DAY12 採卵決定


DAY12

結局その後もクロミッド、D3から11だから10日間か、朝晩1錠のんでの診察。

この日は久々のK医師。この人は淡々としているが、どこか温かみがあり話しやすい。

やはり卵胞は1個。しかし、E2が300を越えており、採卵を決定しなくてはならない段階だ。

実は前日の私は不安で眠れなかった。

その数日前、夫婦で小田原に小旅行をしたのだが、そこでケンカが絶えない。

私の嫌いな「ういろう」を彼が買った事に激怒したり、すぐに切れてしまう自分がいた。

ダンナだけでもストレスなのに、子供なんていたらもっと大変。

体力的にも、これからいつも子供を抱いていなくてはいけないなんて、考えただけでも疲れてしまう。

そうこうしているうち、どこかの家で、叫び声が聞こえてきた。

どうやら、子供が親に怒られて泣いているのだが、泣き方が尋常ではなく「ごめんなさーい」と何度も叫んでいるのだ。叫ぶっていうのは、その親から隔離されている、のではないか?と想像する。いま児童相談所に電話するかと悩んでいる。

親が子供に虐待をする、

「しつけ」との境は、その家々で違うだろうが、

私のように、ダンナが思い通りにならない事で癇癪を起こす人間が、もっと思い通りにならない子供を相手に、うまくやっていけるのだろうか…。

病院で診察を待つ間も、キャンセルすべきか否か、迷い、ダンナに電話した。

ダンナは「どちらでもいい。」と言い、その言い方が無責任と感じたのか、「あ、いや、お前のスケジュールで決めていいよ。忙しいなら来月でもいいし。」と言い直した。

今、同時にスタートしようとしている案件が2つ。待たせている案件1つ。見積もり出しているのが1つ。

どう考えても、これからのほうが忙しい…。

よし、やる。

 

と心が定まった。

この病院では基本全身麻酔で採卵をするが、これがなんと5万円も取られるので、局所麻酔にしてもらう。IVF前に心電図やレントゲン、といった検査も必要で、これは逃れられなかった。

実は区で無料の健康診断をうけたばかりで、この結果を持って行けば免れる検査もあったのだけど、残念ながらそっちは結果がまだ出ていなかった。

また、これまで夜HCGで排卵促進をしていたが、今回はブレスキュアでの促進にしてもらった。

■本日のお会計

32120円
■今回の総計:114300円

 

Follow me!