いよいよ明日移植…そわそわします


周期16日目

いよいよ、明日凍結胚移植です。

なんかちょっとブルーになってきた。

マリッジブルーでもマタニティブルーでもない、ETブルー

移植は一度融解時に卵が死んでしまっていたので、今度8度目になるのかな?
慣れたっちゃあ慣れた。でも、ダメだった経験がどんどんカサんでくると、なかなかプラス思考になれません。

今日は、ダンナと二人で近所の神社に成功の祈願に行きました。

どうかうまく着床してくれるよう、手伝ってください。とお祈り。通じたかな?

帰りに選挙ポスターを見てたら、
みんなの党の川田龍平がうつっていた。薬害エイズ訴訟(東京HIV訴訟)原告の広告塔の彼。以前も書いたけど、20年前にちょっとした龍平ブームがあって、メディアにひっぱりだこだった。
私も、割と好きで(顔とか、勇気とか)、本を買って読んだのだ。

あの頃、不治の病と言われたエイズ、HIVは、現在では完全治癒はしないものの、
生命をすぐに奪う病気ではなくなってきた。

あの頃、川田龍平が、20年後生きていると思った人は殆どいないのではないだろうか?

彼の限られたからこそ自由な人生を見ていると、HIVも不治の病というよりも、
うまく付き合っていく病となり「花粉症」のようなものに感じられる。

「不妊症」もしかり…というと、HIVの方には申し訳ないけど、
私も、この病気ではない症状と付き合ってずいぶん経つわけで、
生活の中で「自由にならない足カセの部分」という気がしてきています。

もちろん、今回で、その足カセが外れる… かな?

明日は寒いそうですね。ダウン着てこ。