病院への書類申請~特定不妊治療費助成事業診断等証明書


7週4日目。

鍼灸院に行きました。
前回、妊娠が解ってから、お腹への鍼灸はなくなり、足と手、そして背中のみです。先生に「胎動は聞こえたんですが成長が遅いみたいで…」というと、「胎動じゃなくて、心拍でしょ?」って言われました。そして「触った感じは普通だし、次回が3週間後ってことは大事ないと思われているんだよ」と言われ、ちょっと安心。

今日も5500円也

その後、病院に助成金申請のための証明書を請求に行きました。
これは、下記からダウンロード(もしくは病院で書式を貰える)できる書類一式の中の「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」というもので、「確実に治療して、幾ら領収しましたよ」という事を病院側に書いてもらうもの。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/shinsei/index.html
担当医が忙しいので、「2~3ヵ月かかるかも」と言われてしまった(汗)
3ヵ月もかかったら、せっかく取得した住民票と課税証明書が無駄になっちゃうよ・・

ちなみに、私は二回凍結胚移植をしているので、2枚の申請書が必要で、この「特定不妊治療費助成事業診断等証明書」も2回分もらわねばなりません。

証明書は@3,380×2=6,760円。これに簡易書留の代金340円プラスして、
本日のお支払は7,100円也。

お金が足りなくて、旦那のカードで払っちゃった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です