神社でお参りの仕方


一年ぶり、霊能者Oさんと会ってきました。

前回の日記はこちら

 

今回は転職したはいいが、ブラック色漂う会社にもう嫌気がさしているダンナも一緒です。

Oさんの力というのは、神棚に祈りを捧げ、私達の先祖を呼び出だし、私達に憑依させ、頼み事やアドバイスを聞き出すと言う物。

聞き方も答えも「YESなら手を前に、NOなら…」と誘導尋問に近く、疑えばキリがないが、それはおいておくとする。

今回ダンナの方には、ダンナが生まれる前に亡くなったお祖母さんが現れた。

その方は、はっきりとは言いたがらないが、子供を自ら流しているという。それで、その事を悔やんでいてその子の為に供養をして欲しいという。

「この家に跡継ぎが出来ないのはそのせいか?」とOサンが聞くと「ちがう」とのこと。

ダンナが知りたがっていた会社の事は、「無理に転職せず、今のままでしばらく辛抱すれば違う道が現れる」という話になった。

私の番では、やはりダンナ側の7代前の男性のご先祖が現れた。この方は神官なのだそうだか、神域で、木(ご神木?)を切るなどの悪行を働き、その罪を神様に許してほしいと願っているのだそう(←ちゃんと祈ってから切るなどの手順が必要なのだそう)。

Oさんはまた、跡継ぎの話をする。「ご先祖様が神に許されていないから子供が出来ない。」との答えだった。まぢ?

Oさん、「では、この者が代わりに7日間氏神に参り、その後お百度をふみ、また体外受精をすれば子供は出来るか?」などと聞いている…(;゜ロ゜)

出来る…と言いそうだったが、あいまいな答えだった。

ちなみにOさんは養子縁組や体外受精すら反対のようだったのですが、こうなった経緯をざっと話すと理解はしてくれたようだった。Oさんの印象では、私達夫婦はもう一度トライすれば出来ると思うというのだが…。

体外受精をもう一度…?

いや、今は考えたくない。

 

それはともあれ、7日間お参りは必ずすると誓ってきたので、本日から開始した。

やり方を忘れないように書いておきます。

家を出るときに、「○○家の7代前のご先祖様。今から氏神様にお参り行くので一緒に行きましょう』と言い、連れて行く。

神社では、鳥居をくぐる前に一礼をし、「今から○○家7代前のご先祖と一緒に鳥居をくぐらさせていただきます」と言い、くぐる。参道の中央は神様の道だから通らない。

お賽銭は7日間同じ金額を入れる。変わらない心を示すのだそう。

お参りの仕方は詳しく聞いていないが、私は「七代前のご先祖様の悪行をお許しください」と祈った。

帰りは鳥居をくぐる前に、ご先祖様に一緒に帰りましょう、と言う。そうでないと取り残されてしまうのだそう。

7日無事に終わったら、改めて熨斗袋にお金を入れて賽銭箱に入れ、無事に終わった事をお礼する

が終わり、鳥居をくぐった時、全身に鳥肌が立ち、本当に7代前のご先祖様と一緒に歩いている気がした。

そして、が終わって、参道を戻る。ああ、行くときには狛犬の顔をちゃんと見なかった…と振り返る。可愛いタイプの狛犬でした。そして、さあ帰ろうと踵を返すと、ちょろちょろと動く影が……

なんと、蛇…だった。

動物園等の施設以外で蛇を見るのは、覚えて居る限りは過去3回。

蛇は神様のお遣いと言いますが、

こんな時に、こんな所で会うのは、やはり何かの意味があるのではないでしょうか??? うーん、それがもっとハッキリ解ると嬉しいのだけど、そういう能力皆無で悲しいです。

私としては、ご先祖様も神様も喜んでくれているように思い、とても素敵な気分になりまして、ダンナにLINEをしました。

私「お参りしてきました。なんと、そこで蛇にあったのよ!」

ダンナ「すごい!! 宝くじ買ったら」

 

……うーーん、そうじゃあなくてさぁ。 ダンナの欲深さに涙する私でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!