カテゴリー別アーカイブ: 第17回 IVF + 第14回ET(陰性)

周期22日でリセット!?


がびーん、早すぎる。

採卵周期でもDAY26くらいなのに、何もしていない周期で22日でリセットしてしまっただぁ。こんなの初めてでビックリしてます。

子宮鏡やったからなのかなぁ??? 経験ある人いますか??

とりあえず、病院に行って医師に聞いてみます。

子宮鏡検査とクラミジア検査


実に10年ぶりの子宮鏡検査をやってきた。

前々から、「問題無いと思うけど、長いことやってないようだしやってみたら?」と医師に言われており、別段やらない理由もなかったの。

“問題無いと思うけど”……のところ、気になって、どうしてなのか聞くと、

「エコーを見た限り綺麗ですから」との事。

以前、某クリニックの口が悪くて有名な院長が、「子宮ボコボコやね〜」と言った、あの言葉、本当に何だったのだろうか?

さて、当日。検査に向けては食事制限等何もなく、生理の5〜7日目くらいと指定されまして、丁度6日目でした。

いつも通りお部屋に通され、待つこともなく9時JUSTに施術室へ。

そこは採卵に使うのとはちがう部屋です。

緊張がほぐれるよう、以前、心療内科で貰った安定剤を飲みましたが、やはり緊張しました。

子宮鏡検査は、お水を膣内に入れた状態でライト付カメラを入れて中を見ます。

医師が、

「何もありませんね、まっすぐです。」

「これが卵管です」と左右の卵管、黒いポッチを指して教えてくれました。

卵管は取りましたが、もっと上の部分をカットしているから、子宮側には穴があるのです。

胚移植で卵管に着床してしまう可能性がゼロではないと説明を受けることがありますが、

実際見てみると、「こんな小さい穴にわざわざ入り込むわけがない」と思ってしまう。写真が本邦初公開、私の卵管のアナと内膜…

CCF20150410_05

卵管の入り口

CCF20150410_09

子宮内膜

 

内膜がヒダヒダしているのは、内膜がこれから厚くなっていく段階だからだそうで、黄体期に向けどんどんヒダヒダになっていくのだそうです。

検査はあっけなく終わり。カメラを入れていたのは3分くらいか?内診よりも早い気がした。

 

その後T医師とお話をし、先日のクラミジア検査の結果を見せてもらう。

クラミジア検査をした理由は、子宮鏡をするときに水を子宮内に充満させるので、まき散らしてしまうからだそうだ。

結果は

  • クラミジアトラコマティスIgG 陰性 0.25 0.9未満基準
  • クラミジアトラコマティスIgA 陰性 0.73 0.9未満基準

だったそう。上の数値は過去の履歴、下のは現在かかっているかどうかを判断するそう。

実は10年前に「過去にクラミジアに感染した事があるが今は治っている」と言われた事があり、そのことが卵管閉塞の原因になったのではと思っていたが、その後何回かやった検査では全て陰性であった。

医師に、この数値は変わるんですか? と聞くと、「下の数値は現在のだから変わるけど、上のは殆ど変わらない。え?履歴アリって言われたんですか?」との事。

0.25という数値は履歴アリなのだろうか…?10年経てば数値も減るのだろうか…? T医師は、そこら辺の事詳しく解らないようだった。

 

■本日のお会計

2910円

桜が咲いて


いやぁ、本当に忙しい1週間だった。

普段通っている会社の他に友人から頼まれたアルバイトへも行き、着物のお出かけ会もあり、家事もろくすっぽしていない。

そんな訳なので、なかなかblogを更新出来ませんでした。

えっと、忙しい中、ETから12日後、病院にも行ったんですよ。

判定を聞きに。

覚え書きとして、体調変化。

  • 手足冷たい
  • 腹痛少しあり
  • もやもや感あり
  • 胸ははっている

私は冷え症ですが、妊娠した時は手足が温かくなったので、

99%「陰性」の確信があった。

しかし、13分割G1という良い胚ではあるし、可能性は0ではなかった。

医師に呼ばれ、「今回は残念ながら…」という言葉を聞くまでは。。

はーー。やっぱりか。

しかし不思議とこれまでのような落ち込みがない。

おそらく、今の私の日々が充実していて、子供を持つ事への思いが薄れて来たからと思う。

不妊治療に対してモチベーションを保てず、努力が出来なくなった私を、客観的に見て残念にも思うが、いろいろ思い出しては「ほんと、よく頑張ったなぁ〜」と自分を誇りにも思う。

ここ数日は、ダンナに「これで最後」「リタイヤしたいと」と繰り返し告げてきた。

「あなたはどうしたい?」と聞くと、

「まだ卵一個あるし、よくなってきてる気がするし、もう一回IVFやろうよ」と言う。

そう言われると、私だけが満足して終わらせて良いものか…と、またまた迷う。

そんな中、薬をストップして4日後に生理が来て、東京は桜が満開。

久々のゆっくりした平日。デジカメ持って近所をお散歩していました。

引越してきた時は、つるっぱげだった桜の木に、薄いピンクや白の花が咲いています。

「あなたたちは本当はこんな美しい姿だったのね〜」と語りつつ、一緒にいたはずの息子の事を思い涙が出ました。でも本当は一緒にいるんだよね…。

cherry09

桜を見ると、「来年の桜は子供と一緒に見ていれたらいいな」と願っていて、年々見るのが辛くなっていったけど、今年は新しい土地にいるせいか、とても嬉しい。

さくら、大好き♡

ていうか、まとまりのない日記になりました。

陰性でしたが、私は幸せです。

あ、そうそう、次は子宮鏡検査をやります。

■本日のお会計 9,810円 (子宮鏡前のクラミジアチェックも含む)
■今回の総計 745,050円

移植7日後のホルモン値


Day24

ETから7日後、病院へ。

前回同様ホルモン値測定のみ。

医師に呼ばれたので、「ああ、ホルモン値が足りないんだなぁ」と思う。

「E2のほうは上がって来てるんですが、PGNが足りないので、注射を打ってください」

と案の定言われる。

4日後…E2:96.3 PGN:13.67

7日後…E2:174.9 PGN:8.52

PGNは10あって欲しいとの事です。

プロゲテボー125を打ち帰宅。

 

■本日のお会計 8,020円
■今回の総計 735,240円

移植4日後のホルモン値


Day21

ETから4日後、病院へ。

この日はホルモン値の測定のみ……のはずが、採血後エコーに呼ばれた。

あれ??前回は血液検査だけだったのに? また病院のシステム変わったのかな? 内膜見るのかな?

下着を脱いで内診台に乗ると…

「あれ?今日エコーやるって言われましたか?」と医師が言う。

どうやら間違いだったみたいで……(*^^*;)

エコーあると思っていなかったから、変な靴下(ピンクのPUMA)履いていたの見られちゃった。

あっ、

ずっと知りたかった事があったのを今思い出しましたのでアンケート!

皆様、内診の時、靴下は脱ぎますか?

私は昔昔、治療をスタートした頃は「下半身裸で靴下」っていうのに抵抗があり脱いでいたのですが、慣れてくると、「医師はそんなの気にしないよねぇ。どっちにしろ恥ずかしいカッコなんだもん」と開き直り、履いたまんまになりました。

冬場なんかは靴下脱ぐだけでも寒いしね〜。

 

そうそう肝心の採血結果、ホルモン値。

医師の面談はなく、看護師から結果を聞く。

E2(エストラジオール=卵巣ホルモン):96.3

PGN(プロゲステロン=黄体ホルモン):13.67

PGNのほうは、まぁまぁ上がっているのだけど、E2がイマイチとの事。

ちなみに前回の記録を見てみると、E2:343, PGN:25。この時はシールも2枚、膣剤も2個なのに、新鮮胚だから高かったのかなぁ〜? でもその後ガクッと下がっているし、この数値が高いから妊娠しているという訳ではないのだ。

諦めるのはまだ早いね。

■本日のお会計 5,360円
■今回の総計 727,220円

子宮前屈と後屈


移植の日に医師から、初めて聞く話をいろいろと聞いたので皆様とシェアしたい。

移植の時にお小水を貯めておくのはどこの病院でも同じ事だと思うが、

それにはちゃんと訳がある。(当たり前か)

移植時はお腹からエコーを撮り、子宮の中を見るのだが、エコーというのはお水の中をよく通すして見えるらしく、お水が無いと見えにくいのだそう。

「魚群探知機は水の中だからエコーですが飛行機ではレーダーでしょ?」と医師。

相変わらず面白いなあ。

つづけて、「まぁ、それもね、人によるのよ。子宮後屈の人なんかだと、貯めておいて欲しいけど、前屈ならそんなに貯めなくても大丈夫だし、本人も辛いしね。」と言うので、

私は後屈なんですか? と聞くと、前屈*だそう。前屈っていうのは、いいの悪いの??

このサイトに良い図がありましたのでリンク。

LADY’S HOME 5.子宮後屈って、異常なんですか?
http://www.ladys-home.ne.jp/faqsite/ans-files/FAQ-A/FAQ-A5.html

なるほど、横から見ると子宮がお腹側によっているのが前屈、お尻側が後屈。
前屈なら膀胱に近いからエコーが見やすいという事だね。

前屈のほうがポピュラーで、昔は「後屈は妊娠しにくい」と言われたそうですが、現在では変わらないと言われているそうです。

その後、お忙しいはずなのに、エコーについて、いろいろとお話してくださいました。

採卵でお小水を出すのは、卵胞に水が溜まっているから、周囲に水がない方が見える
とか、
すごい便秘の人だと便を避けて採卵するので大変。
など。なるほど〜。と感心。
便秘の人は、よく嚢腫と間違えられるそうですよ。白黒のエコーで判断するのは難しいのですね。

ちなみに私は1日1回出ていて、便通は良い方だと思っていましたが、W医師の話では、「食べたら出るのが自然。三食食べたら三回出るです。」との事でしたので、やや便秘な事が解りました。

うちのワンコは食べたらすぐ出していて、
「お前の腸はどうなってんの?」と不思議に思っていたんだけど、それが自然なんですね。

*****追記*****

後にT医師から、「子宮は動くのよ。その日によって違うの」と訂正されました。

私はこの時、前屈と言われましたが、実際移植時は後屈だったようです。

14回目の移植 備忘録


Day14

タイトル通り14回目の移植。

採卵と同じW医師が担当してくれた。

10時30分に病院へ。

先に採卵、その後移植で、採卵の人数により移植の時間が前後する。

この日は人数多かったようで、大変待たされた…

途中、一人の患者さんが受付で怒っていた

事前予約の必要な医師を指名したのか、

「どうして予約時間に来ているのに何時間も待たされるの!?  この前も●時に来て診察したのは○○時、今日も…」

私は、

この手の病院はそれが当たり前なのよねぇ…。

と思いつつ、

確かに、今日なんかは、採卵も移植も人数は解っていて、経験則である程度読めるはずなんだから、一律でこんなに早くこさせなくてもいいのになぁ…とも考えた。

「申し訳ございません。」という受付の女子。あまり申し訳なさそうな顔ではない。

「あなたに謝られても仕方ないの!! システムがおかしいって言ってるの!!

最初、「あんなに声を上げてみっともないなぁ…。みんな忙しい中、我慢して待ってるのになぁ…」と思っていたが、

だんだん、応援する気持ちになってきた。

私はクレームを言わないで我慢してしまう事が多いが、だまったまんまじゃ、世の中変わらないものね。こういった苦言を言ってくれる人がいるから病院も動く、社会も動くのだ…。有難いと思う。

私の分まで怒ってくれて有り難うございます。←っていうか、自分もそう出来るようになりたい。出来れば、相手に嫌な印象を与えないようにクレームを言えるようになりたい。

12時30分頃、医師に呼ばれる。

「お取り置きしていた(^^) 13分割の卵はちゃんと戻って来ていますよ。」とW医師。

「ホルモン値は、、、あら?シールは今朝貼り替えましたか?」と聞かれて「はい」と答える。

具体的には聞いてないけど、あまり効果が出ていないよう。

エストラーナが4枚から5枚へ
ルティナスが3個から4個にUPした。

ルティナスはいっぺんに2個いれるとの事で驚くと、

「入ります!」と医師。

まぁ、入るだろうけどさぁ。

(やってみたところ、一日3回よりも2回になって、楽かもしれない。)

「お部屋に呼べるのが14時を過ぎてしまうので、お出かけなさってください」
との事。

また、お小水は1時間後にしてその後貯めておいてください。

と言われる。

その他にもW医師ならではの、緊張をほぐす面白い話を聞くことが出来たけど、それはまた次の機会に。

言われたとおり、外出。

いつもの神社で神頼みして近所のコンプレックスへ。どこかでお昼を食べようと、そぞろ歩くが、一人だとなかなか高いランチ代を出す気になれず、最近お気に入り、セブンイレブンの手包み特製豚まん
と、持参した魔法瓶のルイボスティーをベンチでいただいた。
http://mognavi.jp/food/916012

魔法瓶は、移植前後にお腹を温めておこうという、今回初の試み。

14時に戻り、30分くらい待って個室へ。

TVを付けるとMXTV。前の患者さん、レアなチャンネル見てたんだなぁ。

上沼恵美子の司会で面白くてケタケタ笑ってしまった。

怪傑えみちゃんねる
http://s.mxtv.jp/emi/

呼ばれたのは15時過ぎ。来院から4時間半経過。確かにシステムが悪い。

 

移植は、「あまりお小水貯まってないですね」と言われ、焦った。

以前、貯まって無くて、尿道から生理食塩水入れられた事があるから…(><)

「まぁ、なんとかなります。下から見ますから」とW医師。

ほ〜。助かった。

そういえば、移植の時、部屋の照明を消して、手元のライトだけでやっていた。

これって前からだっけ?

実は、以前T医師に、「ここの採卵は煌々とした照明の中でやるので恥ずかしいかった。他のところでは照明を落としたりする」と言ったことがある。

その時、T医師は「なるほど〜!」とうなずいていたけど、そういう声を拾ってくれたのかもしれない。

ここからが、結構待たされる。お腹からのエコーが見れないので下から、というのも含み、カテーテルの長さを測って挿入した状態を医師が抑えたまんま、看護師が培養室へ行き、培養士が卵を持ってくる。

たぶん、これが、卵の状態をキープするための手法なのだろう。ここはクレーム言わず、我慢我慢。

医師はカテーテルを抑えたまま、培養士が卵の管を通し、「プッシュプリーズ」という声でプッシュ。こちらには何の感覚もない。

ところでいつもの疑問、カテーテルの長さ「北里ロング2」。北里大学で作ってる、長いタイプの2番なんだろうか? 調べてみても解らない。誰か教えてください。

移植が終わり、管に卵が残ってないかをチェックし、ベッドに移されお部屋で15分休息。

そのまま帰宅となる。

渡されたART報告書を見ると、13分割G1 内膜17.9と書いてある。ここで分割が進んでいないのがとても気になる。いや、単に調べ直してないだけかもしれない。内膜が17.9と厚い事をラッキーとしよう。

 

 

■本日のお会計 181,400円
■今回の総計 721,860円