病院別必要書類


これまで4つの病院に行き、それぞれで東京都の高度不妊治療助成金の申請をしてきましたが、それぞれ必要書類少しずつ違います。

これまでの病院の必要書類を書いておきます。

総合病院A)
領収証不要。
用紙も窓口にあり、金額も日付も先方で記載してくれた。
証明書の手数料は@3,380
これに簡易書留の代金340円。
申請してから1.5ヶ月かかった。

クリニックB)
ここは1回しかIVFしていないので、記憶がうろ覚えなんですが、
領収証は不要であったと思う。
手数料も無料だったような…。
書留の料金380円のみ。
申請してから3週間で到着。

クリニックC)
ここで初めて領収証(原本すべて)が必要になった。
しかし、確定申告に出したいからコピーでいいか?と聞くとコピーでも良いとの事だった。
手数料は無料。
書類は手渡しだったので送料も無料。

クリニックD)
ここでは、領収証のコピー(原本不可)に加え、IVFの請求書のコピーも必要であった。
請求書なんて捨ててしまったと思っていたので、焦ったが、なんとクズ入れに入っていて難を逃れた。
なぜ領収書と請求書両方必要なのか、皆目不明。申請をしにくくさせているとしか思えずユーザーフレンドリーではありません。
手数料は3150円。

総合病院E)

領収書は不要。医師に書いて貰うはずの「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」に自分と夫の名前、治療期間を書くようにと言われた。

手数料はこれまでで一番高い5250円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です