診察


生理が始まって、今日は診察でした。

内診…

今日は子宮筋腫の数と大きさを見ていました。大きいのは2つくらいあるようです。内膜側に出ているのはないので問題なしとの事。

また、卵巣はやはり腫れてるとの事で、一周見送る作戦です。

前回同様、プレマリン2錠を10日間 → プラノバール1錠10日間で 排卵を止め卵巣を休ませ、次の周期で採卵にトライします。
こういうのを「カウフマン」っていうのですって。

「カウフマン」というと思いだすのが、以前参加した不妊治療セミナーで、
一見50歳を超えて見える女性が、何度も何度もこの治療法について先生に訊ねていたこと。
この時答えていたのは、新宿にある大きなクリニックの院長でしたが、説明が難しくて全く解らなかった…。
実体験すると「なーんだ。こんな事か」と解るのに…ていうか、私、飲み込みわるすぎだわね。

さて、このセミナーのとき、発言していた方々は40歳オーバーの方が多くて、、当時37の私、内心ちょっと安心してました。

「私は40までには妊娠してるだろう」「40になってダメなら諦めよう」 こんなふうにも思ってました。

来月40なんですが… うーん、まだ止める気になれないよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です