夫婦別姓 私的に思う事


yahoo ニュースより抜粋

夫婦別姓を認めない民法の規定について、最高裁大法廷は12月16日、「夫婦同姓の制度は我が国の社会に定着してきたもので、家族の呼称として意義があり、その呼称を一つにするのは合理性がある」などとして、憲法に違反しないという判断を初めて示した。15人の裁判官のうち10人が「合憲」としたが、その一方で、女性裁判官3人を含む5人が「違憲」という意見を表明した。

episode 1

夫婦別姓を唱える人の存在を知ったのは、今から15年くらい前、ある同僚の結婚式だった。
結婚式といっても、それは、互いの友人と会社の仲間を集めた二次会のようなもので、わきあいあいとした飲み会だった。

そこで新郎が、「僕たちは共に一人っ子ですので、籍は入れずに夫婦別姓が取り入れられる日を待ちます。」
と言ったのだ。今でこそ、事実婚という言葉が聞かれるようになったが、ずいぶん先取りの考え方であったと思う。

新郎の話では、「夫婦別姓は、もうすぐ認められるので」
とのことである。

最終的に、籍を入れたか入れないかは知らないが、結局二人は別れてしまった。新郎は心の病で働けなくなり故郷に帰ったと聞いている。

episode 2

また、ある友人は三人姉妹の長女で、妹達は先に嫁に行き、親からは婿をと命ぜられ、里帰りするとお見合い話がたっぷり待っていると言った。
彼女には彼がいたが、結局その問題で一緒になれなかった。最近、ようやく7年付き合った人との結婚が決まった。長男ながら婿入りしてくれたというので彼女の両親も恐縮していたそうだ。

私はね、

結婚は、その二人が幸せならいいじゃない?

と思うのよね。

姓の事で二人が別れるなんて、とんでもないと思っているのよ。

でも、自分がお墓をダンナの親と共に建立した時に、「自分が死んだら、もう跡継ぎもなく、このお墓も無縁のほうに行くんだろうな」と思うと、結構寂しいものがありました。

だから、親がこだわる「姓」とは、結局は墓守の事なんだなぁ…と感じました。

自分の親や愛する人が眠るお墓が、自分の死後風化してしまうのが許せないのだと。

でもね、
そもそもお墓なんてのは無くなるものなの。
だってみんなのお墓が古代から存在していたら日本は墓地だらけでしょ?

それで結局は
やっぱり姓に拘るのはおかしいという派なの。

考えてみれば別姓でも不便じゃありませんよ。

お墓だって最近は2つの名字が並列だったり、「ありがとう」などのメッセージが刻まれていたりするじゃないですか?「○○家の墓」とするからいけないだけ。そもそも先祖代々の墓って日本独特のものなんですってよ。お墓と墓石のお悩み解決

役所の人は家庭の中で名字が2つある事が面倒くさいと思うかもしれませんが、名前だって違うし、これまでも結婚で一人の名字が変わってきたのだ。変わらないほうが楽な処理ではないのか?

少子化だなんだって言ってるのに、結婚の障害になっている問題をスルーするなんて、合法ではない!  禁止する理由、出来ない理由は何もないと思います。
今後みんなの意識が変わり、法律が変わって行く事を願っています。

 

アンケート

Follow me!