カテゴリー別アーカイブ: 第2回 BT (陰性)

細菌検査


10/11 細菌検査の結果を聞きに行った。

普通にいる雑菌以外、性病、クラミジア等の菌はいない
とのこと。

安心したけど、先生としては打つ手がない。

この日は、私たちの後に患者さんがいないのか、先生とゆっくり話すことができた。
冷え症が原因ではないか? と訊ねると、
「冷えは卵を育てるのに障害になるけど、着床には関係ない」と言う。
私の場合は、着床しないわけだから、関係なかったということか・・

また一回の採卵で妊娠する確率は35~40%まで来ているとか、
受精卵を培養した場合、半分程度の受精卵が死んでしまうとか、
そんな話も聞いた。

ともかく、11月の周期にあわせて同じ方法(short)でやってみようという話になった。

もう一度頑張る。

判定日


判定日で、病院へ。
今日は旦那も一緒です。

先生に、「駄目でした」と告げると、「結構、いいのを戻したんだけどねえ」と、言われました。
どうやら、先生も「いける」と、思っていたみたい。
「ま、100%ってことはないから」
といい、次回、もう一度、クラミジアと細菌検査をしてみることになりました。

クラミジアは以前、薬を飲んだはずなのに、もし、治ってないなら、その後旦那との間に関係はあるので、移しあってるということ!?

「子宮外妊娠をやる人は、着床しにくいケースもあるみたいに思うのだけど、細菌が関係している気がするから」
とのこと。

転院を考えているが、ひとまず、この検査をしてみて、考えます。

胚移植14日目


生理周期は33日目。恐れていたことが起こった。
基礎体温、このところ36.5以上だったのに、36.43。便秘から一転、下痢気味・・。

前回胚移植の際も、33日目に体温が下がり、翌日から生理だった。
なんか、とても似ている・・。
ドキドキしてしまい、昨日も、ろくに眠れていない。
前日も眠れず、昨日はとても眠かった。
仕事が暇なので、実家に行き、帰りに母が送ってくれたから食事をし、帰宅。
そのまま2時間ほど寝たが、起きてしまう。その後、確か、4時くらいまでTVを見ながら、うつらうつらと起きていて、6時には起床した。

今回もダメなら、もう凍結胚は無いので、一から出直しか・・
辛いなぁ。

胚移植13日目


凍結胚移植から13日目。 生理周期32日目。 基礎体温36.63

体調変化
数日前から、風邪っぽく、鼻水が出る。微熱っぽい。おりものが増える。便秘。
と、ここまで書くと、また妊娠している気がしてしまうが・・・

昨夜は知人の結婚式二次会に参加した興奮もあり、なかなか寝付けず、3時頃までネットを見たり、漫画をみたりして過ごし、今日もそんななのか・・と思うと、いてもたってもいられず、チェックしてしまいました!!

使ったのはDo! Test 生理予定日一週間後から使用できるものです。
結果は、陰性。ひいき目に見て、うっすら、と陽性がかっている?? くらい。

まぁ、ここで陽性でも、
5日前に打ったhCGが残っているのでは? と疑えるので、
どっちに転んでもスッキリはしない結果でした。

掃除でもして気を紛らわします。

胚移植12日目


基礎体温は、36.63 生理周期は31日目。

昨日で、デュファストン投与は終わり。
おりものが増えた気がする。
前回は、34日目で生理が来てしまった。今回は、一度も妊娠チェックをしていないが、34日目に体温が高温なら、やってみようと思う。

胚移植10日目


基礎体温 36.53 一昨日のhCG注射以来、熱っぽい感じがある。
食後に検温すると37.2くらいあるので、平熱の低い私にとっては、立派な「お熱」。

hCGはどうかわからないが、毎日飲んでいるデュファストンは黄体ホルモンで、これには熱を上げる作用があるらしい。基礎体温に高温期があるのは、そもそも排卵後に黄体ホルモンが大量に発生するからだということ。(基礎体温表に書いてあった。)
そうなると、黄体ホルモンを飲んでいる私の基礎体温が高温なのは当たり前の事か。。この薬は明日まで飲むのだけど、やめたら下がるのかしら?

そうそう、昨日新しい仕事の企画が持ち上がった。
私をはじめ、「Around40」と呼ばれる世代が、今、話題になっている。
40前後で、初めての出産を迎える女性も多い。仕事にがんばる人、家庭と子供が中心の人、恋愛、などなど。。それぞれの価値観や立場で、いろんな意見があるだろうし、正解っていうのが無い。
そんな個々の「想い」を語り合い、webに公開していこうというもの。

Sex and the Cityや グータンのような、オンナ座談会 を目指して。いざ、スタート!