カテゴリー別アーカイブ: ジュン君の出産と死別から仏事まで

五回忌です


ジュン君、お誕生日に続き、五回忌を迎えました。

母と一緒に、墓参りに行って来たのですが、母が、「3という数が見える」と言い出しました。

↑ 少し霊感が強いのです。

「なにかしら?お墓にいるのは二人なのにね」…と。

どきっとしました。

実は、ダンナと相談して、もう一度だけ、IVFをしようか…なんて、話していたのです。

この文章を読んでいるみなさん、驚くでしょう。呆れるでしょう。なんと諦めの悪い人間だろう、こんな歳になって、あんな辛い思いをして、ようやく断ち切ったのに…。

断ち切れてません。

結局、断ち切れたかに見えたのは、養子縁組に期待を持ったからでした。やれる事はやり、ただ、待つのみ。一生かもしれません。

そう思うと、やはり、自分の子を持つというほうが一縷の望みがあるような気がして…。

しかし、まだもやもやしています。仕事も忙しいし。

そこで、母の一言。

「お墓にいるのは二人なのにね」

それは、3人目がお墓に入る…という意味なのでしょうか?

さてさて、今日は違う事を書こうと思っていました。

妹が近々離婚するそうです。

子供三人に恵まれ、幸せに暮らしているはずでしたが、旦那さん、仕事が好きではないようで、、お金の問題だそうです。

私の母は、その家の末っ子を養子にもらってはどうか?私に似ているし、というのですが、来年小学生になる子を貰って育てるなど、、私には考えられません。第一、母が言ってるだけで、妹も本人も嫌がるでしょうし。

妹は義母と同居です。痴呆症が少しあるそうで、ダンナさんも引き取りたくないと言っているそう。…離婚して妹が引き取るなんてのもおかしいですものね。

義母さんは、やはりお金にルーズな夫を持ち、小料理屋をやりながら子供二人育て、お店を閉めたばかりです。痴呆症になると息子からも見捨てられて、「母」というのは、寂しいものだと思うのでした。

 

 

今日はいいことが起こるよ(^^)


昨年不調だったダンナの運勢。引越が良かったか、これまでの労が実ったか、この所よい事が続いてる。

が、先日、またも「お祓いに行こう」と言い出す。

そういえば、引っ越し先の氏神様が無人な事もあり、今年はお祓いをして貰っていなかった。

「でも、いいことばかりだから、ヘタに祓わなくてもいいのじゃない?」

と聞くと、そうでもないらしく、今の仕事を辞めたいのだと言う。

あちゃ、こりゃ大変

でも辞めるための準備として、新しい資格を取るため、夜間の学校に通うのだとか…。なかなかエライ。

そんな話をしていた翌日、お仏壇の我が子の写真を見ると、いつも微笑んでいるのが、なにか、みょーにウキウキしたイタズラっぽい顔に見える。

「大丈夫。今日はいい事があるから!」

と言っているように思えた。

それをダンナに伝えたいなぁ…と思ったのだけど、期待させてもいけないと、LINEで

「今日はいいことがありそう」とだけ書いた。

帰宅したダンナ、上機嫌。

どうやら旧知の仕事上の先輩と飲んでいたらしい。

「先輩が、今の仕事すごく忙しいらしく、ひっぱってやるから履歴書出してって言うんだよ」と…。

うーん、そっかそっか。

まだ面接もしてないし、この先どうなるかは解らないけど、

良い事が起こりました。サンキュー♫ ジュン君

 

ジュン君3歳 & 4回忌


ジュン君3歳の誕生日。

大変な誕生だった事を思い出します。

手術をして塞いでしまった頸管から出られなくて、頑張って横に穴を開けて出てきていた。

でも頭だけがひっかかっちゃって、先生が出してくれたね。

あー、あの時、もっと早くに先生が帝王切開に切り替えてくれていたなら、

こんな事にならなかった。

あの日の朝、鮮血があったのを、先生は、看護師さんは、どうしてサインだって解ってくれなかったの?

看護師さん、何度も私は苦痛を訴えたのに、マニュアル通りに薬を投与し続けたの?

誰も信じてくれなかった、あの病院。

もう二度と足を踏み入れたくない。

大学病院は信じない。

おめでとうと言う前に、こんな暗い気持ちになってしまった。朝からすみません。

ホールサイズは食べきれないから、小さなケーキを買いました。

img_1352

三歳だし、何が好きかなぁ〜?と考えて、初めて、辛くない子供用カレーを作りました。

大人用には後から辛さを足そうと思ったのですが、帰宅したダンナが、「このカレーうまいっ!」とガツガツ。 オトコって味覚がお子様なのよねぇ

さてと、四回忌かぁ。今回は特に法要もやらないから、仏壇のお掃除して、お昼頃お墓参り行ってきます。

4ヶ月ぶりのクリニック


4ヶ月ぶり、クリニックにいます。
大好きな安藤裕子聴いていて、あの子の保育器の中に片方イヤフォンを入れて、聴いたのを、ふと思い出しました。
のうぜんかずら、という曲は、安藤裕子のお婆ちゃんの遺品にあった日記を題材にして作った曲だそうです。お爺ちゃんとの日々が書かれていたとか。
誰かと行ったはずの街なのに、人は思い出さないと忘れてしまいます。
私も、あの子がお腹に居る間、何処に行ったのだろうか?
「のぼうの城」をTSUTAYAで借りて見た翌日、忍城行ったよね? ダンナが一時停止違反で停められ、すごく不機嫌で、でも行ってみたら、行田市は長閑で素敵な場所でした。
妊娠解ってから、私の誕生日があり、やけに気前のよいダンナが2万円のコース料理に連れていってくれた。高い割に…な店で、ガッカリだったけどさ。デザートは良かったね。
伊豆の別荘では蛍を放流している場所に行ったよね。まだ明るい時間、公衆トイレに、ゲンジボタルいてびっくり。蛍はたくさん飛んでいて、犬とダンナと私と、お腹の子がいて、
「来年は、赤ちゃんと一緒に見に来ているのかもしれない。」 と思うと、しあわせすぎて現実の事とは考えられなかったなぁ。
あとは東京湾の花火もね。ダンナと友人夫婦と姉と私とあの子。
最後に出掛けたのは、夢の島熱帯植物館だった。夜の植物園を公開していて、行ってみたかったから。風が強い夜。真っ暗な植物園を歩き、幸せでした。
平和な4ヶ月の後、入院生活。あれ?4ヶ月って、120日もあるのに、それだけ?
ああ、仕事もしたよね。Bさんの仕事はあの時だった。一緒に打ち合わせしてさ。wさんの仕事では、散々な思いもしたよね。そうか、ダンナの会社のウェブ運用もやっとったわ。
一緒に頑張ったんだね(*^_^*)

あなたが天に帰った頃は、早く帰って来てね!とお祈りしていましたが、今は、パパを守ってあげてね!に変わってきちゃってるな。

今日、久しぶりに、「帰って来て!」と思っちゃいました。もう私を忘れてしまいましたか?

虫が大好きな男の子の夢


先日、子供を産む夢をみたのですが、

今日は続きの夢を見ました。

産まれた子は男の子で、とても小さく産まれたのですが、かぐや姫のごとくどんどん成長して、体型もぽっちゃりした明るい素直な性格の子でした。

その子は虫が大好きで、ミミズとかコオロギがいると、めちゃ喜んでいました。

私は嫌いなので目を背けるというシーン。

ああ、そういえば、ジュン君が亡くなってから、虫が私達の前に現れるようになりました。きっとジュン君、虫が好きなんですね。

「ぽっぽ屋」という小説の中で、子供の頃に亡くなった娘が徐々に成長した姿を父親に見せに来るというのがありましたが、

私の夢の中の子は、これから授かる子ではなく、ジュン君なのかもしれないなぁ…。

幸せな夢でした。

クリスマスだけどカイロプラクティック


Merry Christmas!

皆様素敵な夜を過ごされましたか?

私は、イブの日はカイロ、夜は家でローストポークとビーフシチューで質素にお祝いしました。

カイロプラクティックは、以前行っていた銀座のお店ではなく地元のお店に行きました。

このまえの採卵直前、左の卵巣が見えるようにと通院し、ちゃんと見えて採卵してもらえたし、移植までにもっと身体を調整してもらいたいと思っています。

ここの良いところ、2つあります。

1つは、安さ。

銀座は場所がら高くて7000円/約1時間でしたが、こちらは5400円/約1時間です。そうは言っても週一で通えば月2万円で、なかなかの出費なのですが…。

もう1つ、

実は施術の人がイケメン なのです!

カイロって、かなり密着するので、、うぷぷ…ひそかに喜んでいるワタクシです。(ほーんと、最近おばちゃん発想になってきた)

 

この日、施術中、イケメンの彼が

「今、お子さんはお留守番してるんですか?」

と聞いて来ました。

何故そんな事を聞くかというと、問診票に「出産経験がありますか? ○○年 ○○月」という記入欄があったので、

ちょっと悩みましたが、施術する上で必要な情報なのかと思い、2年前の出産の記録を書きました。

「お子さんがいますか?」ならば「いません」なんだけど、出産経験があるのは事実です。

さて、

そんな質問があったので、「いいえ」と答えると、更に、「預けてるんですか?」と詰めかけます。

この医院は「お子様も一緒にどうぞ!」と看板に掲げているので、おそらく、それを薦めてくれるつもりだったのでしょう。

仕方がないので、

「うち、死んじゃったんで…」

と答えました。

びっくりするかな?と思いきや、普通にもみもみしながら、「二年前に産まれてですか?」と突っ込んできます。

「はい。早産だったので…」

と返答。

そうですか…。と、それでその会話は終わり、その後他のお話をしました。

以前の私は子供が亡くなったという話を出来なかったし、話せば泣いてしまったのに、最近は、冷静に語れるようになりました。

心の傷が癒えてきたのだと思います。

3回忌法要


愛しいジュン君が亡くなって二年。秋晴れの日。

三回忌の法要をしました。

こんな小さな子供に対し、ここまでやる親は少ないのかもしれませんが、私達には唯一、顔を見せてくれた大切な息子。

本当は誕生日パーティー、クリスマス、とたくさんお祝いをしてあげたかったから、その替わりです。

向こうの両親とお兄さん、私の母と姉妹、甥と姪、総勢15名での法要。

すっかり顔なじみになったお寺の事務員さんが、

「お子様二人、一緒にやりますか?」と言ってくれたので、

今回はナナちゃんも三回忌という事でやっていただいたのです。

素敵ですよね!? 二人分だけど、御布施は昨年同様に10万円しか包んでいません。

卒塔婆は二人分にしたので2本8000円。

その他、お返しのお菓子7600円、お花3700円、お坊さんのお膳代で5000円、お食事90000円(クーポンで一人分割引)。

合計214300円。皆様からの御布施が155000円。持ち出し59300円でした。

 

住職が、

「三回忌とは大日如来様のもとから阿弥陀如来様がいらっしゃり、お亡くなりなった魂と出会う時です。」とお話をしていました。

意味がよく解らなかったのでググると下のサイトに書いてあった。

百ケ日から五十回忌まで

http://www5b.biglobe.ne.jp/~jurinji/hyakkanichi%20kara.html

 

そうですか…、ようやく我が子は西方浄土に行けたのですね。

みんなに見送られて本当に幸せな子だね。

写真と同じようにニコニコしているかな?

7回忌は私達夫婦だけでもいいかな…?と思っています。