青ヶ島のおじいさん


小林麻央ちゃんの死。

正直いうと、彼女のように順風満帆に妊娠出産していくタレントさんを見たく無い時期がありましたが、

乳がんと闘う強い姿勢を見続け、人間として、本当に、私などより崇高な、魂を持った人だと思い、いつしか、私自身が彼女の母になったように愛情を感じていました。

病は違えどあの時の息子に重ねたり、、出口のない不妊治療とも重ねました。

不妊治療は、「死なないじゃない?」と、人は思うでしょうが、、、ここでそれを言い出すと脱線するのでやめときます

ともかくショックです。でもきっと彼女の魂は、神様の一番近くに行くのだと思います。たくさんの人に愛され、励ましたのですから。

えと、青ヶ島のおじいさんの話題です。

昨夜、世界不思議発見を観ました。

八丈島の更に遠く、「青ヶ島」の話題でした。私は島が好きなのですが、伊豆諸島のこの島を知ったのは以外と最近、伊豆諸島のフェスに行った時です。確か青ヶ島の塩を買いました。

番組によると、ここの島民は、自分で狩猟した食料や農産物を、自分だけのものとせず、みんなに分け与えるらしいのです。

たとえば、それが、農作物を育てるおじさんの話です。

おじさんは、自分の育てた野菜を地元のスーパーのワゴンに置きます。

なんと、それが全て無料です!!

野菜をもらいに来たお婆さんに「代わりに何かあげるんですか?」と聞くと、「あればね〜。でも、そういや、何あげたっけ〜?」ととぼけてます。
「ハートだよ」と、お爺さん。

ハートを貰っている、それが一番だよ。と言うのです。

「お金なんかいらない。うちの子供が二人東京にいるが、誰かの世話になっているかもしれないんだから」と。。

素晴らしいなぁ…と、身に染みました。

こんな、人に与えるのを苦と思わない人に私もなりたいし、そんな人達だらけの島で生活したい…と。私も、まおちゃんと青ヶ島の人に学びました。

さ、今日も頑張るぞ〜!!

Follow me!