独り言


酔って書いてます。

こんな小さな事象でおちこむなんて、被災者の人に顔向けできませんが・・

毎日、犬の散歩に行くと、保育園児の散歩と出会います。

「わんわん」と、小さな子は馬鹿のひとつ覚えのように発します。

私からすると、「わんわん」は私の大事な子で、よその子が彼に危害を加えないかヒヤヒヤしています。

それはさておき、

最近、子供一人一人がとても貴重に見えてきました。
幸せそうな親子をみると、

「あなたは、自分が貴重な存在だと知ってる?」

と、心の中でといかけています。

私は何が言いたいか?

う。。何かな?

我が子に当たり前のように出会えている事が、恵まれてるんだって言いたいのです。

うちの子は、私に似てヒネクレ物で、なかなか姿を現しません。

すぐそこに居るのに、いつも邪魔が入ります。

さっき、ダンナに「もう止めたい?」と聞くと、

「お前は止めたい?」と返され、

「私は、止めたら会えなくなっちゃうと思って・・」と言うと、

「一昨日くらいまで、居た気がした」と彼が言いました。

きっと、彼も、私のような気持ちで思い入れをしてIVFに臨んでいたのでしょう。悲しいのは彼も一緒なんだ。

私には、彼が貴重な人なんだなーーー。って、

なんていうか、だんだん解ってきました。

うちのダンナ、いいヤツです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です