プロゲストン


ET4日目 体温36.30

今日は移植後初めての注射でした。
注射は、ここの病院は打つ時名前を言わなくて、何を打たれているのか解りません。

結構、他の病院では診察券を渡したり、打つ前に薬剤を見せてくれ、「×××を何ミリ」と教えてくれていたので、珍しいと思います。

今日は薬の名前を聞いてみました。

プロゲストンだそうです。黄体ホルモンです。 前回の胚移植時もプロゲストンを打っていたのをこのblogで知りました。

ああ、でも自分の前回のblog読んでたら、痛い感じの内容ばかりで… マイナス思考になっちゃうから、もう見ません。

日本blog村の不妊治療blogもね、出来るだけ「不妊から妊娠」というカテゴリの人のを読んでいます。
その方が希望が持てるもんね~

プロゲストンですが、打つ時はそうでもないのに打った後数日間痛みが残ります。
前回肩にやってもらったら痛くて荷物を持つもの億劫でした。あ、まだ触ると痛いや…

ですので、今日はお尻。よくもんだ方が痛みは残りません。でもお尻をモミモミするのは人目が気になる。

今はプラノバール1錠を毎晩飲んで二日にいっぺんエストラーナ3枚張替えしています。

今日のお会計… 注射3回分は後でまとめて清算だそうです。