胚移植


今日は胚移植の日。
採卵と違い、麻酔を使わないので、食事も普通にとれます。
が、膀胱に尿をためねばならず、これが結構厳しいのだ。
なぜ尿をためるかというと、エコーで中が見やすいのだそうです。
これを忘れると、尿道から食塩水入れられてしまうのです。(前、そうでした)
朝8時頃一回トイレに行き、その後13時まで我慢。おかげて、先生に「あー、よく我慢しましたね~」と言われるほど、溜まっていたみたい。

処置の前には、セルシン(安定剤)とブリカニール(子宮の収縮を防ぐ)を二錠ずつ。
意識は、ちょっとぼんやりとして、歩くとフラっとします。

今回の受精卵ですが、8個あるうち、5日間培養したら、胚盤胞に成長したものが4つ。他4つはグレード3で成長が止まってしまい、
「おそらくもう成長しない」とのこと。

私は前二回の経験から、着床しにくいらしいので、2つ戻そうかと思っていたんですが、生殖医療の先生から、「胚盤胞のグレードが4AAと、非常に良いので、今回は1つが良いのでは?」とのお話があり、そうする事にした。

4つの胚盤胞は
4AAx2
3BAx1
3BBx1
です。前回もグレードはすごく良かったんだけどね。
ああ、今回で終わるとよいなぁぁぁ。

hCGを一本打ち帰宅。お腹に腹巻きして体をあっためています・・

今日の医療費は、
94500円
物価高で、いろんなものが値上がりしたとかで、治療費もあがりました。

胚移植処置:50,000→50,000
胚盤胞凍結(2年):20,000→40,000
—————–
計90,000-
—————–
税込価格:94500-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です