胚移植


胚移植は6/14(土)に行った。採卵から3日たっている。細胞分裂のレベルがいくつもあり、一番良いものを1個戻すことにした。

前回と同じく、別室でガウンに着替える。30分前に、安定剤を飲む。今回は麻酔はナシ。ということは痛くないのだろう。
採卵をしたのと同じ手術室に行く。今回は、そんなに緊張もなく、あわただしくもない。本当は尿を溜めておかないと、内部がよく見えないそうなのだが、私は、忘れていて直前にトイレに行ってしまった。
んで、食塩水か何かを尿道から入れるという恥ずかしい事に・・
まぁ、ここまでやっていると、先生に何をされても、何人いても、平気になってしたので、この時も平気であった。

私は実は1年くらい前までパニック障害で悩んでいた。決められた時間、拘束されるのがダメで、美容院や打ち合わせに行くのも一苦労。ハンパな麻酔の手術には耐えられなかっただろう。

今も絶対的な自信はないが、ヨガをやり始めてからだいぶん改善されたと思う。
ヨガ、本当にお勧めです。

さて、話は戻り胚移植。
なんか、先生方が苦労されていたようだが、うまく入れたようで
「お疲れ様でした~」と先生方が去っていく。
私は、30分間じっと寝ていなくてはいけなかったが、看護師さんが一人付き添ってくれ、二人で旅行の話や仕事の話をして盛り上がってしまった。
可愛い看護師さんでした。

30分は、あっという間に過ぎ、黄体刺激ホルモンhCGを注射して帰宅。
本日のお支払は50,000円でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です