Day4 さんざん待たされ…


周期4日、通院。

卵胞、両側に見えず…(><)m

今回は凍結した卵を戻すつもりだから、そのほうが良いのですが、卵胞ゼロってのは、やはりしょげる。

この日は午後から美容院を予約していたので、早く出たくて医師の指名をしなかったのだが……、待てど暮らせど呼ばれず、聞きに行くと、「T医師で次の次に呼ばれます」との事。

え〜!? 誰でも良かったのになぁ…。でももうすぐ呼ばれるならいっか。と、美容院に電話して予約を遅らせてもらう。

…そこから1時間経過。

確か30分前に、「次」の方が退出していったので、私は「次」なのだが、全く動きがない。

なんだか、永久に呼ばれないのでは……? と寂しい気持ちになる。

仕方が無い、誰でもいいから早くしてくれるように言おう。

と、立ち上がると、看護師に名前を呼ばれる。

いつもアナウンスなのに、変だなぁ…と部屋に入ると、見知らぬオッサンが座っていた。

「T医師、急にオペ室に呼ばれてしまってね。すいませんね、お待たせしたのに」

とオッサン。

なぬ!? それで私は待たされていたってワケ!?

オッサン「えっと、卵胞が今回は見えて無くて、いいですね…、あっ、移植するって事でいいですよね?」

私「そのつもりです」

オッサン「あとはホルモン値、これも問題無いです。じゃあ、前回同様にシールを貼ってってもらいます。次はDay12か13でいいと思うんだよね。どうします?」

と、いかにも “さっさと終わらせたい” という感じに矢継ぎ早に言う。

Day12に来る事を決め、今回、生理が1週間早く来たという事について聞いてみると、

「まぁ、そういう事もありますね」との事…。

そんな短い周期でも排卵はあったのか?と聞くと、

「無かったなら卵が残っちゃってたりするのが見えるので、あったんでしょう」との事。

ちょっともやもやが残るけど、とにかく15回目のET周期のスタートである。

 

◆本日のお会計
13,410円
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です