区の助成金


各都道府県では、それぞれ高度不妊治療にたいして最高15万円(ほとんど、この金額だと思う)くらいの助成金が出る事を知っている方は多いと思います。
私も、昨年度申請し、東京都より約12万円頂きました。(昨年は治療費が安かった)

しかし、区でも更に上乗せして最高10万円の支給がある事は、つい最近知ったのです。

これ、いつからあったんだろ?! みなさん御存じなのかしら?

都の場合もそうですが、区の場合も条件があります。

まず、第一に、都の助成金の資格を得ている事があるので、年収制限は730万円未満ということですね。

東京都のホームページを見ると

助成額及び回数
回数及び通算年度には、他の道府県、指定都市及び中核市から受けた助成を含みます。

とあり、これが区の場合も含まれるのかが、よく解らなかったので、区役所に電話で聞いてました。

すると、

「都の助成金の資格を得てから申請してもらう事になりますので、都で15万円x2回支給された上に区から10万円支給されます。」

との事。

よっしゃ~{/face2_happy_s/}

じゃ私の場合は、最高で年間40万円助成されるというワケだ。

・都から15万x2回=30万
・区から10万x1回=10万

もちろん、今回の胚移植がうまくいき妊娠、出産に至れば治療は一回しかしない事になるから、25万なわけで、そっちの方が望ましいんだけどサ~{/face_ase2/}

さっき、帰宅した旦那に、今日貰った受精卵の写真を見せました。
「私たちの卵たちだよ~」と言うと、「おおー。スゴイ!」と感激した様子。

そういえば、前の病院では移植前に「今日移植する卵です」と動画(しかし動いていない)を私に見せてくれただけだったので、旦那が自分達の卵の画像を見るのは初めてなのだった。

幸い、移植予定は日曜日。
今度のクリニックは胚移植に夫が立ち会えるので、立ち会ってもらおうかと思っています。
そしたら彼も「一緒に治療している」という実感が持てるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です