カテゴリー別アーカイブ: 第6回 IVF (培養中止)

なんと…授精ならず。


表題どおり、たった1個の卵は受精していませんでした。

三連休で色々とやる事があり、すっかり授精確認電話を忘れていた私は、
先生にまんまるの(分割してない)綺麗な卵の写真を出され、

「あーー。」 と、一瞬で状況を把握しました。

優しいK先生は、「あなたの年齢なら、こんな事はよくあるので、全然気にする必要ないですよ。」と言い、次の話を打合せしてきました。

いちお、一回見送って、次回の生理はじまったら、なるべく2日目に行き、卵胞がたくさん出てきそうなら誘発する。という作戦です。

ダンナもかなりガックリしてました。胚移植分は減額されるとはいえ、あの一回で20万とられるんですからね…。
稼ぐのは大変なのに、あっという間になくなります。

私としては、どうせ躓くのなら、早い方が気が楽ですけど、、やはり、「もったいなかった」と思ってしまう。

そうそう、今日、ようやく前回の助成金の申請を郵送しました。
手元にお金が入るのは2カ月後くらいかな? 宝くじ当たらないかな~?

採卵 すっきり


心配していた大きすぎるたった1個の卵胞は、なんとか持ちこたえてくれていて、
採卵する事が出来ました。

K先生による採卵は始めてで、「息を吸って吐いて、音が聞こえるようにしてください。」と言われたのが印象的。

採卵スタイルも先生によって、いろいろですね。

その後の診察で、ダンナも一緒にいたのですが、「精子は200点満点」と言われて、ダンナ苦笑い
男性にとっては、嬉しい事…なのかな? でも、誰にも自慢出来ないのよね~。

私は、凍結したいという要望を言ってるんだけど、どうするかは卵の分割を見て決めるとのこと。

あわわ、じゃ、すぐに移植の可能性あり!? 予期してなかったので焦ります。

待合で見ていた女性週刊誌の占いには「予定が狂う事がある」と書いてありました。

確かに、採卵も予定より早かった。移植も…?

■本日のお会計
IVF/ET(ETも込みでした)…241500円
この病院は、回数を重ねると減額されます。私は3回目なので10万円も減額。嬉しいやら…

■今回累計…308290円

選べないよ~


なんだかな~。

10日目だというのに、卵胞の成長が早く、23mm。それも、たった1つ。

こんな時、どうしたらいいのでしょう?!

私の中で、

中止する…7 続行する…3

の割合で、中止に気持ちが傾いていた。

でも、前回も結局2つしか採れず、移植に至ったのが1つ。どんどん採れなくなっているのが現実…と思うと、採れる時に採ってしまいたい気もする。

「わーん。誰か決めて~~!」という感じです。

で、こんな相談をするべき人である、ダンナに電話をして聞いてみると、「やろうよ」と一言。

ちょっと意外でしたが、彼も当事者なのですし、彼の意見で動いてみるのも良いだろうと決断しました。

その後、K先生とお話をすると、K先生は、「今回は1つだけど、あなたの場合、以前、こんなふうにたくさん見えていた事もあるので、勿体ない気がする。」との事。…うっ、またちょっと揺らぐ

でも、私が「ダンナと話をして、やろうって事になったので」と言うと、「あっ、もう話をしたのですね。じゃあそのスケジュールをたてましょう」と、サクサクとやる方向に持っていかれました。

そうそう。今回、初めて認識したのですが…
その月に排卵する卵胞は、生理中に内診すると見えていて、今回のように1個の時は、最初から1個しかなんだそうです。誘発したって、これは一緒。
ですから、一個ならば誘発しなくても良かった………って、
じゃあ、どうして最初の時に内診しないの~~!??

と、疑問をぶつけると、

「先生によって、いろんな考え方があるからね。きっと年齢の事もあるから、多くは採れないという前提で内診しなかったんでしょう。僕は、あなたみたいなタイプなら必ずするけど、どれが正しいというのが解らないからね。」とフォロー。

とにかく、採卵決定です。大きくなりすぎた卵、排卵しませんよう…

■本日のお支払
注射4回分・診察…47280円

■今回累計…66790円

治療再開。採卵周期


今年に入ってから、出向で行っていたお仕事が終わりました。

治療と自分のこれまでの仕事も入ってくると大変忙しく

AM 病院や治療院 → PM 出向 → 帰宅後 自営の仕事と家事。 土日 自営の仕事と家事と病院

という、心休まらぬ日が続いていました。
そもそも、出向の仕事を入れたのは、安定収入があれば、精神的にも経済的にも落ち着くし、生活のリズムも取り戻せて、妊娠しやすいのでは? という考えがあったのに、結局は、真逆の方向に向いてしまった。私は、ナゼいつもこうなんだ…。

出向の仕事が終わり、今日は晴れ晴れした気分でいます。

治療再開の話でした。

生理2日目 病院で血液を検査し、FSHは10.6でGOサインが出ました。

診察は院長です。院長、人気ないのかな?指名しないと彼に当たります。

たぶん、、押しが強く「経験上、こうだから、おすすめはしません!」と断言されてしまう事が多く、こちらも反論しにくいから「決断させられた」感が残るのが原因だと思うな。
同じ結果になろうとも、K先生のように親身になってくれれば、満足感があるのに、

次はK先生の診察日だから、指名しなくては…。

ところで、今回、私は誘発を強くして(注射を毎日)、たくさん卵を採りたいと思っていました。
が、院長は、前回同様「誘発すると卵の質が落ちるから、おすすめしない。誘発しないで1個狙いでもいいくらいなんです」といいます。

「誘発しないなんてあるんですか?」と私。

だって、IVFというのは、誘発して卵を増やして多く採るものだと思っていて、誘発しないなんて選択肢があるとは思わなかったのです。
確かに、私は排卵は出来てるので、質を問うならば、そのほうがいいんだろうな。身体に負担がないし、卵子の無駄遣い?もない…。
でも、そうすると、IVFの日が定まらず、ダンナも仕事を調整しにくい。。 更に費用の事もある。

うーーん、と悩んだ結果、これまで同様3~4回の誘発(フォリルモン)という選択をしました。
漢方の力がうまく働くといいなぁ。。

飲んでいる薬は、これまで同様セロフェン1日1錠夕食後x5日間。

■本日のお支払
診療、血液検査(ホルモン、感染症)…18950円
薬…560円