月別アーカイブ: 2010年2月

納骨


流産から48日目 基礎体温、たしか36.22だったかな?

まだ生理は来ていません。

昨日は納骨でした。だいたいの場合49日をめどに納骨するようで、我が家では、私たちが墓を買うまでの間、仮に私の実家のお墓に納骨させてもらいました。

旦那は無宗教ですが、菩提寺が曹洞宗という事で、霊園に頼んで曹洞宗のお坊さんを呼んで読教してもらいました。
10時頃着くと、既に墓の前面の蓋が開けられて、父の骨壷が見えます。
父は180cm近くの大柄でしたので、大きな骨壷です。かたや、墓は都会の最近売り出された霊園で小さく、大人の骨壷は、もう一つくらいしか入らないように見えました。

その事を管理人さんに言うと、「この下はコンクリで固めておらず、入らなくなったら骨壷から出して土にかえすので、幾らでも入るんですよ」と教えてくれました。

一同「へーっ」と納得。

入らなくなったら…という理由でなくとも33回忌で、土に返す事が多いようです。

墓の前の祭壇に、昨日買ったお供えの品をたくさん供えて、焼香をして、墓の蓋を閉じます。管理人さんが、骨壷の中身を確認していました。

埋葬許可証を管理人さんに預け、墓の証文に「嬰児」という名前を入れてもらい、諸々の日お支払い計73000円(お坊さんへ40000円 霊園へ33000円)を支払い、無事終了です。

お供物は「持ち帰って少しでも食べてください。供養になるので。」と持ち帰りました。
(烏が来るので置いてはいけないという事です)

その後母に食事をごちそうしようと、車で、しゃれた蕎麦屋に移動し、その店では一番高級な?ランチのセットを頂きました。

それから実家にも寄り、妹や姪も交えてしばし雑談。バレンタインだったので、妹の手作りケーキを貰えました。小2の姪はハートの型入れた小さなチョコを作ったそうで、旦那にあげてました。

納骨の準備


流産から47日目。

バレンタインの今日、わが子の納骨です。
もう悲しい気持ちは癒えました。あんなに泣いたのに・・いや、泣いたから?本当に人の神経ってどうなっているのか、傷と同じで時間が経過すると癒えるもんです。

今日は10時に私の実家の墓のある霊園に行き、お坊さんに読経してもらい納骨します。
母が、霊園の人とやり取りをしてくれ、私に指示してくれました。

持ち物は、
お金:
約75000円。お坊さんに 40000(車代10000含む)、その他は、お墓をあけてもらうので、石屋さんに支払うらしいです。
お供え:
果物三種類くらい、お菓子5種類くらい
そして肝心なお骨と埋火葬許可証。服装は黒っぽいもの。

お花は、昨日母が供えてお墓も綺麗にしてくれたそうです。

ななちゃんともしばしお別れ。そう思うとちょっと寂しいです。いま、仏壇は沢山のお供え物であふれています。

イチゴ、バナナ、りんご、みかん、お菓子いっぱいです。喜んでいるかな??

流産後 少し体温に変化


流産から41日目 基礎体温が36.32
高温とは言えないけど、ここ数日35度台が続いたので、なんとなく安心。

一昨日鍼に行ってきた。「生理がまだ来ません」と告げると、骨盤の血流をよくするという鍼を打ってくれた。
両腰と臀部から臀部の下の足。そのほか、いつものお腹や下腿、背中、そして、「首がはっていて」と申告すると、肩や首筋にも打ってくれた。

お陰で、いつもなら1時間以内に収まる施術が1時間10分位かかった。

効いたのかな??

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村

仏壇?


我が家の仏壇公開。

普通の棚の一番上の段です。ななちゃんのお骨、仏像、おちょこに入っているのは水と牛乳で、お菓子や赤ちゃんの本もあります。
本は火葬の時に箱に入れるつもりで買ったのですが、厚手の紙で燃え残ると困るので入れませんでした。
写真に写っていませんが、お線香もあります。