作成者別アーカイブ: がんばる嫁

NPOのシンポジウムに参加


NPOの面談をした後、また、待つ日々が始まった。

代表の方は我々を気に入ってくれていたが、連絡は待てど暮らせどなく…季節は巡っていった。

ある日、一通の封書が届き、ドキドキする。

内容は、熊本県で行われる養子縁組のシンポジウムのチラシと申込書だった。

熊本県というと、「こうのとりのゆりかご」(「赤ちゃんポスト」と呼ばれていた)で有名な、慈恵病院のある県であり、このシンポジウムには、院長の蓮田医師が参加されるらしい。

こうのとりのゆりかご(慈恵病院)

興味はあるが、熊本。遠い。

いや、遠いけど、行けない事はない。特に予定がなく、土日である。

熊本は震災もあったし、一泊して美味しい物たくさん食べて散財すれば、復興支援にも繋がるはずだ。

行くか…!?

「いいじゃん、行こう行こう。」

と、ダンナ即答。

この人の、こういうとこが好きだなぁ…。考えてんのか考えてないのか解らないけど、私が「こうしたい」というと、いつも賛同してくれる。

だから頑張って来れたんだ。

なんかね、最近、本当にこの人と一緒になって良かった~と思ってます。

過去、「そんなに好きじゃない」風に書いていましたが、15年以上一緒にいて、徐々に徐々に有りがたさがしみてきました。

そんな感謝の気持ちを抱いて、私達は熊本に飛びました。

NPOでの養子縁組 面談


9月に説明会に参加、その後、こちらから、プロフィールとこれまでの不妊経緯、子供の養育方針などを文章にして10月にメールで提出したが、音信の無い事2ヶ月…。

果たして、我々は「待ち」状態なのか、それとも既に何かの理由で審査に落ちてしまったのか…。

やはり私の書いた文章はネガティブすぎたのだろうか? それとも先方がお忙しくて、新規の申請に対応していられないのだろうか?

あの時、最初に私が問い合わせをした時の事務局の誠意有る対応から、何も返事がない事が信じられなかったが、改めて問い合わせをして、「あなた達は落第しました」と聞くのが辛かった。

しかし、もやもやしたまま新年(2017)を迎えるのはイヤだ。

よし、思い切って電話しよう!

「もしもし」←この事務局はおそらく個人宅の電話なのか名乗らない。

「あ、○○○の事務局でしょうか?」

「はいそうです」

「あの、10月にメールを出した○○ですが、その後二ヶ月経って、何もお返事を頂けていないのですが、今私達は、待っている状態なのでしょうか?それとも、もう…なんというか、ふるい落とされてしまったような事なのでしょうか?」

先方、ビックリしたようで…

「えっ!? いえ、そういう事はなく、ちゃんと皆様と面談をすることになっているのですが、なにぶん沢山のお申し込みがあり、皆様二ヶ月以上お待ちいただいている状況なんです。本日代表のものがいないので、また○○日にお問い合わせいただけますか?」

少し安心。

そして後日……。再度TELすると、今度は代表の方とお話出来た!

どきまぎしながら、同じ内容を尋ねると、、

「○○さんですね…。面談の連絡がなくて不安だと…、その不安は捨てて下さって大丈夫ですよ。(←この方、いちいち優しいのです) 全国からたくさんの方のお問い合わせがあって、我々も忙しくしています。えっっと、来年のカレンダー…どこだっけかなぁ?」

おお?もしかして、我々の面談の日を決めてくれるの!?

「○○月○○日ではどうですか?ご主人は大丈夫ですか?」

休日であったので全く大丈夫な日でしたから即OK。

ひゃー、決まってしまったのだ。

もし私から電話をしなければスムーズに決まらなかったのではないだろうか? やはり養子縁組は、対人間の縁。こちらからの積極的なアクションが必要なのだと痛感した。

そして、迎えた新年。面談の日。

引っ越した先の銘菓を手土産に、NPO法人の事務所に向かう。

基本、代表である旦那様が対応してくれ、途中から奥様も参加した。

その夫婦の人となりを判断するので、4時間面談する…と予め聞いていた。

詳細は書かない。というか、あまり覚えてない。我々の話、親の話、亡くなった子供の話、どちらかというと、代表ご家族(養子をたくさん迎えている)の話と、実親さんの話のほうを、とくとくと聞いたように思う。

途中、ダウン症のあの子が登場した。ダンナが抱っこさせて貰っていたが、人見知りの少ないその子は、ダンナのおぼつかない抱っこが気に入らず、抵抗してすぐに奥様のもとに返された。

養子となる子がダウン症の子の場合も大いにあるという事を示唆されているのだと思う。

ダウン症だから、養子に出す親がいるのだそうなので、率として多いのだという。

話がはずみ、4時間の予定が5時間ちかく滞在してしまい、外は真っ暗だった。

代表さんは、我々を気に入ったような言葉を掛けてくれ、意気揚々と帰宅したのだった。

この団体では、妊娠時から養親に連絡があり、その時点で家庭訪問にくるという。

次は家庭訪問か…。引越の荷物がまだ散らかっており、急いで片付けなくては、と焦ったものだが、その日は待てど暮らせど来なかった。

 

五回忌です


ジュン君、お誕生日に続き、五回忌を迎えました。

母と一緒に、墓参りに行って来たのですが、母が、「3という数が見える」と言い出しました。

↑ 少し霊感が強いのです。

「なにかしら?お墓にいるのは二人なのにね」…と。

どきっとしました。

実は、ダンナと相談して、もう一度だけ、IVFをしようか…なんて、話していたのです。

この文章を読んでいるみなさん、驚くでしょう。呆れるでしょう。なんと諦めの悪い人間だろう、こんな歳になって、あんな辛い思いをして、ようやく断ち切ったのに…。

断ち切れてません。

結局、断ち切れたかに見えたのは、養子縁組に期待を持ったからでした。やれる事はやり、ただ、待つのみ。一生かもしれません。

そう思うと、やはり、自分の子を持つというほうが一縷の望みがあるような気がして…。

しかし、まだもやもやしています。仕事も忙しいし。

そこで、母の一言。

「お墓にいるのは二人なのにね」

それは、3人目がお墓に入る…という意味なのでしょうか?

さてさて、今日は違う事を書こうと思っていました。

妹が近々離婚するそうです。

子供三人に恵まれ、幸せに暮らしているはずでしたが、旦那さん、仕事が好きではないようで、、お金の問題だそうです。

私の母は、その家の末っ子を養子にもらってはどうか?私に似ているし、というのですが、来年小学生になる子を貰って育てるなど、、私には考えられません。第一、母が言ってるだけで、妹も本人も嫌がるでしょうし。

妹は義母と同居です。痴呆症が少しあるそうで、ダンナさんも引き取りたくないと言っているそう。…離婚して妹が引き取るなんてのもおかしいですものね。

義母さんは、やはりお金にルーズな夫を持ち、小料理屋をやりながら子供二人育て、お店を閉めたばかりです。痴呆症になると息子からも見捨てられて、「母」というのは、寂しいものだと思うのでした。

 

 

今日はいいことが起こるよ(^^)


昨年不調だったダンナの運勢。引越が良かったか、これまでの労が実ったか、この所よい事が続いてる。

が、先日、またも「お祓いに行こう」と言い出す。

そういえば、引っ越し先の氏神様が無人な事もあり、今年はお祓いをして貰っていなかった。

「でも、いいことばかりだから、ヘタに祓わなくてもいいのじゃない?」

と聞くと、そうでもないらしく、今の仕事を辞めたいのだと言う。

あちゃ、こりゃ大変

でも辞めるための準備として、新しい資格を取るため、夜間の学校に通うのだとか…。なかなかエライ。

そんな話をしていた翌日、お仏壇の我が子の写真を見ると、いつも微笑んでいるのが、なにか、みょーにウキウキしたイタズラっぽい顔に見える。

「大丈夫。今日はいい事があるから!」

と言っているように思えた。

それをダンナに伝えたいなぁ…と思ったのだけど、期待させてもいけないと、LINEで

「今日はいいことがありそう」とだけ書いた。

帰宅したダンナ、上機嫌。

どうやら旧知の仕事上の先輩と飲んでいたらしい。

「先輩が、今の仕事すごく忙しいらしく、ひっぱってやるから履歴書出してって言うんだよ」と…。

うーん、そっかそっか。

まだ面接もしてないし、この先どうなるかは解らないけど、

良い事が起こりました。サンキュー♫ ジュン君

 

NPOでの養子縁組 説明会


ちょっと過去を振り返りながら、養子縁組の話を書いています。

2016年春、不妊治療にピリオドをうった私達夫婦は、45歳まで申込みOKというNPO団体に登録の申込みを行った。

登録するには、まず、説明会に参加しなくてはならなかったが、これがなかなか先まで満員で、枠が無かった。

ホームページを見ると、キャンセル待ちがある…と書かれていたので、

とりあえず、申込みのシートに必要事項や、これまでの経緯を書き、「キャンセル待ちをしたい」と書き添えてFAXをした。

すると、翌日、そちらの事務所から電話があり、現在、行われる予定の説明会は全て満席だが、直前にキャンセルが出ることがあるから、1週間くらい前に電話で確認をしてほしい。との話だった。私たちが大変苦労してきており、子供を切望している夫婦だという事を、代表にも伝えると、言って下った。(感激)

それで、そろそろ電話を掛けよう…と思っていた頃、また、向こうから電話をいただいた。

埼玉の説明会でキャンセルが出たが、来られるかどうか?という事で、もちろん、その日のスケジュールは空けてあったので、即OKした。

説明会は、NPO団体の近くの市民会館の一室で行われ、100名近い人が、全国から訪れていた。渋滞で遅れてしまった我々は、結構前の席になり、代表と、その奥様、そして実際に養子縁組をされたご家族の話を聞いた。

代表のご夫婦は、やはり不妊で実子がなく、養子を何名も育てられているご夫婦。ほんわか優しいけれど、正義感の強い、明確な信念を持ったご夫婦である。

自分達の不妊の話、養子縁組の話、子育ての話、この活動の話を、熱意を持って話してくださった。

私もダンナも、すっかりお二人の人間性に心頭してしまい、「ああ、ここで、縁があり、子供と出会えたら、なんと幸せだろう」と思った。

養子を迎えられたご夫婦は3組か4組だったか。皆さん、口を揃えて、「実子と何も変わらず、可愛い。幸せだ。」と語った。

中に、お一人で来られた養親さん。この方は二人目のお子様を養子で迎えているが、その子はダウン症であった。

それでも「上の子よりも、とても育てやすく、可愛い」との事。

ただ、他のご夫婦同士のように、仲良く子供の事をお話する姿はなかったようで、私は寂しさを感じた。

会場には、スタッフのお子様など、数名の赤ちゃんがいて、その中にはまだ養親さんが決まらない、ダウン症の子がいた。

代表さんは、「ぜひ、この子と会っていってください。ダウン症の子は、とても可愛いです。」と言っていた。この子は、養親さんが決まらなければ、代表さんご夫婦が引き取るという事だが、彼らの年齢を考えると、それは厳しいのだと思う。

説明会に集まった方々は、みんな、子供を望んでいるのだが、実際、ダウン症の子供を引き取る覚悟はないのだった。

事実、終了後、みんなを見送るその子の周囲には、全く人だかりはなくて…、でも、私が近づき微笑みかけると、満面の笑みを向けるその子を、私も又、養子に迎える覚悟はないのだった。

あー、なんて話だろう?

結局、私達は、子供に家を継いでもらいたいと考え、親兄弟から、世間からどう見られるかを考えている。未熟な自分に腹が立つ。

そんな、自分を再認識した説明会だった。

続・恨まれてます


恨まれている話の後日談。

もう、悩むのもイヤだし、その方々の事をイヤだと思う自分もイヤで、直接対決するのもイヤで、その仕事、辞めようと思っていました。

それで、そこの専務さんに、契約を更新しない旨をメールしたのですが、たまたま酒宴で一緒になった違う責任者Kさんから、その件で話がしたいと次の店に誘われて、「もし、人間関係の事ならば留まって欲しい」と言われました。

Kさんの話によると、問題の二人のうち一人 T1さんが、来月、お辞めになるそうなんです。。(KさんにはT1さんが苦手だという話を以前していました。)

契約社員のT1さんはある退職した役員に、口約束で数年後に正社員になれるかもと言われてきたのですが、いつまで待っても正社員になれず、転職を決めたからだというので、その方の場合は人間関係というのではないので、私には好都合なのですが、本当にそんな調子がいい話があるのでしょうか??と、まだ疑っています。

しかし、最近、直接嫌な態度を取ってくるもう一人T2さんは残ります。

そして、そのT2さんの話をすると、とんでもない話をKさんがしてきました。

T2さんの話によれば、以前、コピー機を新しくし、業者さんが説明に訪れた際、コピー機が優秀なので、「これじゃT1さんの仕事がなくなりますね」と私が言った、というのです。

その時、誰がその場にいたか、私は覚えていませんが、T1さんが不在で、T2さんがいたらしいのです。で、私の問題発言?をT2さんがT1さんに話し、T1さんはすぐに上長に伝えたといういきさつです。

もちろん、これ、全くの虚偽です。 なぜなら、T1さんの仕事は多岐に渡っており、コピー機が優秀だからといって、何も減らないですし、むしろ操作の違う他社のコピー機になると仕事が増える可能性大ですから。

そして、私は自分の発言を覚えて居ます。

私は印刷屋に勤めていた経験があり、今でも印刷会社の友人がいます。新しいコピー機は製本が得意でくるみ製本までやってのけるという事でした。近年コピー機が優秀になり、ホチキスで綴じられるのは知っていましたが、くるみ製本まで出来てしまうとなると、、、印刷屋さんにとっては、印刷物を内製され、ますます仕事が減ってしまうだろうと、本当に憂いていましたので、「これじゃ印刷屋さんの仕事はなくなっちゃいますね」とコピー機の営業さんに言ったのです。

T1さんの名前と印刷屋という名称は似ていません。聞き間違えないと思いますが…。

もしも、もしも、T2さんが、私を陥れようとし、なんでもすぐ上司に訴えるT1さんにそれを伝え、案の定、その通りになったら???

でも私の立場は変わってはいませんが、疑いはもたれていたようです。「言ってないの!?」とびっくりされましたので…。そういう人間に見られていたというのは甚だ心外で、やはり辞めてから名誉毀損で訴えてみようか…という気にもさせられます。

しかし、それはいつの事だったのでしょう? 私が気づく、ずっと前からされていたのですね。ぞっとします。

最近、同僚の飲み物に睡眠導入剤を混ぜる犯罪などもあり、そこで配られたお土産などの食べ物に注意したり、置いてあるコップを洗ってから使用したりしています。(毒物が塗られていたらイヤなので)

信じたくないですが、悪意のある人間というのは、存在します。

皆様の前に、こんな人が現れませぬようお祈りします。

青ヶ島のおじいさん


小林麻央ちゃんの死。

正直いうと、彼女のように順風満帆に妊娠出産していくタレントさんを見たく無い時期がありましたが、

乳がんと闘う強い姿勢を見続け、人間として、本当に、私などより崇高な、魂を持った人だと思い、いつしか、私自身が彼女の母になったように愛情を感じていました。

病は違えどあの時の息子に重ねたり、、出口のない不妊治療とも重ねました。

不妊治療は、「死なないじゃない?」と、人は思うでしょうが、、、ここでそれを言い出すと脱線するのでやめときます

ともかくショックです。でもきっと彼女の魂は、神様の一番近くに行くのだと思います。たくさんの人に愛され、励ましたのですから。

えと、青ヶ島のおじいさんの話題です。

昨夜、世界不思議発見を観ました。

八丈島の更に遠く、「青ヶ島」の話題でした。私は島が好きなのですが、伊豆諸島のこの島を知ったのは以外と最近、伊豆諸島のフェスに行った時です。確か青ヶ島の塩を買いました。

番組によると、ここの島民は、自分で狩猟した食料や農産物を、自分だけのものとせず、みんなに分け与えるらしいのです。

たとえば、それが、農作物を育てるおじさんの話です。

おじさんは、自分の育てた野菜を地元のスーパーのワゴンに置きます。

なんと、それが全て無料です!!

野菜をもらいに来たお婆さんに「代わりに何かあげるんですか?」と聞くと、「あればね〜。でも、そういや、何あげたっけ〜?」ととぼけてます。
「ハートだよ」と、お爺さん。

ハートを貰っている、それが一番だよ。と言うのです。

「お金なんかいらない。うちの子供が二人東京にいるが、誰かの世話になっているかもしれないんだから」と。。

素晴らしいなぁ…と、身に染みました。

こんな、人に与えるのを苦と思わない人に私もなりたいし、そんな人達だらけの島で生活したい…と。私も、まおちゃんと青ヶ島の人に学びました。

さ、今日も頑張るぞ〜!!