カテゴリー別アーカイブ: 整体

クリスマスだけどカイロプラクティック


Merry Christmas!

皆様素敵な夜を過ごされましたか?

私は、イブの日はカイロ、夜は家でローストポークとビーフシチューで質素にお祝いしました。

カイロプラクティックは、以前行っていた銀座のお店ではなく地元のお店に行きました。

このまえの採卵直前、左の卵巣が見えるようにと通院し、ちゃんと見えて採卵してもらえたし、移植までにもっと身体を調整してもらいたいと思っています。

ここの良いところ、2つあります。

1つは、安さ。

銀座は場所がら高くて7000円/約1時間でしたが、こちらは5400円/約1時間です。そうは言っても週一で通えば月2万円で、なかなかの出費なのですが…。

もう1つ、

実は施術の人がイケメン なのです!

カイロって、かなり密着するので、、うぷぷ…ひそかに喜んでいるワタクシです。(ほーんと、最近おばちゃん発想になってきた)

 

この日、施術中、イケメンの彼が

「今、お子さんはお留守番してるんですか?」

と聞いて来ました。

何故そんな事を聞くかというと、問診票に「出産経験がありますか? ○○年 ○○月」という記入欄があったので、

ちょっと悩みましたが、施術する上で必要な情報なのかと思い、2年前の出産の記録を書きました。

「お子さんがいますか?」ならば「いません」なんだけど、出産経験があるのは事実です。

さて、

そんな質問があったので、「いいえ」と答えると、更に、「預けてるんですか?」と詰めかけます。

この医院は「お子様も一緒にどうぞ!」と看板に掲げているので、おそらく、それを薦めてくれるつもりだったのでしょう。

仕方がないので、

「うち、死んじゃったんで…」

と答えました。

びっくりするかな?と思いきや、普通にもみもみしながら、「二年前に産まれてですか?」と突っ込んできます。

「はい。早産だったので…」

と返答。

そうですか…。と、それでその会話は終わり、その後他のお話をしました。

以前の私は子供が亡くなったという話を出来なかったし、話せば泣いてしまったのに、最近は、冷静に語れるようになりました。

心の傷が癒えてきたのだと思います。

DAY12 採卵


DAY12

前回はメンズクリニックで採精し、それを持ち込み受精させてもらったが、別段結果が良いわけではなかったので、今回は普通にクリニックで採精としてもらった。

朝、ダンナと電車でGO。

9:30。到着するとすぐにダンナだけ連れ去られ、私も個室に案内された。

しばらくするとノックがしてダンナが入ってきた。もう終わったらしい。早い(^^;) 採精室の雰囲気はどうだったか聞くと「まぁ、普通。この前より良い。」との事。考えてみると彼も色々な採精室を体験していることになる。

「採卵は11時の予定ですが、前倒しになると思う」と言われた通り、10:30くらいには処置室に入っていた。

私はE2値から、左側の卵巣に卵胞があるのではないか?と疑っていて、カイロプラクティックに行き、骨盤の位置を調整してきたのだが、更にストレッチをして万全を期した。

そうそう、前回、お小水が溜まっていて、処置前に抜かれるという失敗を犯したのですが、その時は水を普通に飲んでいたのでした。水は朝7時以降ダメという注意書きを前回は貰わなかったような気がします。

今回はお小水大丈夫だったみたい。

ここでの採卵は二度目。

ここは、こちら側に見えるモニターがないのでつまらない。
消毒、局所麻酔、そして採卵。と、医師は手際よく進めて行く。優しい看護師さんが私の手の上に手を置いて、いちいち「次は○○ですよ。痛いですよ。」と声を掛けてくれた。

右の卵胞を取り、しばらくするとスピーカーから「卵子二個あります」と声が聞こえた。

良かった。ひとまず二個は採れたんだ。

その後医師が「左行きます」と言う。

もしかして、左側の卵胞あったの!? 左側のチクっとする痛みを、嬉しく感じていた。

結局左側にあったかどうか解らなかったが、

個室で待機していると、培養士さんが精子の表をもってやってきて、3eggsあった事を教えてくれた。

三個採れた〜〜。うれしい〜!

培養士さん、「ダンナさんの成績が非常に良くて、振り掛けをオススメします。」との事。

ダブルでうれしい〜!!

その後医師がやってきたので、「左に卵胞があったんですか?」と聞くと、「ありました」と言う。

そっか。やはり、あったんだ。見えない場所にいるだけだったんだ。

一昨日のエコーでは右2つだけはハッキリ見えていて、左は、どんなにグリグリとしても見えて来なくて、医師も「総じて左はぜんぜん育ってきませんね。」と、左側は機能していないような言い方をしていたが、ちゃんと生きてますよ〜〜! と、得意な気持ちになった。

お会計をしてランチして帰宅。一日中ウキウキしてました。

しかしやはり採りにくい場所なのか、今回出血がけっこうあった。痛みはない。

■本日のお会計

220000円

■今回の総計

255745円

【レビュー】Styleを買ってみた


お引っ越しした先の近所、といっても車で15分くらいのところに、島忠がある。

そこで、こんな商品を販売していた。

営業マンが「売ります!」って感じに張り付いていた特設ブースなので、押しに弱い私は座らなかったが、ダンナは座ってみて、
「おっ、これ、すごくいい!」と気に入った様子。

放っておくと目的のものを買わずに、違う物ばかり買ってしまいそうなので、「また今度ね」と引きずり出してきた。

しかし、時はクリスマスシーズン。

収入が少ない私は、確か誕生日プレゼントもあげていなかった。

そこで、クリスマスプレゼントに購入。シマホじゃなくて、楽天で (*^^*)、2個セットの赤と黒。素敵な膝掛けも付いてきましたよ。

しばらく使ってみての私の感想。

こういった骨盤矯正のクッションみたいなものは何度か購入し、その都度、可も無く不可も無しという印象でした。

Styleは、座面だけでなく、背もたれ部分も共同で「矯正するわよ!」と圧迫される感じ。

正しい姿勢(背にもたれ、足をカカトから床につける)で座ると、良くなっている感じがしなくもありません。

というか、ハーマンミラーの15万する椅子に座るより、女子の腰にはフィットして良いのではないか?って気がしないでもない。

仕事するとき、座面が平坦なAskleのスタッキングチェアの上にStyle敷いて使ってます。

整体と骨盤矯正


IVF前に行った骨盤矯正。

腰痛は消えないけれど、その直後は左右のバランスが真っ直ぐなのを実感できたし、見えなかった卵胞もクリアになっていた。

移植を前に再度訪れる。カイロならば、私はごろんと寝たまま、施術師さんがマッサージしたり、ポキポキやったり、されるがままなのですが、こちらの整体は、何度も立たせて変化を見たり、足に力を入れて反動力でバランスを調整するから、結構忙しい

調整後、電気で血流を良くする。

↑ これって電磁波どうなんだ!? と、思ったが、ひとまず忘れる事にした

前日仕事で殆ど寝ていなかった私は爆睡。起きて鏡を見てビックリ。自分のほっぺたがピンク色になっていた!!こんな色のほっぺた、見たことがない。暖まったんだなぁ。ちなみに移植前の現在、プロゲステロン膣坐薬を朝晩挿入。採卵の治療のためのフロモックスを朝昼晩飲んでいます。

膣坐薬は結構溶けやすく、どろっと出てきてしまうのでナプキンも着用しています。

 

夜はお風呂に浸かり、ここでも爆睡。zzz

今朝は体が暖かく、朝の散歩時に「今日あったかいね。」と言うと、ダンナが「そう!!?そこそこ寒いけど?」と答えました。

ぽかぽかな私。移植に向けがんばります♡

アキレス腱を柔らかく


体が堅い。

アキレス腱は特に堅くって、和式トイレでしゃがむと後ろに倒れてしまうので、つま先立ちしなくてはならない。

私が小さい頃は家も学校も和式。

体育の時間も、このポーズになる事が多くて苦労したが、

比較する事もなく、他人との差に気づいたのは中学校の体育の授業の時だった。

平均台上で前転(でんぐりがえし)をして立ち上がる、というのが出来なかった。

でんぐりがえしは出来る。

その後、立ち上がるには、足首を曲げて前方に体重を移動させなくてはならないが、それが出来なかったのだ。

それまでは、どうやら勢いで立ち上がるか、体重を左右に寄せ手をついて立ち上がっていたらしい。

体育は割と得意だったので、先生も「なんでこんなのが出来ないのかしらね〜?」と不思議そうだった。

 

ま、一般的な生活に支障がでるほどではないのだけど…

不妊治療をしている中で、

血流とか冷えとか、そんな事が気になりだしてきて、

鍼やお灸、足湯、生姜、漢方、と試みたんだけど、暖かくなるのは一過性で、冷え症は治りはしない。
特に左足はいつも冷えている気がしている。

どうして冷えているのかって言えば、血流が滞っているに他ならない。

血流が悪いのは骨盤がずれていたり、そもそも体が堅かったりするのも原因と思われる。

足首の冷えは「子宮」の冷え、とヨガで聞いた事もある。

ふくらはぎは「第二の心臓」と、カイロプラクティックの人は言っていた。

 
こちらは検索したら出てきたサイト。リンクしておきます。

ふくらはぎは第2の心臓〜玄々堂君津病院
http://www.gengendo.jp/index.php/guide-inhospita/features-mainmenu.html
★なるほど、ひらめ筋がポンプになって血液やリンパ液を上に押し出すんですね。

卵巣と子宮と足首の関係についての考察〜カイロ・鍼灸・整体施術師さん
http://satolux.exblog.jp/i15

そんな訳で、予てよりストレッチボードを買おうと思っていたのですが、

案外高いので手が出なかったのです。

ところが、これを見つけちゃって、購入しました〜!

買って2週間。

毎日、TVを見ながらとか、10分以上は乗っていると思います。

相変わらず堅いのですが、少しずつ伸びていると思います。
以前は辛かったヨガの戦士のポーズ、後ろ足のアキレスが伸びているのを実感しています。

このストレッチボードの難点は、表面のボコボコ。足つぼを押す効果があるという事ですが、ここでやらなくても良いような気が。。。痛いのでタオルを上に置いています。

これが治療に役立つかどうか……それは次回の通院のお楽しみです♫

高濃度ビタミンCでガンが治る?


カイロプラクティックに週一通っています。

腰痛は普通にしていたら全く感じません。「大股で歩くように」と言われているので意識して歩くと仙骨や大腿骨のあたりが少し傷みます。

さて、そのカイロの待合席にいくつか本が置いてありまして、読んでみて面白かったのでご紹介。

ビタミンCは人にとって良い事はみなさんご存じ。
でも、ガンが消える!?

なんか、その手の眉唾商品、よくあるじゃな〜い。

そう思って読んで行くと、

ただのビタミンC摂取ではなく、超高濃度ビタミンCを静脈に点滴するのがいいんですって!!

この本には、数多くの患者さんが元気になってしまった例が載せてありました。

水も飲めなかった乳がんの女性が、点滴を打ったらすぐ、水をゴクゴク飲み、ケンタッキーフライドチキンが食べたいと言い出したり、

寝たきりの85歳の男性、もう意識も殆どなかったのが、歩けるまでに快復したり、

実際に数値を測ると、ものすごく良くなっていて、家族も「この数値は誰か他の人のじゃないか?」と疑う始末。

私は、あまり身内にガンの人がいないので、そんなにこの治療に興味は無かったのですが、
読んで行くと、「肌がツルツルで白くなった」「薄くなった髪が生えてきた」などの
「アンチエイジング」効果もあると書いてあり、俄然興味湧いちゃいましたよ!

だってさ、何かしら女性の機能も若返るかもしれないじゃないですか?

この本の筆者は癌家系なので、「予防のため月2回点滴している」との事。

それならば、私はアンチエイジング目的に、一度行ってみようかな〜なんて思案中です。

現在は、結構、たくさんのクリニックでこの点滴を受けられるよう。

価格は20000〜30000円くらい。

不妊治療にくらべたら安いもんですよね!

こんなサイトまで存在したわ。点滴が受けられる施設がのってます。
http://ビタミンc点滴.net/

著書、柳澤厚生氏のクリニック「スピックサロン・メディカルクリニック」
http://www.spicclinic.com/

ダンナの習い事


先日カイロ行った時のこと。

施術師はKさん一人だから私がやってもらってからダンナの番。

私はダンナが終わるのを少し離れたソファーで待っていました。

すると、こんな会話が聞こえてきます。

「右足を前に出して踏ん張ってしまうクセがありますね。ピアノを習っていた人に多いんですが、習ってましたか?」

うぷぷ〜っ ダンナがピアノなんてやってた訳ないじゃん!!

顔見て言ってよね〜。

うけるんですけどぉ〜。

と思っていると…

「小三くらいまで」

と、思いも寄らない返事をするダンナ。

え、、え〜っ!?

「あなたピアノ習ってたの!?」

「習ってたって程じゃないけど…」

「どういう事? 先生の所に定期的に行ってたんじゃないの?」

「ウチに来てたかも。アニキと一緒にやってたから。五年間くらいかな…」

「何それ!? 立派に習ってるじゃん!? じゃあ弾けるんだ。」

「弾けないよ。最初のショパンくらいまでだったから…」

信じられません。

確かにアップライトが彼の実家にあり、たまに酔っ払って私が「猫踏んじゃった」を弾きますが、彼が弾いたのを見たことがなかったし、これまでピアノのライブは二人で何度も行っているのに、、私が小さい頃習いたかったけど経済的な理由で習えなかった事も知ってるのに、、

その話題が出ないとは…!  なんだろ、この男? って不思議な気分になりました。

知り合って13年、結婚10年ですよ? ダンナの小さい頃の習い事や部活がなんだったかって皆さん知ってますよね??

そういえば、他にもあったわ。

「日舞」

日本舞踊ですよ。 お母さんが習っていたから一緒についていって踊っていたらしいです。

あらためて、ヤツはお坊ちゃんなんだなぁ〜と

思いました。