カテゴリー別アーカイブ: 第7回 IVF (培養中止)

追加で請求書が届くんですね。


卵が胚盤胞にならずに終わった今回の採卵ですが、数日後、請求書が郵送されてきました。

42000円の追加請求。

IVF当日に12万くらいしか請求されなかったので、特殊技術料(胚盤胞培養)の請求と、受精卵1個の報酬です。

胚盤胞培養は本来63000円ですが、ならなかったので半額の31500円でした。25日までに振り込むか会計にて支払いとのこと。私は次回も治療をしようとしているので、持参することにします。

■本日のお会計…42,000円
■今周期合計……202,240円

胚盤胞にならず…移植ナシです


結果から書いちゃうと、
今回、残念ながら受精卵の成長が止まってしまい、胚盤胞にならなかったので移植もありませんでした。

IVFから5日経過し、BT予定の朝、卵が胚盤胞に成長したかどうかを電話で確認すると、

「成長が遅く、まだ胚盤胞になっていない。引き続き培養し、6日目か7日目にそうなれば凍結という事にしますが、良いですか?」

という。
なんだか、一挙に望み薄…な気がして、ちょっと落ち込む。

で、翌々日の7日目に、どうなったかを確認すると、

「7分割で成長を止めてしまって、胚盤胞にならなかった」との事。

がーん。。だめだろうなぁ…と思ってたけど、やはり、でした。

でも、7分割という事は5日後の時点で、それ以下だったんだよね…(^^;) 通常3日で8分割になるのだから、
いくらなんでも成長遅すぎます。その事、教えてくれていれば、、いや、それでも「止めてくれ」とは言わなかったろう。

しかし、育たなくなったなぁ~。4年前に治療を始めたころは、結構いい卵になったのに… これが加齢なのね。

んーー、でも、きっと、いい卵が採れる日がくる…と思う。

もっかい最初からだけど、やってみるか

採卵備忘録


DAY16 採卵。

早朝から病院に着くと数組のカップルの姿。
きっとこの方たちも同じ気持ちで今日ここに来ているのだと思うといとおしい気がする。数組は待望のベビーを迎え、数組は私もよく味わっている落胆を味わうことに…。天か地か、えんま様の判定を待つために並んでいるような…

採卵の準備と手順は、これまでと結構違うところがあったので、細かくレポートします。

まず、DAY14の夜中24と25時にスプレキュアを両鼻に1回ずつ噴射。
翌DAY15の18時と24時に座薬を投入。

これまでの3病院では前日夜所定の時間より飲食禁止となりましたが、これが全くOK
しかも、朝食まで軽めにとってよいとのことです。

ただ、私はここ数日すごい下痢に悩まされていたので… 食べ物、食べるとやばいから朝は抜きました。

そうそう、下痢ですが、DAY14に来院し、病院を出た直後から気分が悪くなり、帰宅して寝込み、熱を測ると38.1℃。
これ、クリニックで感染したのかもしれません。。ちょっと不安。

熱は翌日には下がりましたが下痢が4日間続き、、おかげさまで正月太りにならずにすみました!

当日の話に戻ります。

受付を済ませると、看護師に呼ばれ、当日の流れを説明されました。

その後、ベッドのある個室で紙のガウンに着替えショーツはぬいでケープで紙をおおいます。ブラと肌着OKでした。

トイレをすませ、施術室前のソファにて順番を待ちます。行くとすでに一人、待っていました。
この待合と個室は暖房が効いていないのか寒かったです。

私の順番になり施術室へ、、

暗い室内には、医師のほか、5名くらい看護師がいたかな?? 「結構人数がいる」という印象です。

寝台に横たわり、足を台にのせると紙の靴下をはかされます。ちなみに、前の病院では施術が椅子でした。その方が痛みが少ないかもしれません。

クリニックの案内に「モニターで確認できる」と書いてあったような気もしますが、実際は看護師が私の横に立ち、胸の上で組んだ手を押さえていて見えませんでした。

ま、私としては、見えなくてもよかったし、看護師が手を押さえてくれて安心感が持てました。

予定通り左側の卵胞から卵子を1つ採取。右側にも「当日大きくなっていれば採れるかも」というのがありましたが、やはり小さいようで1つのみです。

無麻酔ですので、何回か痛い時がありましたが、針を刺す時より前後の消毒やガーゼを詰めるほうが痛いです。

施術後20分程度個室で横になります。看護師に呼ばれ、トイレでガーゼを出し出血の具合をチェック。
出血はほとんどありませんでしたが、ガーゼがすごく長くて奥まで入っていて、「これでもかっ」というくらいズルズルと出てくるから、
「もしや内臓まで引っ張り出しちゃってるんじゃあ」と不安になりました。

その後服に着替え待合へ。

そうそう、男性側の採精ですが、採卵で卵が採れた事が確認されてから始まるのです。
これ、いいですよね?! 以前採卵中止になった時があり、その時、旦那は採精しちゃっていたので、空振りだったんです。

女性のほうがもちろん大変なIVFですが、旦那さんも普段と違う環境で、一人で「しました!」ってわかるのだから、相当吹っ切らないと出来ないと思います。私なら、、やはり恥ずかしい。でも数回やったらなれるかな?

待合に行くとすでに旦那は採精終わって待ってました。結構待たされて、

内診→培養士の話→医師の問診→看護師の話→お会計 4時間半くらいかかったので疲れました。

今回は胚盤胞まで育てる予定です。育つといいなぁ。毎日、分割する卵を想像しています。

■本日のお会計…125,680円
■今周期合計……160,240円

Day14 採卵決定


Day14

昨日に引き続き朝イチ病院へ。

ホルモン値採血、内診、問診、看護師とのお話

内診は、一番大きいのが18ミリになっていたので、翌々日Day16での採卵が決定した。
スプレキュアと座薬を処方される。

スプレキュアはその日の夜中に2回、座薬は翌日2回投与。

スプレキュアは排卵誘発として使用し、座薬は排卵を少し遅らせる用途があるそうだ。

全く誘発をしないというのは初めてのこと。これが、吉と出てくれるといいなぁ。

■本日のお会計…12900円

 

Day13 


Day13

朝一番に病院についたつもりが、結構混み合っている。

この日は採卵周期の13日目。
前回10日目で10ミリほどだった卵胞は16ミリに、
124だったE2は174に育っていた。

まだ小さいね…。
「明後日の午後か、3日後の午前かと思う。」
と先生。

■本日のお会計…7570
■今周期の合計…21660

 

 

Day10 病院ツアー


昨日は病院ツアー

周期10日目の診察に行き、整体でマッサージをしてもらい、歯医者に行き、鍼灸院に行ったのです。一日かかりました。
半分は癒し系なのに、どっと疲れてしまいました。

診察は、ホルモン値採血と内診、医師とのお話、ナースとのお話。

ホルモン値は
E2 124
LH 7.1
P4 0.3
FSH 6.5

で、まだまだ排卵しない数値だそう。

内診では、3つくらいの卵胞が育っているが、どれも10mm前後と小さい。
この中から1つが大きくなるのだそう。がんばれよ。

■本日のお会計…7570円
■今周期の合計…14090-

この後、歯医者まで時間があったので、月に2回ペースで通っている整体へ行く。
ここは基本的に保険適用で施術してくれるので、一回540円で済んじゃう。ま、3000円のマッサージよりは軽く済まされるけど、十分気持ちいい。

最近、新しい仕事をしているせいか、腰痛がひどい。私の姉もひどい腰痛持ちであるが、やはり骨格が似ているので、同じ場所に負担がかかるのかも。単純に年齢か!?

いったん家に戻り一時間後、歯医者へ。

私は極度の歯医者恐怖症なんで、歯医者さんに、「できるだけ話しかけてください」とか、無理難題をつけている。

歯医者さんも慣れたもので、本当にいろいろと話もしてくれて、丁寧に治療してくれる。感謝感激なのだ。

その歯医者は個室なんだけど、私の通されるお部屋はいつも窓際。外には銀座の夜景や青空が見えて、
なかなかリラックス出来るお部屋なのも、もしかしたら歯医者さんのお気遣いなのかもしれない。

まー、とにかく、おすすめ! です。もちろん腕もいいです。銀座だけど保険適用で普通の価格です。
知りたい方はメールください。
1600円

その後鍼灸院へ。

最近、鍼灸院ではリラックスして寝てしまう事が多い。
以前は退屈で足を10cmあげて腹筋を鍛えていたかと思うので、、なにかしら変化があったのだろう。

腰を重点的に、もちろんいつもの通りの不妊治療針。
5500円

Day3 採卵周期のスタート


周期3日目

新しい病院で、改めて採卵周期のスタートだ。

午前中に行くと、さすがに真新しい病院にも患者さんがいた。でも10人に満たないかな?

まず、採血でホルモン値をみる。今回は、前回まで貰ったシール形式の結果は貰えず、医師の診察の際プリントアウトのものを貰った。

E2 82
LH 6.0
FSH 10.1

今回はP4という値は入っていない。
FSHは前回の8.6より高めだけど、医師は「問題ない」との事で、GOとなった。

内診の時は、ここの先生、本当に何も話さないので、いいのか悪いのか解らないかったが、マーカーでピッピッと黒い空白に印をつけていたのが3個はあったので、今回は少なくとも3個姿が見えているようだった。
薬を使わないので、この中のどれかが大きくなるんだろう。

「薬を使わず採卵 → 卵管に問題があるので胚盤胞まで育てて → 内膜の調子がよければ新鮮胚を移植。悪ければ凍結」

という流れになるそうだ。

ねらい通り、休みに入っているときの採卵です。
仕事がないので気楽なんだけど、唯一、旦那の実家への新年挨拶の日取りがまだ立てられず、ちょっと気が重い。

採血、内診、診察、会計と所要時間は2時間ほど。次回は一週間後の10日目に卵胞の育ち具合を見る予定です。

■本日のお会計
6520円