生姜温灸の方法


周期17日目。36.09 風邪がなかなか良くならないので、旦那が以前処方された薬を昨日から飲んで(真似しないでね)みたところ、高温期なハズがこの体温!! 薬の効果ってすごい。

土曜日に整体に行った。全国70店舗あるらしい、「カラダファクトリー

私は小さいころから足を崩して座っていたので、骨盤が片方上がっていて足の長さが違う。だから、体の重心が片方に傾いてしまうのだ。整体師さんによれば「さらにヒネリも入っている。」重度の歪みらしい。

優秀な整体師さんのおかげで、一時的に良くなったが、一晩寝ると元通り。っていうか、前と違う腰痛が出てきてしまった。

 

昨日、久々に鍼に行ったので、腰痛の事を告げると、「じゃあ反応の出ている所に鍼しときます」と治療してくれた。(本来は不妊治療鍼なんですが、やってくれます。)
帰り道、びっくり。まったく腰痛がないんです。鍼ってすごい!!

 

…が、やはり一晩寝れば元通り。もう体の癖なので、一回やったから治るものじゃないんですね。

 

鍼では、院長先生から「すごく良くなったよ」と言われ、嬉しかった~!
久々だっので、悪くなったと言われるかと思っていた。家で地道に生姜温灸をやった甲斐がありました。

 

生姜温灸ですが、図のような場所に番号順に置いています。一センチ弱にスライスした生姜の上にモグサを円錐状に置き火をつけておきます。図では、よ く解らないと思いますが、1は、本当に毛の生えている際くらいで(個人差あるけど…)、後は、「熱いな」って思ったらちょっとずつ菱形にずらす感じです。 ★もぐさは燃やすとすごい煙が出るので、換気扇の下で煙が少なくなるまで待って下さい。★消火用のお水を用意してください。★医師の指導のもとでやってく ださいね。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です