(21)火葬


【34日目】(入院1日目はこちら)

翌朝、ナナちゃんの時と同様、朝一番で火葬をする。
なぜ朝イチかといえば、小さな子の骨は火力が強いと残らないので、火の弱い朝イチが良いからだ。

ナナちゃんの時はダンナ両親に気を遣って、わざわざ彼の実家近くで火葬をしたが、
今回は両家から人が来たので都内で行った。

臨海斎場か桐ヶ谷葬祭場か迷ったが、
臨海だと控え室でお別れの儀式が出来るというのでそちらを選んだ。お坊さんにも来て貰った。

臨海斎場
http://www.rinkaisaijo.or.jp/
桐ヶ谷葬祭場
http://www.tokyohakuzen.co.jp/funeralhall/kirigaya.html

母が棺に入れる花を用意してくれる。クリーム色と紫色のトルコキキョウ、蘭。
前日に私達も副葬品をたくさん用意して棺の中を飾り付けて、楽しい雰囲気になっている。
手紙には、「また戻ってきた時迷わないように」と、我が家の住所を記し、折り紙を折った。
たまたま焼いてあった、ダンナ両親との旅行の写真も入れた。
母乳を入れてあげたくて、燃えるように木の升に。

数十分後、灰になったジュン君と対面。小さな骨は残っていた。
いつもふざけている姪っ子たちも、ちゃんと拾ってくれた。

その後は、みんなでお食事会をして解散。

**********回想記 おわり***********

2014年お正月現在、ジュン君の遺骨はまだ家にあります。
お墓は仮契約を済ませて、次は住職さんと会い永代供養料を納め、そこで正式に契約になるという段階に来ました。
ここ数日、記憶をたどって出産と死去について書いていたら、
やはり、妊娠に対する恐怖心が蘇ってきてしまいました(^^;;

移植周期のまっただ中に居るので、もっと明るい気持ちで挑まなくてはね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です