カテゴリー別アーカイブ: 第13回 IVF (培養中止)

Day24 早めなリセット


なんかイライラするな〜。と思っていたら、生理開始!?

早くてビックリ。いつも採卵だけの周期ってこんな早かったかな…? D12で採卵だから、高温期が12日か11日の計算。昔、ある医師が「閉経間近になると生理周期が短くなる」と言っていましたが……(><)

いやいや、あまり考えないでおこう。

今周期は、N医師が「お休みしたほうが良い」と言っていたので、何もしません。

本当言うと、卵胞チェックだけでもしたいという気もするんだけど、ここは我慢。

11月からここまで、結局70万使っちゃってお金も無いもんね。明らかに我が家の収入より支出の方が多く、働いてない私は心苦しいです。

短期の派遣とか探そうかな…。ふ〜

 

 

結果を聞きに…


受精卵が胚盤胞になり凍結出来たかどうかを聞きに病院に行きました。

この病院、どんどんシステムが面倒くさくなり、凍結の確認を電話で出来なくなってしまった。

電話では本人確認が出来ないからなのかしら? 受精確認は電話なのにおかしいよね…。。

いずれにせよその結果が解らないと次回、移植に向けて動くのか、再度採卵にトライするのかが定まらず、気持ちも落ち着かないので、行ってきましたよ・・休日ダンナと二人で行きました。

結果、凍結は出来て居ませんでした :(

一つくらいは胚盤胞になってくれると信じていたので、拍子抜けしちゃいました。

いや、実は1つ、なったんですけども、7日培養でようやく4CCというグレードしかならず凍結するに値しなかったのだそうです。

前の妊娠した胚盤胞は5日培養で4AAですので、、そうですね、凍結出来ないのは仕方ないと思う。

この卵をもし3日培養で凍結、もしくは移植していたとしても、着床に至らなかったのだと思います。

だから私の選択は正しかったのでしょう。

帰り道、いつもの神社に二人でお参りに行くと満開の梅にメジロがとまっていて絵になります。

「これで30万以上かけたのが終わりか…。なんかガックリしちゃうね。」

ダンナが言うので、

「うん。たぶんいろんな条件が今回は揃わなかったんだよ。諦めずにやってきたから妊娠出来たわけだし、きっとまだチャンスがあるよ。」

「そうだね。今回はオレも亜鉛とマカ飲まなかったから、これから毎日飲むよ。お前もちゃんと葉酸とか飲んでね。」

と、このときは前向な事を考えていましたが、
帰宅して時間が経ったら落ち込んで来ました。

本当にチャンスはあるのかな?

いつまで続くのかな?

先日のネガティブA子さんじゃないけど、誰かに電話して話を聞いて貰いたい気分。

仕方ないのでここに書いてます :)  

 

■本日のお会計  1,270円
■今回の統計  389,340円

グレードが悪いと胚盤胞にならないのかな?


原メディカルクリニックのサイトに希望のもてる記事を発見!!

http://www.haramedical.or.jp/content/vitro/000145.html

「Day2・Day3 初期発生」の項目より

フラグメンテーションとは…
 一部の細胞が不規則に分裂して生じるのですが、発生原因はまだはっきりとはわかっていません。 一般的に胚の中のこれの占める割合が高いと着床率・胎児への発生能力が低いとされています。
何年か前まではGradeは不変的なものでありGradeの悪い初期胚から良好な胚盤胞は出来ないと考えられてきましたが、 現在は、フラグメンテーションは再吸収され時間によりGradeは常に変わるというのが真実です。

ふふふ。ちょっと安心した。私の卵たち、フラグメンテーションを再吸収して強く逞しく育ってください。

そういえば、息子を妊娠した時の受精卵も、Day3で6cell・Gread2→Day5で4AA→移植時5AAになりましたし、期待持ってもいいよね?

その時の写真はこちら。

6cell Gread2

3日後初期胚な息子( 6cell Gread2)

5日後胚盤胞な息子( 4AA)

5日後胚盤胞な息子( 4AA)

エコーで見えない卵胞について思う


IVF3日後の補足。この日、特に指名をしなかったらN医師にあたった。

この先生人気があるらしく、指名なしにあたる事はまずない。

処置をした人と結果を言う人が違う事はよくあり、これは責任逃れをするためではなかろうか?

と常々思っている。

「何か質問は…」と聞かれたので、

「直前まで1個と言われていたのが3個採れたのは、エコー室のエコーと処置室のエコーの性能の差ですか?」と聞いて見た。

今回のIVFで一度も私を見ていないN医師は、困った顔で、カルテを見直す。

「そうですかぁ。一個って言われましたか。E2を見ると600以上になっているので2個あってもおかしくない数値なんですね。実際DAY8の時点では見えています。その後見えなかったのは、エコーの性能じゃなくて、言い訳じゃないんですが(汗;)、卵巣は動く臓器なので奥のほうに行って見えにくかったのが、処置の時は全身麻酔で、ぐいぐい寄せる事が出来るので見えてきた…ということでしょう。」

と説明してくれた。

確かに、DAY3では1個→DAY8では2個で喜び→DAY10では1個と言われ落胆、DAY12採卵当日も1個+小1と言われた。

DAY10の時は、エコーで2個と言われた後、W医師に「これは卵胞じゃなく以前から指摘されている嚢胞でしょう」と言われ、1個なら欧米ではまずキャンセルする。と、キャンセルの選択を示唆された。

私は今回、「1個でも採れるときに採ろう」と決めていたからIVFに踏み切ったのだけど、もし、DAY3、DAY8もW医師だったら、キャンセルに気持ちが傾いていたのではないか? と思う。

医師を責める気は全くないのだけど、20mmくらいになってる卵胞がエコーで見えないのって、なんとかならないのかね〜〜??

私にとって1個と3個の差は大きい。これまでもそんな事でキャンセルしたのかも…と思うと、やるせない気持ちになります。

 

3日目の受精卵 成長ぶり


IVFの3日後、その胚をどうするか相談すべく病院に行った。

エコーでは、「左卵胞4.5 x 2.5、腹水…、内膜10」などと言われた。医師によれば少し腫れているが、悪くない状態だということ。

この日朝の時点で、三兄弟はこんな顔に育っていた。

  • 長男( 9cell Gread3 )

    長男( 9cell Gread3 )

  • 次男( 6cell Gread4 )

    次男( 6cell Gread4 )

  • 三男( 8cell Gread1)

    三男( 8cell Gread1)



うーーーぬ。これって、大喜びするグレードじゃないよねぇ。長男、Gread2でも良い気がする…。ジャッジ厳しい〜 :metal:

「良好胚は1つしかないんです。どうしましょう?選択肢としては、(1)今日1つ移植して他は培養して胚盤胞になったら凍結する。(2)今日1つ凍結して他は培養して胚盤胞になったら凍結する。(3)全て培養を続けて胚盤胞になったら凍結する。かと思います。」と。

私は今回含め13回採卵をしています。新鮮胚だったり凍結胚だったり、分割胚だったり胚盤胞だったり、グレートも4AAだったり7分割だったりマチマチですが、

2回しかない陽性に唯一共通しているのは、凍結胚盤胞というところなんです。

人の体質によっても違うかもしれないし、子宮の中のほうが環境が良いから3日目移植のほうがいいという説もありますが、着床した卵を“5日培養”と“3日後移植”で比較出来ないですから証明も出来ません。所詮、「諸説」なんですよね〜。

で、今、私が考えているのは…

培養液の中で胚盤胞にならない卵は子宮の中でもならない。

という事。時間もお金も限られています。医師のいろんな意見に惑わされず、自分の意志で治療をすすめたいと思ったんです。

胚盤胞培養(今の病院は+¥0)・時間(+2日)・私の労力(0) <  移植周期の金額(22.5万)・時間(1ヶ月)・私の労力(通院、移植、投薬)

無駄にお金と時間を遣い、自分の体を酷使するのはやめます。

そんな訳で培養をお願いして参りました。

帰りには、いつもの通り病院近くの神社へ。

「この近くの●●病院で採卵し、今、3つの卵が頑張っています。どうかお力添えをお願いします!」
と祈願。

ジュン君の時、あんなに彼の快復を祈願して、叶わず、

「神仏なんて、なーんもならん…」と、思っていましたが、結局神仏にすがるしかない、、人間って小さい存在だと感じる。

凍結出来たかどうかは、5日後に解るという事。最大7日間培養するということね。

あーー、ドキドキ。神様仏様…。

■本日のお会計  4,420円
■今回の統計  388,070円

精子の加齢はどうなんだろう?


この度の採卵で、
「旦那さんの精子、前回よりも少し悪いです。顕微のほうが良いと思いますが、どうしますか?」
と聞かれました。
前回もそう言われていたから、また言われるだろうと思っていた。
ダンナに、「顕微にしろって言われたらどうしようか?」と聞くと、
「なるべく自然にしたい」と言う。

そもそもが “自然” ではないので、ここで “自然” に拘るのもね…… :nohope:

と思うが、
私も、自然に受精出来ない卵子と精子ならば、そういう力の卵なのだ、、という気がしている。

さて、その男性側の数値、いつも英語で書かれた紙を貰うが何が書いてあるのだろう?
そして、ここ数年でどの程度老化していったのだろう? ちょっと見直してみた。(もちろん被験者はダンナ)

まず、今回の結果。

Semen Analysis = 精液分析

精製前の検査 精製後の検査
Time=時間 08:33:13 09:38:07
Volume(ml)=量 2.2 0.3
Total concentration(Million/ml)=総濃度 59.1 56.3
Motile Percent(%)=運動率 30 60
Progressive Percent(%)=積極的な(前進している)?率 9 38
Path Velocity=経路速度(マイクロ秒) 37.5 68.1
Rapid Sperm=急速の精子(%) 37.5 52

この数値が、顕微授精を薦められる数値らしい。ボーダーラインはどこなんだろうね。

つづいて、同数値、精製前の方を遡って調べてみます。比較のため今回のも入れました。貰った検査項目が病院により違うので、空白のところもあります。

 DATE (AGE) 2014/2(45歳) 2012/9(43歳) 2011/7(42歳) 2010/9(41歳) 2010/6(41歳)
Time=時間 08:33:13 08:43:21 09:42:04 08:49:14
Volume(ml)=量 2.2 2.0 2.2 2.3 4.9
Total concentration(Million/ml)=総濃度 59.1 96.1 121 93.8 151
Motile Percent(%)=運動率 30 63 85 86 81.5
Progressive Percent(%)=積極的な(前進している)?率 9 29 47 46
Path Velocity=経路速度(マイクロ秒) 37.5 34.3 52.6 50.9
Rapid Sperm=急速の精子(%) 37.5 47 75 64

すごい急激に落ちていってますね。。これさ、ダンナに知らせたらショックだよね。
男性はデリケートだというので内緒内緒。

2010年の値はすごく良かったんだな。運動率86%だって〜。今、1/3か…。私の卵胞の数も、1/3になったし、同じ速度で老いてるんだね。仲良しだ〜わーい。なんて言ってる場合じゃないか :think:

この頃、「精子のほうは200点満点です :Peace: 」って言われてた。
この結果を今回見てしまったら、もう次回から「自然で」とは言いがたいなぁ。。

あ、そういえば、2010年に行ったクリニックでは、最初の検査で、「旦那さんの数値が良くない」と言われていたので、亜鉛とマカを飲ませてみたら、すごく数値が良くなった事がありましたよ。今回は二人でミドリムシ飲んだけど、マカと亜鉛飲ませなかったなぁぁぁ。

男性の数値は、その前後の栄養やストレスも出やすいのかもしれませんね。

受精確認


採卵はめでたく3つ出来た。
果たして、受精は……?
医師からは顕微を薦められたが、体外を希望して来てしまった。
1つも受精しないなんて事になったら、「顕微にすれば良かった〜〜(><)」って思うんだろうなぁ。

翌朝、受精確認の電話を待つ。
この病院は医師から電話があるのだ。これまでは、こちらから掛けていたし、聞く相手も看護師さんか培養士さんだったので、珍しいと思います。

W医師から電話があり、「大丈夫ですね。受精してます。」と言われた。良かった〜!!

3つ全部かどうか聞かなかったけど、全部って事よね??? 1個じゃないよね?

次は2日後、育ってるかどうか…。

がんばれ、三兄弟!!!