものが今回は無かった。

「私も今回は期待出来ると思っていたので残念です。今回は誘発をきつくしたのが悪くでたのかもしれないし、単に年齢が重なっているから良好胚が出る頻度が少ないのかもしれない。でも薬を強くしたから数は採れた訳だし…、今後の方針を医師の間でも話し合ってみるので、また、お話だけ聞きに来て貰えますか?

と言われる。

そうだ、今回と1〜3回目の差…。薬を強くしたんだった。

これまではDay2(or3)からセロフェン2錠x5日間、その後ゴナピュールとガニレストで採卵だったのが、

Day2からゴナピュールを毎日注射していた。

↓今回(4回目)↓
Day2,3,4,5 ゴナピュール300
Day6,7,8ゴナピュール225
Day9 フェリング300
Day10 フェリング300+ガニレスト
Day11 フェリング500+hCG
Day13 IVF

↓3回目↓
Day3,4,6,7,8 セロフェン2錠/日
Day8,9 ゴナピュール225
Day10 ボルタレン坐薬,hCG
Day11 ボルタレン坐薬
Day12 IVF

↓2回目↓
Day2,3,4,6,7 セロフェン2錠/日
Day7,8 ゴナピュール225
Day9,10 フェリング225+ガニレスト
Day10 hCG
Day12 IVF

↓1回目↓
Day3,4,5,6,7 セロフェン2錠/日
Day8,9,10 ゴナピュール225
Day10 ボルタレン坐薬,hCG
Day11 ボルタレン坐薬
Day12 IVF

そういえば、以前、5回目のIVFの時だけど、ガンガンに誘発した結果、8つの卵は3CCの胚盤胞と初期胚盤胞した残らなかった。その時の医師も「薬が強すぎたのかも。次は緩くしてみましょう」と言った。

弱すぎてもダメ、強すぎてもダメ。良い卵に辿り着くのは大変ですね。
T医師、今回20分くらいは時間とって、じっくりお話をしてくれました。

実は、今回ダメなら諦めるという意志を持っていたので、それをいつ切り出そうか…と思っていたのです。

でも「なんとか解決したいんですよね」
とT医師が発した言葉を聞いて、決心は簡単に揺らいでしまいました。

こうやって、医師が私の治療に積極的な態度をとってくれるというのは、本当に有難いです。

↑ ま、冷静に考えれば、お金払うのはコッチだし、医師は解決すべく努力するのが当然なんだけど、
なかなかそういう対応をしてくれるお医者さんはいないのですよね〜

ダンナにこの報告をすると、彼もかなりショックだったようですが、
私が「次の方針を聞きに行く」という話をしたら喜んでくれ、「オレも会社休んで行く。」と言ってくれました。

そのお話について、またご報告しますね〜。

Day11 採卵決定!


Day11

day9はフェリング300単位のみ、day10はフェリング300にガニレスト1本を自己注射してday11の診察。

病院は割と空いてました。11時過ぎに受付をして2時間くらいで終わりました。

内膜は12ミリ。卵胞は右の一番大きいのが18ミリに成長し、更に10ミリ台のが1つ。左側は、もう小さいのがたーくさん見えていて、数える人も大変な様子。4つくらいが14ミリ程度、その他4つくらいあったみたいですね。我ながらすごいと思った。早寝早起き&サプリ乱用の成果?→詳しくはこちら

K医師は、

「E2は1000くらいあるので3個は採れると思う。(1個300くらいだそう)
小さいのをもう1日育ててDay14の採卵でもいいけれど、年齢的に卵胞が大きく育たないかもしれないからDay13でも良いですよ。と言う。」

もちろん、出来るだけ育てたい……。

でもこんなにフルに誘発していてDay14で採卵をした経験がない。(これまで誘発すると11〜13で採卵となった)
粘って小さいのを大きくした結果、主席卵胞に悪い影響が出るのも困る。

更に更に…Day14の日、ダンナが出張で8時の飛行機だという。

「え?じゃあ、その日の採卵になったらアウトじゃない!?」と言うと、
「いや、タクシーだったら30分で羽田に着くから大丈夫」とダンナ。
「でも30分前には空港に着いてたいでしょ?その30分前出発というと7時00分でしょ?6時40分くらいに採精してもらって、スーツ着てタクシー拾って…。そんなバタバタで男の人って大丈夫なの!?」

ていうか、私が嫌だ〜〜そんなバタバタの朝 :(

そんな事もあり、Day13(ダンナ、普通の出社の日)に採卵する事になりました。

「ではお注射の量を増やしましょう」と処方箋の【フェリング300】を【500】に変更。おおぉ。先生、勝負かけましたね!?
今晩23時にhCGの為再度病院に行きます :moon:

前回はボルタレンサポという坐薬を入れて排卵抑制をしたのですけど
今回はガニレストを昨日15時に打っているから処方されませんでした。

ガニレスト
ナサニールなど(GnRHアゴニスト)は、卵の質の劣化の可能性や排卵誘発剤(FSH・HMG)の使用量が多くなるという欠点があります。これらを補うために、ガニレストなど(GnRH アンタゴニスト)が開発されました。ガニレストはナサニールなど効き方は、異なりますが排卵を抑制する効果があります。
1日1回の腹部への皮下注射で採卵の2日前までの3~4日程度注射します。(虹クリニックwebより転載)

帰りはなんと2時間かけて徒歩で帰宅。お花見をしながら神社2箇所、お寺1箇所にお参りして来ました。

■本日のお会計
15,030円  (フェリング1本含む)
■今回の総計
95,100円

Day9 通院


Day9

day2、3、4、5と4日間ゴナピュール300単位、day6、7、8と220単位を打ち診察。

この日は友人とランチをする約束があったので、午前中に病院を終わらせるべく9時30分には受付。

しかし、読みが甘かった〜。終わったのは13時すぎ(><) 友人を待たせてしまいました〜

内膜は11ミリ。卵胞は右の1個は16ミリに成長。左側はもう少し小さいのが3つ、8ミリ以下も更に3つ出来てきた。なんで左だけ数が多いのだろう…? みんなこういうバラツキがあるのかしらね〜?

9日目で16ミリだと、まだhCG打てない。E2値も300チョイにしかなっていないので、もう少し育てましょうという事。注射はゴナピュールからフェリングにチェンジしday9、day10はフェリングにガニレストもプラスします。

ゴナピュールとフェリングは共にHMGで卵巣刺激ホルモンですが、フェリングはLHも含まれているそうです。

医師によると、1年前、4AAが採れた時(その後妊娠)にもフェリングにチェンジしたそうで、それと同じ方法を取ってみましょうというお話でした。

■本日のお会計
34,350円  (フェリング2本、ガニレスト1本含む)
■今回の総計
80,070円

普通に生理がある事に感謝


またまたDAY1

ここんとこ、ジュン君の日記をだだだーっと更新しています。

リアルタイムでは、お墓が決まりお仏壇を入れるために部屋の模様替えをし、私の身体もどんどん良くなり気持ちも明るくなったと思えます。
しかし日記を書いていると、あの時の、嵐のまっただ中にいたような暗い気持ちがフラッシュバックします。

ちょっと気持ちを変えて今の状況を書いておきます。

前回、IVFをキャンセルし、ピルを14日間飲みました。
これをすると翌月、卵胞の数が揃いやすい…と言われているとか。ま、期待します。
ピルをストップすると4〜5日で生理が来ます。
実際、5日で来ました。
これまでも4日か5日で来ていました。
この、当たり前の事。。これが、なんとなく、すごいなぁ〜なんて感動しちゃいました。

この、“生理がちゃんと予定通りに来る私の身体”に感謝しています。

これがあるから、妊娠を考えられるので、
この可能性を与えてくれた、親にも、治療をさせてくれているダンナにも、感謝。

ジュン君が、小さく産まれてしまい、この世では何も出来なかったので、
どれだけ私が楽しく生きているのかという事を実感してしまいます。
そう感じさせくれたジュンにもアリガト♡ アイシテマスforever。

先週、金沢と能登に小旅行しました。

能登に友達がいて会いに行ったのですが、ついでに金沢にも寄りました。
能登の友達はお母さんと二人暮らしで、私はお母さんに初めて会ったのですが、
おそらく、友達が「子供の事は聞いてはダメだよ」と言ってくれたのだと思います。
ダンナの事や兄弟の事は聞かれたのに子供の事は一度も聞かれませんでした。
あったかいな〜。私は本当に幸せなんだなぁ。

このblogを見ている方は、あんまり幸せじゃないかもしれません。
私もそんな日もありますよ。でもきっとお友達や旦那さんやお母さんはあなたを見守っています。
みなさまが明日ハッピーでありますようお祈りします♡ おやすみなさい。